■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
魂消た
 何が魂消たといって今回はホントに魂消た。

 モモの袋掛けを6000枚ほど終えて、やれやれと一息吐いてプルーンの摘果を始めた。早く終わらせないやイカンのはアーリーリバーという早生の品種だが、去年摘果が遅れて亜主枝を折ってしまったくらしま、これを先ずやった。続いてアーリーリバーに取り掛かったというモンだ。

 摘果といっても、今年は結実しているのよりも徒長枝が多いので、これをバキバキと折り取り、切り取りしていたらすぐ傍でパンッという音がした。一瞬ピストルで狙撃されたかと思ったが、人生の裏街道をあるいたことも無ければ、人に恨みを買った覚えは無い。

 すぐ傍に鳥の巣があった。「餘りに見苦しき塩屋にて候程に、お宿ハ叶ふまじき」ともう巣立った後の荒屋と思っていたが、良く見ると鳩が一羽いるではないか!! 魂消たネ。


H260626プルーンに鳩ノ巣

 羽をしまうところだったことから、一瞬羽音を立てて闖入者を追い立てようとしたらしい。この闖入者は意気地が無いというか、優しすぎるというか、「悪かった、ごめん、ごめん」と早々に退却したというモンだ。こんなにみすぼらしい巣で先日の雷雨を凌いでいたのかと思うと、母親の健気さに闖入者は気おされたのだ。

 この事件は昨日だったが、今日カメラを持って行ったら未だ母親は卵を抱いていた。その写真だ。驚いて卵と巣を放棄しているんじゃないかと心配したが、良かった、良かった。

 しかし困ったもんだ、これから消毒はどうしたら好いんだろうか!?




スポンサーサイト
信州川中島の風景 | 22:19:19 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼働状況・・・6月度
 6月度(5月16日~6月12日28日間)の太陽光発電量は、入梅したらしいという時期の後はそこそこの晴れ間がでたので去年を抜いて、梅雨時としては結構な数字が出た。

 電力会社からのお知らせの中に、前年度受給実績とともに日数が記載されているのに気がついて、5月度から1日平均値も書くようにした。総量だけでは判りにくいが、1日平均が出れば比較し易い、ということだナ。

 1日平均を見ていくと、ヒーロ発電所が稼動始めて以来2014年度になったら俄然数字が良くなったではないか! 4月から6月までの3ヶ月間は2013年度より全然良いではないか。

(単位はKWh)
期間       使用電力量          受給電力量     受給電力量(1日平均)
       `12   `13   `14     `12   `13   `14    `13   `14    
4月分   284   291   294     349   350  536     -   17.3
5月分   211   313   194     405   396  572    11.6  17.9 
6月分   159   196   180     427   414  433    14.3  15.5
7月分   164   179          412   342
8月分   204   219          453   482         14.6
9月分   208   217          475   401         13.4
10月分   184   257          382   466         14.6
11月分   216   275          324   269         8.7
12月分   333   295           238   291         10.4     
1月分    592   735           212    213         6.1    
2月分   476   581          216   198         5.8
3月分   419   398          270   186         7.4

 今年はエルニーニョ現象が現れて冷夏だという。冬の大雪の後、天気は良かったものの、春らしからぬ暑さが続いてきた。梅雨入りしてからもそうだった。これから冷夏になるということは、空気が冷たいだけなく曇りや雨の日が多いということになるナ。

 そうなると年間をとうしてみると、「熱量不変の法則」が適用できるということになるんか知らん。 夏物商戦が苦戦ということになるとアベノミクスに冷や水を浴びせることになり政治が不安定になる。すると中近東の争いの上に日本経済の先行き不明が加わって ・・・・・・

 やはり夏は暑いほうが好いなア。



信州川中島の風景 | 18:44:23 | Trackback(0) | Comments(0)
父の日にプレゼントをもらっちゃったから
 この3日ほど夜になって雨が降っている。果樹のほうはモモの袋掛けの真っ最中だが、これは葉が濡れている朝は作業が出来ない。それでも日中は晴れて気温が上がるので作業は進む。親指の腱鞘炎になって痛むがようやく先が見えてきた。

 そんな中で、土が乾いたときはタマネギやニンニクの収穫適期でもあるので、昨秋植えたニンニクを収穫した。去年のように病気が出始めたが、今年は一度殺菌剤で消毒したので何とか今日まで持ちこたえた。


H260618ニンニクの収穫

 葉が繁っていたので今年は食べられるゾと期待していたとおり、見事なホワイト六片種が収穫できた。種を買ったときは「やっぱりニンニクは高いなあ」と思ったが、こうやって収穫してみるとそんなことは忘れてしまった。

