■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第23回長野能
DSCN1071.jpg

 我が家の一番咲きは福寿草、本日開花!! 直ぐ後にはつぼみの膨らんだ竜峡小梅も控えている。もう2月は逃げ出し、春本番も間近い。

 22日の日曜日は恒例の長野能、もう23回目になる。出し物は

     連吟     兼平
             玉鬘

     能       忠度
                 平忠度の霊、老翁   武田 友志
                  旅僧           大日方 寛
                  従僧           則久 英志
                  里人           内藤 連
                     大鼓        柿原 弘和
                     小鼓        後藤 嘉津幸
                     笛          一噌 隆之

     狂言     舟渡聟
                船頭、舅          野村 万作
                 聟              中村 修一
                 妻              深田 博冶

     仕舞     巴
             西行櫻
             山姥

     能      葵上    
                照日ノ巫女        長島 充
                 六条御息所ノ生霊   観世 喜正
                  横川小聖         則久 英志
                  臣下            大日方 寛
                  従者            深田 博冶
                     大鼓        柿原 弘和
                     小鼓        後藤 嘉津幸
                     太鼓        小寺真佐人
                     笛          一噌 隆之

  今回は若手能楽師がシテを勤める、という挨拶があった。シテだけでなく、ワキやツレも若手だったので若い人のパワーが感じられて良かった。狂言も途中で笑い声でたりして観客全員楽しんだ。ワキのお二人はそれぞれ長野市、松本市の出身というのでスゴイ身近に感じてしまった。

 またプログラムも今までと違って、上演曲の解説に加えて平家物語や源氏物語との違いが説明されていたり、写真付きの場面解説もあり、若い人たちにも判りやすくつくられていた。こういう伝統芸能も古いものをしっかり守るところと、判りやすく時代に合わせて変えていくところとの工夫が大事なんだナア。



スポンサーサイト
未分類 | 16:05:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼働状況2月度(1/16~2/15)
H270215去年と同じに大雪 (2)
去年と同じ日に大雪となった。午前中だけで止んだがあっという間に15センチほど積もった。去年の大雪で天井がへこんでしまったのを、取り敢えずと人が立って通れる高さに持ち上げたままになっていた。そこにこの大雪ではまたへこんでしまうばかりじゃなくて、つぶれるかも知らんと急いで雪下ろしをしたほどだった。その雪も午前中だけで、その後の暖かさで日陰に少し残して融けてしまった。春の淡雪・・・・・だな。

 1月度のときも晴れた日が少なくて、発電量もさっぱりだった。2月度もすっきり晴れたというイメージがないまま過ぎてしまったが、発電量から見ると前月より晴れた日が多かったようだ。だいたい2月度はこんなモンなんだということかもネ。

 気温データの紹介はこのところずっとサボっているがデータはとってあるので、いつかまとめてアップしたいが、気温で気になることがある。この冬は今までのところ真冬日がない、ということだ。去年だって数日あった。暮れから1月まで平年より一日の最高気温、最低気温が低い日が多かった、というのにダ。

(単位はKWh)
期間       使用電力量          受給電力量     受給電力量(1日平均)
       `12   `13   `14     `12   `13   `14    `13   `14    
4月分   284   291   294     349   350  536     -   17.3
5月分   211   313   194     405   396  572    11.6  17.9 
6月分   159   196   180     427   414  433    14.3  15.5
7月分   164   179   203     412   342  482    12.2  15.5
8月分   204   219   194     453   482  445    14.6  14.4
9月分   208   217   197     475   401  341    13.4  11.8
10月分   184   257   210     382   466  487    14.6  14.7
11月分   216   275   292    324   269   352    8.7   11.73
12月分   333   295   317     238   291   220   10.4   7.9     
1月分     592   735   641    212    213   148    6.1   4.2    
2月分   476   581    485    216   198   214     5.8   6.9   
3月分   419   398          270   186         7.4

 想定外のような気象現象が続く中で、地球温暖化にどう対応していくのか? 経済環境が悪いなかで世界中で温暖化にどう対応していくのか? 孫・子の時代に対してどう責任ある行動をとるのか? ワシも太陽光発電の成績に一喜一憂しているだけじゃなく、使うほうをもっと減らすことを考えていかなきゃイカン。




信州川中島の風景 | 09:42:27 | Trackback(0) | Comments(0)
恥ずかしながらのスキー行
 真っ青な空! すばらしい天気に恵まれ、気温も上って結構なスキー日和に、なった。最近はお天気オトコになったらしい。

 予てからやりたかったスキーに飯縄高原スキー場へいってきた。半世紀ぶりかと思ったが、出してきたウエアから十数年ぶりということになった。たった一日だけ白馬47へ行ったことを思い出した。あの時はお付はひとりだけだったが、今回は二人も従えてのスキー行。骨でも折ったら運転して帰れないので、代わりのドライバーと付き添いということだ。スキー暦は生まれてこの方、まだ10日に満たないという信州人にあるまじき経験だが、今となっては仕方あるまい。

