■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
川中島を流れる水はきれい
 風が吹いて寒い一日だった。日差しも無かったので実際以上に寒い感じだ。「子供は風の子」も今は死語に近くて、最近は「年寄りは風の子」(といってもインフルエンザ予防接種をしようという意味ではないが)のほうが適切ではないか。冷たい風の中をウオーキングしている人が多いからね。


 ワシらも大いに外遊びをしてきた。今朝は今年最後のごみ拾いウオーキング、その後は地域を流れる堰の水がどんなモンか調べ、それから神楽の終い片付け、という具合だ。とりわけ面白かったのは水質調査だったな。水質検査キットというのがあって、ペーハーとか二酸化窒素、何とか(調査項目をメモし忘れてしまった・・・ご勘弁を)など5項目くらいだった。試薬と水を混ぜて、ある時間をおいてからその色を見本の色と較べるという簡単な調べ方だ。




H221128川中島中堰水質検査 土手に腹ばいになって水を掬う。川中島を流れる水路は殆どが農業用水だ。水を無駄なく流すために三面(両サイドと底)がコンクリートで出来ている。こうなる以前は年に一回は水を停めて「セゲ掘り(堰掘り)」といって泥を掘り上げたもんだった。大人も子供も泥だらけになって、淵に集まってきたフナ、鯉、ウナギ、ドジョウなどを掬って食べた。今は水流が早くて泥などあまり溜まらない上に、危険だから魚など採ってはいけないノダ。


 調べた結果は「きれい」な水ということだった。川中島地区は下水道の整備が進んでいて、家庭からの排水が殆ど無くなっている。また冬と言う時節柄、汚れが少ないということもあるだろう。今でもやっているセゲ掘りのときに見るフナが最近、サイズも群れも大きくなっている。アサリが採れるという話しも聞いている。来年は季節ごとに、流域の場所を変えて調べてみたいもんだな。


 「えっ 何でそんなことをするんだって?」
 「うさぎ追いし彼の山、コブナ釣りし彼の川 ・・・ 」

というではないか。子供たちが眺めた川が汚れていたらこんな歌を歌えないではないか。



スポンサーサイト


信州川中島の風景 | 18:31:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。