■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
450年が僅かたった一日で・・・・
 未だ空気は冷たいが太陽が出れば好い陽気になる。20日の長野マラソンは応援するには少々寒かったが、走るほうは丁度好かったのかな?  昨日の雨のおかげでモモが一気に咲き出した。午前中に「なつっこ」のつぼみを手篭に八分目ほど採って、午後一番で農協へ持ち込んで開葯をしてきた。明日の昼には花粉を持ち帰っていよいよ人工授粉を始める。

H260422モモ開花

 畑で目を上げるとすぐ目に入るお寺の大松が無くなって、ポカンと大きな穴が空いてしまった。昨日、ぽつりぽつりと雨が当たるなかで樵だという若い男が松に取り付いて、チェーンソーで大枝を切り落とし始めた。大枝がいとも簡単に切り落とされていくのをビデオに撮ってみた。下から三分の二ほど枝を下したところで所要で出掛けたのは、幹を切るのは明日だろうと思ったからだが、夕方帰ってきたらもうこんな景色に変わっていた。先代の住職は樹齢450年くらいだろうって言っていたそうだ。450年がたった一日で消えてしまう・・・・・・ どう言っていいのやら言葉が見つからない!

H260421大松伐採して

 丁度一ヶ月前の3月21日に撮った写真がある。無残にも赤茶色に枯れた松葉が痛々しい。マツノザイセンチュウがこの松を食べて枯らしたと断定するわけではないが、どこかの松の中で増殖していたのをマツノマダラカミキリが媒介して大松へと運んできたんだと考えたい。手入れをしないでいる山の中から、マツノザイセンチュウが里へ出てきたんだとすると我が家の松も心配だ。何しろ去年は殆ど庭の手入れが出来なかったんだから。

H260421枯れた大松3月21日の姿





スポンサーサイト
「考えるワシ」の独り言 | 23:44:23 | Trackback(0) | Comments(0)
形あるモノは滅びる
 日本晴れのなかでお寺のコヒガンザクラが満開だ。少し強い風が吹くと花びらが舞うようになった。その後ろにある大松の最後がいよいよ迫ってきた。去年から様子が変だぞと見ていたのが、やはり害虫にやられていた。ワシのおつむのように風が吹くと一本、また一本と松葉が抜け、青いはずが次第に茶色に変わってきた。


 こうなるとモウ諦めるより他は無いようだ。完全に枯れてしまうと枝がもろくなって危険なので、近々伐採するんだという。形あるモノは滅びるんだというが、数百年経た根上がりの大松の最後を見るのは辛い。ついこの前まで「ウチから眺めるのが一番格好がいい」、「いや、こちらのほうが一番だ」と言い合っていたもんだ。この松は3本の根が盛り上がっていて、小さい頃はこの根をゴザで囲って、その中で遊んだモンだ。



H260416お寺の大松最後の姿


 明治32年12月と書き込まれた銅版画をお寺からもらってある。境内にあったケヤキだとか杉だとかの大木は普請の度に切られて、今はこの大松だけになってしまった。この松が無くなったら、きっと景色がペラっとしたモンになるだろうがワシはそんなことを考えるのもイヤだ。

H260416明治32年12月法蔵寺銅版画


「考えるワシ」の独り言 | 20:26:35 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼働状況(26年4月)
 出ました、新記録!!
 この4月度(3月14日~4月13日)は太陽光発電量が導入以来の最多を記録した。

(単位はKWh)
期間       使用電力量          受給電力量     受給電力量(1日平均)
       `12   `13   `14     `12   `13   `14    `13   `14    
4月分   284   291   294     349   350  536     -   17.3
5月分   211   313          405   396 
6月分   159   196          427   414
7月分   164   179          412   342
8月分   204   219          453   482         14.6
9月分   208   217          475   401         13.4
10月分   184   257          382   466         14.6
11月分   216   275          324   269         8.7
12月分   333   295           238   291         10.4     
1月分    592   735           212    213         6.1    
2月分   476   581          216   198         5.8
3月分   419   398          270   186         7.4

 中部電力の計測間違いではないかと心配になって、データを調べたくらいだ。間違いは無かったが、1月から3月がひどかっただけに一安心だ。ちなみに日毎の発電量を3月と4月で比べたら

     ~10KWh ~20KWh ~30KWh それ以上
  3月   13日   10日    5日   
  4月   4日    5日    15日     7日