 時あたかも父の日、子ども達からプレゼントをもらって嬉しいような?恥ずかしいような?  そんなことでプレゼントのお返しはこのニンニクに決めた。それでも子ども達に言っておきたい、このニンニク全部が返ってくるなんてナ、期待するなよってナ。何て言ったって作った人が一番分け前が多いのは世間の常識なんだからナ。





「考えるワシ」の独り言 | 22:36:04 | Trackback(0) | Comments(0)
被害
 このところの天候はなかなか想像がつかない変化をする。夏が一度にやってきたという真夏の気温から一転して、肌寒くて鳥肌が立つように冷え込む。雨が降らなくて潅水の心配をしていたら、いつの間にか入梅したらしく雲ってすっきりしないで時折雷雨がやってくる。

 今日も雨の合間をぬってモモの袋掛けをしていたら、急にポツリポツリと降り出した。大雨の予報があるから急いで片付けて帰ってきたら、アララ雲が切れて青空が出て雨が止んでしまった。何だコリャ・・・・・人騒がせな



H260612川中島白鳳胴枯れ

 川中島白鳳の2本に胴枯れが発生した。春先の芽吹き・開花・展葉の間、おかしいと思っていたが、もう完全に回復困難で枯れを待つばかりだ。1本は主幹、もう1本は亜主枝。この被害は甚大だ。川中島白鳳は枝が垂れてしまうので、添え木や枝吊りをちゃんとやらなきゃならないので中々難しい種類なのだ。胴枯れてしまうと全体を伐採するのか、残りから枝を延ばすか、どこかに接木するのか。先輩に良~く相談してみよう。




果樹栽培 | 18:52:24 | Trackback(0) | Comments(0)
予感
 このところ仕事も忙しいが、もろもろその他が結構続いている(いた)。お天気が愚図ついているもんで、出掛ける時は安心して出掛ける、というのは雨が降って居れば畑仕事が出来ないからだ。晴れている時に遊びに出れば「ああ、あの仕事をやっておけば・・・・」「こんな仕事日和に遊びに行くなんて・・・」という雑念に惑わされることがない。

 先日は戸狩へ一泊で出掛けた。去年は浮気して行かなかったので、今回はリピート客が戻る?ということで歓迎してもらった。何がみんなに喜んでもらったかっというと、ワラビ採りだ。スキー場に生えているのは採りに来る人も多いから、マア、格好はちょぼちょぼの収穫だった。今回はやぶ扱きをしなければならなかったが、その分だけ太くて長い立派なワラビが採れた。参加したジジババはみんな大喜び。今まででこんなに立派なのがこんなにたくさん採れたのは初めてだ、というわけで幹事の甲斐があったというもんだ。

H260604おたや会ホテルレシェントでワラビ採り

 それにつけても、この寒さ!!  木曜日までは真夏の暑さで、畑仕事や水遣りでふうふういっていたのに、週末になったら鳥肌がたつような風がふいて、慌てて長袖シャツを着込んだのだ。オヤジが亡くなった年、二十数年前の冷夏が再来するんじゃないかと思う。あの年はひどい冷夏でお米も採れなくて、外米を緊急輸入したくらいだった。エルニーニョが発生しそうだ、と天気予報は言っている、ということはどうも今年は冷夏になる、というこんだな。

 冷夏になると、日照不足・・・お米が採れない、野菜が育たない、購入心理が悪化する、景気が悪くなる、という循環だ。いろいろ心配(取り越し苦労)してオロオロするのが老人の常だから予報は的中しないと思うが心配だ。 ワシの懸念は今まで滅多に当たることはない、というかくじ運が悪いというか、兎に角ピッタリきたことは無いので今回も杞憂であってくれればいいのだが・・・・・・




「考えるワシ」の独り言 | 22:36:13 | Trackback(0) | Comments(0)
暑さになんか負けていられない
H260601芍薬

 気がついたら庭の芍薬がきれいに咲いている。全然気がつかなかったが季節はちゃんと変わっている。そういえば、カッコウが涼しげな声で鳴いているし、ウグイスはいつの間にか消えてしまった。

 このところ、信州川中島でも暑い日が続いている。だからといって家の中に引っ込んではいられない。農作業は摘果のピークに差し掛かった。モモの疎摘果は半分ほど終わったが、プルーンとフジは未だ手付かずのまま。ブドウは房を整える作業を急がなくちゃならない。

 朝は4時半頃から始めているが、流石に午後は暑くて堪らないから先ず昼寝。それから薄暗くなるまでやっているが、手間のかかる仕事だから中々終わらないのだ。お陰でこのところ、身体が軽く感じている。脚立に上がり降りするにも、立ったり座ったりするのも楽だ。腹が凹んできたのでBMIは随分改善していると思う。もう半月くらいで摘果関係の仕事を終わらせるつもりでやっている。


果樹栽培 | 21:39:52 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。