■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
美味いお米
 県の果樹試験場の一般公開のときに買ってきたお米(玄米)がもう最後の一袋になってしまった。今日はワシが精米所へ行って精米してきた。


 ワシが中学生くらいだった頃(そんな頃もあったのだが)、御厨農協というのがあって、大きなお米の倉庫とその隣りに精米所があった。今は農協が合併してグリーン長野農協という名前になり、精米所や倉庫は川中島地区一ヶ所になってしまった。が、それは出荷用の設備のハナシだが、今は家庭用に精米するときは「コイン精米」といって、小型の精米機が無人の小屋においてあって、簡単に精米することができる。そう、どこでもよく見かけるだろう。



H221130精米  先ず料金表を見て必要なだけコインを入れる。今日は10キロの玄米だから100円だ。持ってきた籾なり玄米を器に投入して精米の好みによってボタンを押す。ウチでは「標準」ではなく「8分」で精米する。機械が勝手に籾か玄米かを選別して精米を始めて、精米したところから白米タンクに溜まってくるノダ。



H221130精米中 10キロくらいだと白米タンクに全部出てきてから、玄米を入れてきた袋をタンクの下にある口にあてて、足でペダルを踏むと口が開いて袋に白米がでてくる。書いてあるとおりにやればワシにも出来る


 ところで籾から精米すると「もみ殻」と「糠(ぬか)」が出てくる(玄米だと勿論、糠だけだが)。コイン精米では原則としてこういうのは各自で持ち帰ることになっている。それは結構使い道が多い廃材だからだ。精米する人は米の生産者が多いはずだから、農家ではもみ殻は炭にして土壌改良に使えるし、糠は漬物やボカシに必須の材料として再利用する。

 ところが籾や玄米を買ってきたり、農家から分けてもらったりする人はそういう再利用ができない。それでこのコイン精米でももみ殻や糠を持っていかない人もいる。「捨てる神あれば拾う神あり」で精米しなくてもコイン精米へ行って残り物を持ってくる人もいるのだ。


 ワシもその一人で、一昨年はもみ殻くん炭に挑戦した(これは火を上手く点けられなくて失敗)。去年はウドの株まわりにどっさりもみ殻をおいて実に美味いウドをたくさん食べられた。糠は生ごみと混ぜて堆肥つくりに活用している(たくあんは買ってくる)。米を美味く食べてゴミを上手に使う。自然というのはうまい具合に出来ているモンですなあ。





スポンサーサイト


「考えるワシ」の独り言 | 19:21:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。