 川中島平も太陽光発電に適した地である、と(4月は)胸を張りたい。コヒガンザクラも祝福して満開だ。

H260414コヒガンザクラ満開





信州川中島の風景 | 18:58:13 | Trackback(0) | Comments(0)
秋葉祭
 毎年、4月13日は秋葉祭。伊勢社にある火の神さんに神楽を奉納する。この火の神さんの後に家主の天照大御神(内宮)と豊受大明神(外宮)にも舞いを奉納するので、都合二舞することになる。4月7日の春祭は参加できなかったが、今回は神楽を載せたリヤカーを引きに参加した。

H260413秋葉祭の月

 煌々とお月さんが照らすなかでの神楽。このところ、日中はポカポカ陽気でサクラも満開になるというのに、朝晩はしっかり冷え込んで霜が降りるほどだ。去年もこの頃、遅霜があって果樹にエライ影響が出た。花冷えなんていう言葉があるくらいだから、当たり前なんかも知れないが、何とかオテントサンだけは順調に恵みを授けて欲しいもんだ。


H260413秋葉祭獅子舞 子ども達が獅子の前に座り込んで舞を見ている。舞の最後で獅子がしっかり見構えたあとでヒョッと飛び掛る形がある。小さい子どもはそれで泣き出してしまうことも多いが小学生くらいになると、それが面白くて目印の提灯の横で見ているのだ。下手な写真で真っ暗だったのを修正したらこんな写真になった。去年の式年遷宮祭のために、神楽を出す町内では獅子頭の手入れをしている。ピカピカなので修正したらこのお獅子、これは怖い。




信州川中島の風景 | 11:05:16 | Trackback(0) | Comments(0)
遅霜の被害は?
 果樹は剪定、枝の整理、消毒という一連の作業が終わったのでつかの間の休み。毎朝、蒔いた春菊と小松菜、長ネギの種から芽が出ただろうかと、見て回るのが楽しみだ。これから暫らくは天気が続いて、気温も上がるという予報だから明日か明後日頃には芽が出てくれるだろう。このワクワク感が堪らない。

H260407遅い霜 昨日の朝はマイナス2.2度まで冷え込んだ。どうなっているか畑を見に行ったら雑草には霜が真っ白。ニンニクの葉っぱにも霜が降りてきれいな結晶を見ることができた。

 去年4月の遅霜のときは有線放送が「それファンをまわせ、ロウソクを燃やせ」と大騒ぎしたが、今回は何も言っていない。今、開花しているのは竜峡小梅、大梅(豊後)が満開、それにアンズが5分くらいだからかも! 栽培量が少ないし、寒さに比較的強いということかも知れない。それでも竜峡小梅の真っ白な花びらが今日は茶色っぽく縮れて痛々しい。今年はいったいどんな年になるんだろう。




 


家庭菜園の楽しみ | 17:46:42 | Trackback(0) | Comments(0)
第82回長野観世流謡曲連合会大会
 長野観世流謡曲連合会大会へ行って久し振りに堪能した。何しろこの一年余りお稽古(時々休んだが)以外は歌会は全然出席できなかった。そうそう、長野能は行ったが。この大会は82回目になるんだということでスゴイ伝統がある。若い人が入ってこないとそれだけ高齢化しているということではあるが。来年は謡うほうにまわろう。

H260406長野観世流謡曲連合会大会

 昨日、今日は冷たい風が吹いて寒い、寒い。今朝は+1度、明日は-2度になるとか。紅梅、白梅は実を使わないから満開だが寒いのは構わない。豊後梅は咲き始め、アンズは5分咲き。去年は満開のときに寒波がやってきて収穫は全くゼロだった。だからこの寒さが心配! マア5分やられても残る5分が結実してくれれば問題はない?だろうか。




謡曲・仕舞 | 23:35:39 | Trackback(0) | Comments(0)
平成25~26年天候まとめ(25/2/3~26/3/29まで)
 月日の経つのは早いもんだ。忙しさにかまけて天候をまとめるのをサボっている間にもう1年以上経過してしまった。信濃毎日新聞からノートに書き移すのは続けていたが、一週間ごとの平均を出さないでいたのだ。

 2、3ヶ月に一度くらい記録していない日はあるが、便利なモンでネットで調べれば空欄を埋めることはできる。だとすると、「何でそんな無駄なことをしているのか?!」と聞かれると困るが、何年も続けていると毎朝のリズムになってしまったので続けているのだ。一見無駄に見えることでもずっと続けると意味のあるものに変わってくる?


