■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「育てる、育つ。-悩める親子」講演を聴く
 講演会があっていい話しを聞いてきた。

 そういえば新聞にも出ていたし、周りで話を聞くにつけ、最近の親も子供も変わってきたというのはホントだなあ。そういうとアンタも齢をとったんだネと言われれてしまうが事実、齢を取ったんだから仕方あるまい。ワシも経験あるが、「予定があるんだから早く返してください」とか「自分の子供は頑張っているんだから試合に出してください」とかいってくる親がいるんだな、これが。

 今の世の中、「ああ言えばこう言う」という世界だね。昔から「盗っ人にも三分の理」とか言うが、「ああ言えばこう言う」理屈がそれぞれの立場でいうと正しいから困る。マア民主主義の時代だからねえ。だから悩んでしまうのは「親子」ばかりじゃあるまい。こういう時代に考え方の基本になるもんは無いんだろうか? ねえ。


 子供達に「ああ言えばこう言う」という屁理屈を教えるのもひとつの方法だが、例えばこういうのはどうだい?
つまり「大人は自分の子供に関して、学校でも地域でも、部活でも何でも、その責任者に一切苦情を言ってはならない。但し、他人の子供について苦情を申し立てるのは構わない。」というルールをつくるのだ。


 最初は他人の足の引っ張り合いで大混乱するだろうが、そのうちに「天に向かって唾を吐く」ということに気が付いて収まってくる!? どうしても気に食わない親は「孟母三遷の教え」ではないが、気に入ったところへ引っ越してもらう。それが出来なければ、人の悪口も自分の子に対する苦情も言わずじっとそこで我慢する。そこで責任者は自分の考えで、自分の行う職務に責任を持てるようになるだろう。


 なんちゃって・・・・    これも有り難い民主主義のおかげで軽々と口に出せるのだが。



スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 17:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
Re: タイトルなし
> 講演会お疲れさまでした。
> 楽しいブログを読ませていただいてます。
> 私も遅ればせながら昨年末から始めました。
> 淡々とした日々の記録ですが。。。
> 時間があればのぞいてみてください。
> http://sawashino.blog129.fc2.com/


sawashinomomさん、コメント有難うございます。ブログにリンクをさせてもらいました。私も楽しみに読ませていただきます。今後ともよろしくお願いします。
2011-01-21 金 13:46:42 | URL | ひろちゃん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-21 金 07:25:38 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。