■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いよいよ仕上げの段階へ
 涼しかったかと思うとまたまた酷暑、と疲れるワ、調子を崩すワ。こんな中でワシも熱中症は勘弁願いたいので、もっぱら暑い盛りは昼寝、涼しい朝と夕方に集中作業をする。そんなことだから夕食を食べ終わると9時近くになってしまう。


 先日、草刈りをして足元が楽になった。それで次のステップは除袋ということになる。除袋のタイミングはそっと袋を割いて覗いて黄色みがかったときだ。それも木の上と下では熟度がかわるので普通は上から袋を外し始める。今日は除袋の仕上げ、下生りまで袋を外してタイベックスを敷いた。

H250730白山除袋とタイベックス敷き 川中島白鳳が少し早いが、なつっことは殆ど同じタイミングになる。今日で川中島白鳳もなつっこもタイベックスを敷き終えた。野良仕事の良いところは木陰で汗を拭きながら仕事の出来栄えを眺めることだ。ここまで終わったという満足感、というか充実感がたまらない。





スポンサーサイト
果樹栽培 | 22:22:01 | Trackback(0) | Comments(0)
下草刈りで
 このところお天気は激しく変わり易くなっている。天気予報で「午後一時にわか雨」といっている時はやはり「一転にわかに掻き曇り・・・」と言う具合に急に雲が出てきて大粒の雨がバタバタと降ってくる。

 先日も草刈りをしている最中にポツリ、ポツリと降り出して慌てて草刈りを中断、機械を積み込みシートで雨避けをしたというもんだ。この時期は雑草でも庭木でも果樹でもすごい勢いで伸びる。刈ってあるかどうか、は畑の中を歩きまわるにしても、消毒をするにしても草を刈り込んであると能率が全然違ってくる。今朝はタンクに水を張っている間にモモ畑の草刈りを済ませた、というくらいだ。

H250726白山草刈り この中断していたところの草刈りを再開、そして袋外ししているところに又雨が降って!!!途中資格放棄ということになる。


 カラカラに乾いているときに、こんな降り方をされると後が大変だ。 急に雨がタップリ降るとブドウ(特にナガノパープル)は実割れを起す。プルーンも同じだ。こちらも一気に蔕のところに多発する。実割れなんてどうっていうことがないのに、これは撥ね出して出荷する。  




 

果樹栽培 | 22:51:07 | Trackback(0) | Comments(0)
好適なサイクルでも
 久し振りに一日中雨が降ってくれた。前日まで「新潅水システムの設計ミスを早く直さなくちゃ」といろいろやっていたのが、一度雨が降ると優先順位が一挙に下がって先送りしてしまう。「新潅水システムの設計ミス」とは潅水ホースが長すぎる(?)のでホースの先まで水がいきわたらないのだ。つまり潅水できる面積が狭い。エンジンの回転をあげればかなり改善されるのだが、それを何とかしたい。解決策としては畑の長い方向に沿ってホース3本で考えていたのを、短い方向に6本で潅水したら回転が低くても末端の圧力が下がらないはずだ。2、3日中に部品を追加購入すれば試運転できるのだが!


H250725カエデ新芽


 カラカラに乾いてどの植物も水を求めて頑張っていたところに、この雨のお陰で一気に生気を取り戻した。「恵みの雨」とはこのことだ。今日は朝から再びカンカン照りになった。サボりっぱなしの専属庭師に替わって、臨時に外から入った庭師がやってくれたカエデも一気に新芽を吹き出した。高温→雨→高温というのが好ましいサイクルだが、雑草にとっても恵みのサイクルだ。歩くのもママならないほどに伸びないようこれから草刈りをしなきゃイカンなあ。



果樹栽培 | 12:07:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼動実績(7月分)
 このところ、再びあの暑さがブリ返している。暑いので土中の水分が蒸発して雑草でさえも頭を下げている。果樹もいよいよ出荷を控えて水分が必要なのに、これでは期待はずれだ。


 プルーンの早生品種であるアーリーリバーを初出荷した。これは小粒種で少し酸っぱいが完熟するととても甘い。だが完熟すると実が柔らかになるので、完熟を食べてもらうように出荷するのはできない。店頭で買ったのを追熟するまで置いておく方法もあるが、それまで待ちきれるか!! ジャムにするなら酸っぱいほうが良い(ワシは好きだ)。


 待ちかねていたヒーロ発電所の7月データが届いた。思わずエッと見直してしまった。昨年より随分少ないのだ。暑さは去年だってこの時期は暑かった。だから暑くて発電能力が下がったとはとても考えられない。するとやっぱり太陽光が少なかったか?! そういえば梅雨明けは早かったが曇った日が多かったように思う。そんなに雲量によって発電量が左右されるなんて、とても原発の代用にはならないかも。