 毎日の新聞に折り込み広告が入ってくる。これを分類して毎日記録していれば、景気の変化や庶民の暮らし、商人の着眼など見えてくるような気がする。後で調べるというのより、ずっと希少性がありそうだからやってみたい気がするが・・・・・・


・・・・・・・・・平成25~26年天候まとめ(25/2/3~26/3/29まで)・・・・・・・・・・
但し第6~9週(25/2/3~25/3/2)までは前回報告済み。


週    週間最高気温の巾              週間最低気温の巾
       上     下    平均(平年比)      上     下     平均(平年比) 
6     10.1     0.8     3.6(▼0.2)      -0.8    -6.3     -2.9(△1.7)
7       7.5    -0.3      3.6(▼1.0)       -1.6      -6.9     -3.9(△0.0)
8      4.7     -0.2      1.7(▼3.6)        -2.0    -8.4      -5.7(▼2.4)
9      13.6    -1.5     5.9(▼0.4)       0.9     -9.6     -3.9(▼1.2)
10     19.3    3.9     12.1(△4.5)       4.4     -3.9     -0.7(△1.3)
11     21.9    2.9     12.8(△3.8)       2.3     -5.4     -1.8(▼0.6)
12     19.8    6.8     15.5(△5.1)       8.7     -2.7     2.9(△3.2)
13     22.5    7.5     13.9(△3.0)       8.1     -2.2     2.4(△1.8)
14     21.8    9.0     14.6(△5.2)       8.4     0.9      5.0(△3.2)
15     19.4    11.6     14.5(▼1.3)      11.8     -1.0     2.6(▼1.2)
16     24.5    9.7     16.1(△1.3)       9.4      1.6     3.9(▼1.3)
17     20.7    5.7     13.5(▼5.8)        9.5     -1.5     3.7(▼3.3)
18     23.5    12.9     16.8(▼4.3)       12.7     1.8     4.3(▼3.7)
19     29.3    13.4     22.3(△0.3)       15.2     2.3     6.9(▼2.7)
20     31.7    19.6     26.2(△4.1)       17.0     7.9     11.5(△1.3)
21     30.4    23.5     26.5(△3.5)       16.0     9.2     12.4(△1.2)
22     29.4    21.4     26.0(△2.0)       20.4     11.5     16.0(△3.5)
23     29.6    23.1     26.5(△1.5)       16.4     11.7     14.4(△0.5)
24     29.8    27.1     28.8(△3.2)       22.5     11.8     19.0(△3.8)
25     31.8    21.2     25.0(▼0.8)       19.8     15.7     18.7(△2.3)
26     29.3    22.2     27.3(△1.1)       19.9     15.5     17.6(△0.0)
27     31.6    26.2     28.9(△1.7)       22.2     19.6     20.5(△2.1)
28     35.0    26.3     31.6(△3.5)       23.0     21.3     22.1(△2.8)
29     32.2    27.9     30.1(△1.1)       21.6     16.5     19.5(▼0.5)
30     33.6    26.3     31.3(△0.9)       22.7     19.7     21.7(△0.8)
31     31.9    25.0     29.0(▼2.4)       22.8     19.0     21.2(▼0.6)
32     35.0    29.8     32.2(△0.7)       24.1     19.4     22.1(△0.4)
33     35.5    31.8     34.0(△2.8)       24.5     19.9     22.5(△1.0)
34     35.7    24.6     30.1(▼0.5)       23.9     21.0     22.3(△1.2)
35     34.4    26.9     29.5(▼0.4)       22.8    17.1     19.3(▼1.1)
36     31.4    25.2     27.6(▼1.0)       22.8     18.4     20.3(△0.9)
37     32.0    21.7     28.1(△1.4)       23.4     15.7     19.6(△1.6)
38     28.4    21.9     26.2(△1.2)       22.3     11.4     15.4(▼3.1)
39     29.1    21.0     25.0(△1.8)       18.9     10.5     13.8(▼0.5)
40     27.2    18.2     24.0(△2.4)       17.8     13.3     15.5(△2.3)
41     30.9    25.5     28.6(△8.0)       21.7     16.9     18.8(△7.2)
42     23.4    16.0     18.5(▼1.2)       11.5     6.2     8.8(▼0.4)
43     22.8    14.2     18.2(△0.6)       14.9     11.6     13.0(△5.3)
44     18.7    15.0     17.4(△1.0)       10.2     4.6     6.0(△0.4)
45     19.1    13.8     16.2(△0.9)       8.3     3.4     6.0(△1.0)
46     17.8    4.2     10.7(▼2.9)       9.4     -1.5     3.2(▼0.4)
47     17.1    10.7     12.6(△0.8)       3.6     0.2     1.5(▼0.3)
48     15.0    9.1     12.1(△1.8)       6.7     -2.9     1.0(△1.1)
49     11.8    9.4     10.1(△1.1)       1.6     -1.9     -0.0(▼0.3)
50     12.1    2.6     7.3(▼0.2)       4.6     -3.8     -0.5(△0.5)
51      7.2    3.2     4.8(▼1.4)       2.4     -2.7     -0.4(△1.6)
52      4.9    1.5     3.2(▼2.0)       1.0     -4.6     -2.6(△0.1)
平成25年
1       9.2    1.7     4.9(△0.5)       0.0     -6.9     -3.2(△0.1)
2       4.3    0.4     2.5(▼1.3)       -4.5     -7.3     -5.7(▼2.1)
3      4.4    -0.1     2.0(▼1.4)       -2.0     -8.7     -5.9(▼1.8)
4      6.9    -0.1     2.6(▼0.6)       -1.4     -6.9     -4.7(▼0.3)
5      10.0    3.0     7.1(△3.9)       0.8     -6.1     -3.1(△1.6)
6      14.8    -1.7     3.6(▼0.1)       0.1     -8.4     -3.8(△0.4)
7      3.7    -2.5     1.6(▼4.2)       -2.6     -7.9     -4.9(▼0.9)
8      3.2     0.3     1.6(▼3.6)       -0.1     -8.5     -5.0(▼1.6)
9      12.7    3.4     7.4(△2.2)       4.1     -6.8     -1.9(△0.8)
10     10.0    1.5      3.7(▼3.6)       0.2     -6.0     -2.8(▼0.7)
11     13.6    2.3      6.9(▼1.9)       1.5     -8.0     -2.8(▼1.5)
12     14.1    5.6     10.0(▼0.1)       3.8     -3.4     0.1(△1.1)
13     21.9    13.4     17.5(△6.1)       6.6     -2.3     2.2(△1.6)