 しかし、齢はとりたくないもんだ。スピード感覚がまるで合わない。すぐ腰が引けてしまってステンコロりんとなる。ボーゲンやるのにハの字に足を開いていられない。脚力が衰えてしまったらしくて(何回も)転んだら起き上れない。何回か滑降をして、少し慣れたら今度は見事な転び方をしてしまう。 顔に雪で擦り傷までつくってしまったオジイサンは余り見ないだろうなあ。

 救急車のお世話にならずに何とかかえりついた。周りには「もししゃべり方や歩き方が変だったらすぎ救急車を呼べ」と言っておいた。




信州の風景 | 22:34:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ふとん考
H270207布団の打ち直し
 むかしは布団部屋なんて言葉があったが、今はほとんど死語になっているんか知らん。来宅した人が泊まっていけるようにと、布団をしまっておく部屋があった。むかし、といってもつい数十年前から来客が泊まることは殆ど無くなった。子ども達が盆暮れに帰省して泊まっていくのに使うくらいか?

 かくいうワシんところも、孫が大きくなって、盆暮れの帰省時には布団が足りない。足りないことはないのだが、布団部屋(ウチでは物置)から運び出して、干して使うまでが大変。後始末もある。そこでふとん屋が貸してくれる貸し布団なるものを使ってみた。これが具合が好い、簡便だ。 ということになると、しまってある布団を大事に残しておいても、残されたほうが困るだろう。いわゆる終活だナ。そんなにシリアスに考えているわけではないが、思い切って処分することにした。

 物置を他人に見せるのも何だから、ふとん屋が来る前に運び出しておいた。むかし、住むところが変わるたびに、ふとん袋なるものに入れてあちこち運びまわった布団もある。来客用は生地も良いし、使っている綿だって良い。おまけに親が、使うことがあるだろうと打ち直しておいてくれた綿もある。懐かしいですなあ。

 ここで情けは無用、きっぱりと思い切ったはずだが、やはりふとん屋が来て打ち直して使えるかどうかと、ビリビリと生地を破いて確認しているのを見るとねえ・・・・・

 打ち直して使う価値のある綿は子供たちの注文にしたがって、長座布団にしたり、布団にしておく。ワシの最初のアイデアは長座布団を一家に4枚ずつプレゼントすることだったが、もうそういう時代ではないようだな。しっかり使ってくれよ、ナア。






「考えるワシ」の独り言 | 18:53:30 | Trackback(0) | Comments(0)
仕事始め
H270204モグラの巣

 立春という名前にふさわしく暖かい日中であった。こういう日には畑仕事をするのが一番、いよいよ剪定開始だ。しかしながら、畑の中はあちこちで土が盛り上がる奇観を呈している。これはモグラさんが遊んでいる証拠だ。孫の好きな童話の中に、街中(地中)を走り回っていたモグラのバスが、タケノコで道路がふさがれた話しとそのタケノコをモグラ市民が分け合って食べてという話し。

 多分この畑の地下モグラ市には、この冬の間に新たに建設された道路が縦横無尽に走り回っているようだ。去年はこの道路への入り口が、モモの木下にぽっかり穴を開けていた。あの時、地下街の様子に関心の無かったワシは殺鼠剤を穴に放り込んで、モグラ退治に全力をあげたモンだ。どうやらモグラ建設は今年、その穴を開けないで地下街をつくる工法を完成させたようだ。

 どうやって地下街にバスを持ち込んだのか考えたら夜も眠れなくなった、というほどではないが、今年はそのモグラ退治を諦めざるを得ない。というのは今年の傾向は木下じゃなくて、木と木の間に排気塔ができていることだ。傾向と対策はまったく無策だ。困るのは乗用モアで草刈りをするのに、刃がこの土を削るのですぐ切れが悪くなることだ。

 その上、モグラが引っ越した後にネズミが入居すると最悪だ。ネズミは根をかじってしまうからだ。ネズミの不法占拠、反対!! 猫の定期巡回を希望しています。



果樹栽培 | 20:48:49 | Trackback(0) | Comments(0)
年寄りの冷や水か!
H270129常念岳 故あって信州大学医学部付属病院へ行ってきた。ワシの具合が悪かったというわけではない。外来棟3階から真っ白な北アルプスが見えた。何という名前か聞いてみたら「常念岳」とか。これがあの常念岳かと見入った。くっきりと鮮やかに、しかし厳しい冬山だった。


 今年はスキーをやるぞと公言してきた。そう言ったからにはやらねばならない。2月に入ったのでプロ野球なみに、ストレッチ体操なんぞを始めることにした。「古来稀な齢になったというのにスキーなんぞをやるからだよ」と笑われないために大切な準備だ。50年ぶりのスキー決行は11日、できるかなあ?




「考えるワシ」の独り言 | 14:12:52 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。