(単位はKWh)
期間    使用電力量       受給電力量
     `12    `13      `12   `13 
4月分   284    291     349   350
5月分   211    313     405   396 
6月分   159    196     427   414
7月分   164    179     412    342
8月分   204           453
9月分   208           475
10月分   184           382
11月分   216           324 
12月分   333           238     
1月分    592          212    
2月分   476           216
3月分   419           270






「考えるワシ」の独り言 | 21:43:17 | Trackback(0) | Comments(0)
箱入り娘さ~ん、いらっしゃ~い
 昼間はホント茹だってしまう暑さだが、日が暮れるとスッと涼しくなるのが救いだ。だから昼間は動かずにジッとしていて午後のお茶を飲んでから動き出す。


 ひととおり夏季剪定をやり終えたら、川中島白鳳に掛けてある袋がプリプリになっている。最近の話題は「除袋を始めたかい?」というのがもっぱらだから、やはりワシもそろそろ除袋をしようと思っているところだった。そこで木の上(木の上部から大きくなる)のほうの袋を少し破ってそっと覗いてみるとほんのりピンクがかっている。上のほうはもう除袋の好機だナ。

H250721川中島白鳳除袋 艶めかしくも美味そうな姿がまぶしい。2、3日くらいしたら木の下にタイベックスを敷いて太陽光を下からも中ててやる。そうするとグッと色づきと甘みがのってくる。手塩に掛けて育てた箱入り娘がもう少し経ったらいよいよデビューだ。





果樹栽培 | 21:05:13 | Trackback(0) | Comments(0)
自動潅水システムの試運転
 今日も30度を越えた。渋温泉へ行った夜、川中島でも降ったらしいが雨量は大したことは無かったらしい。だから土はカラカラに乾いてしまっていて果物の成長には非常に具合が悪い。


 先日、中野まで行って買ってきておいた自動潅水システム(自称)の出番だ。穴あきホースは必要な長さに切ってあるし、エンジンからのホースもちゃんとしてある。早速、飯前仕事に果樹園へ一式持ち込んだ。穴あきホースをТ字型のパイプに接続し穴あきホースはモモの木の下を一直線に敷いた。水圧を高くすると水の飛ぶ範囲は広くなる、ということはポンプの燃料がかかるということだ。


 吸水ホースの先端は藻を吸い込まないように眼の細かい布でくるむ。凡そ一時間準備するのに時間がかかった。エンジンをかけて水圧をかけると「こりゃ大変!」ホースの継ぎ目から水が漏れて、エンジンの回転ほどに水が飛んでくれない。少し回転を下げると先端まで水が届くだけの水圧にならないから、継ぎ目は絞め金具でぎっちり絞めた。その上、ホースはねじれていると水が一様に飛ばないし水圧をくってしまうから真っ直ぐにねじれないように敷設するから「こりゃ大変だ。通水するまでの時間で手打ちしたら一仕事できてしまう。


H250719白山で潅水 今頃は潅水している間に夏季剪定やら枝吊りなどやる仕事があるから良いけど、潅水だけだったら暇で困ってしまうだろうナ。やっぱり手打ちでやるのが一番効率的な気がする。


 玉伸びするのに水がもっとも必要だから潅水をするが、続いて除袋・タイベックス敷き等の仕事が連続して出てくる。そりゃそうだ、下旬になれば早生のモモが始まるのだから。








果樹栽培 | 23:40:03 | Trackback(0) | Comments(0)
おたや会は渋温泉
 町内の人生ベテラン者のあつまり「おたや会」の春季旅行に行ってきた。勿論、ワシが人生のベテランというわけではなくて幹事として行ったのだが。もともと春季旅行というくらいだから6月にワラビ採りをやっているのだが、今回は幹事の都合で一ヶ月遅れの旅行だ。


 会場は渋温泉の玉久旅館、一泊二日で初日は温泉を楽しみ懇親会、二日目は「中山晋平」について研修をした。懇親会はカラオケ無しで人生経験について語り、現世について語り、孫について語った。単にカラオケを頼み忘れたというだけのことだが、それだけ有意義な意見交換ができたということだ。中にはカラオケで発散できなかったので飲みすぎてしまったという人もいるが。


 信州中野の生んだ「日本のフォスター」こと中山晋平の記念館を訪ねて、その生涯と作品をビデオで勉強し、またその生家も見ることができた。知ってました? 東京音頭は中山晋平の作詞だったって。思わず映像に合わせて口ずさんでしまったりして、結構楽しんでもらえました。マアこれも「豪商の館 田中本家」が定休日だったり、計画にあった「日本土人形資料館」も休みだったりした結果の話だが、幹事としては苦労した甲斐があったというもんだ。