 去年の2月も寒かったが、雪は今年がエライ多かった。17週(4月下旬)に遅霜があったが、その後は5月連休明けから急激に気温が上がった。そういうことでみると、今年の関心事は4月に遅霜が来るかどうか、5月連休明けが平年並みでいくかどうか。下駄を投げるか、雷さんに聞いてみるか?この時期の天候が果樹の出来を左右するから心配だ。

 この長い数字の列を誰か診てくれる人がいれば好いんだが・・・・・・



「考えるワシ」の独り言 | 23:28:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ヘビがいた!!!

 エイプリルフールの話ではない。ホントの話だ。野菜畑につながっている石垣にシマヘビがいた。感激だ!

 確か数年前にダンボール箱の中に小さなシマヘビがいて、カミサンを驚かしてやろうと呼んでいる間に逃げられてしまった。その前だったか後だったか記憶が定かではないがやはり石垣の雑草の間に大きなシマヘビの抜け殻を見つけたことがあった。その後、痕跡を見つけられなかったので絶えてしまったかな、と諦めていた。それでも除草剤を使いたい気分をこらえてきていただけに、今日は感激!  屋敷に住み着くヘビは吉兆だからナ。しかもあのヘビは若々しかった・・・・ あの肌艶からみて。

 この一週間の間に一気に春がきて、小梅も豊後も紅白の花梅も一斉に花がほころび始めた。今日も風も弱く暖かいので、体がむずむずする。咋秋に植えつけておいた長ネギがこの寒さのお陰で、霜に持ち上げられて消えてしまっていたところを耕して買って置いた長ネギ、春菊、小松菜の種を蒔いた。消費税は上がるワ、便乗値上げはあるワのこの頃だから、種から育てるのが一番安上がりだ。


H260401フキの茎 フキノトウを採ってきてフキミソにして春の味覚を楽しんだ。そのフキがあっという間に大きくなっていたのを食べるべく採って来た。花を葉っぱをムシって、これをゴチするわけだ。


H260401フキの煮付け フキの葉を食べる時と同じ要領で煮付ける。これがまた、絶品。フキミソと同じこのほろ苦さが堪らない。もっともワシは材料を仕込んで食べる係りで、料理するのはカミサンだ。




信州川中島の風景 | 22:59:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。