 今回は一泊三食送迎付きで無かったので、昼食は「トレインギャラリー」という食堂でソバを食べた。この食堂も幹事の知り合いだが、彼が趣味で造って展示している汽車電車の模型とその走りも童心に帰って楽しんだ。「トレインギャラリー」いうイメージと全くちぐはぐな食堂だがソバは美味かった。


 幹事のヘボで、今までの旅行と全く違った旅行だったが、それはそれで良かっただろうと一人満足だ。それにしても志賀高原の玄関「渋温泉」と違って下界の暑かったこと! そういえばもうすぐ夏休みに入るんだから。


H250718おたや会玉久旅館 玉久旅館は渋温泉の真ん中あたりにある。周りには九つの外湯(共同浴場)の4番目の竹の湯の隣りにある「湯治旅館」という風情のこじんまりとした旅館だ。渋温泉は熱いので有名だが、朝風呂で内湯に続いて周った3つの風呂も例に漏れず、水道でジャンジャン薄めてようやく入れたくらいだ。空気と水はタダ、という日本の良さを満喫した。熱いのですぐ風呂から飛び出すと、それが返ってさっぱり・すっきりして夏の風呂の楽しみ方ができる。





信州川中島の風景 | 22:52:22 | Trackback(0) | Comments(0)
時の流れは絶えずして
H250715電子工学科同級会  随分久し振りで上京した。大学の同級会、確か前回は4年か5年くらい前だったと記憶が曖昧だ。12人で賑やかにひと時を過ごした。
   「みんな元気だねえ!」
   「元気な連中だけ集まったんだよ」

それにつけても開宴前に新宿で買って来たデジカメの試し撮り、ストロボもたけずに撮ったんでひどい映像になってしまって・・・・・ ゴメン!


 府中に泊まった。暑くなりそうなのでどうしようかと思ったが、汗をかかずに見物できる「多摩モノレール」の試乗をすることにした。確か10年くらいまえに工事を始めるとか何とか(全然曖昧な記憶なのだが)・・・ どうも完成しているようなので一度乗ってみたい。


 あの高幡不動駅がいつの間にか高架駅になって、そのまま建物の中を通ってモノレール乗り場まで行かれる! 結構頻繁に電車が走っているし、休日ということもあったんだろうが乗客がこれまた多い。運転席のすぐ後ろに立って、あっちこっちキョロキョロして昔のイメージとこの景色、頭の中で一生懸命合わせようとするのだが、全然一致しない。


 玉川上水駅で西武線に乗り換えて新宿へ戻ったのだが、何というこの喪失感! 脳みその老化の所為もあるが地名でも駅名でもピンと来ない。そういえば中央線の西側は余り縁が無かったンだよなあ、と自らを慰めた。ああ、多摩を引き払って10年、世の中は変わってしまった。




「考えるワシ」の独り言 | 21:56:17 | Trackback(0) | Comments(0)
難民ハチ発生
 実に悲惨な結果になってしまった。


 信州でも稀な酷暑が続いた。そんな暑さにもかかわらずワシの超多忙は続いていたので、ワシが専属で面倒を見ている庭園にすら顔を出せなかった。その結果、園主は我慢しかねてついに余所の庭師に手入れを依頼してしまった。今期は専属庭師も名前だけになってしまって、来期は専属にしてもらえるか非常に心もとない状況である。


 やってきた庭師に(口惜しさを押し隠して)ハチに刺されなかったかと訊いた。「イヤ ハチなんていなかったヨ」という応えに、そんなはずはないと急いで巣箱を見に飛んでったと言うもんだ。行く手を遮る雑木を押し払い行ってみると、居ることは居るが数がベラボウに少ない。そのかわりに小さなアリが出入りしているではないか!!!! 


 先日、分蜂したくらいだったから、これは残った女王ハチに事故が発生したに違いない。新しい女王ハチが交尾に飛び出したとき事故が発生することはママあるそうだからだ。巣箱を開けてみると居るワ居るワ、ハチではなくてスムシが気持ち悪いほど巣を作っている。


 流石に温厚なワシも怒髪天をぬいてしまい、巣枠を取り出してスムシをことごとく退治してやった。ところが巣枠には未だ蜜が蓋をしたままになっている。女王ハチが居なくなったのはそれほど前のことではないようだ。もったいないからそういうのは切って採ったというもんだ。


 その間、帰ってきたミツバチ数匹がワシの周りを飛び回っている。巣の形をしていない巣枠に取り付いてウロウロしているのも居る。蜜を濾そうとしているところにも飛んできたが刺そうとする気配は無い。これからは蜜をもってきても蓄える巣も無ければ眠る場所も無い。女王ハチが居なくなってから、他の群れ(あればだが)に合流した元気なハチも居ただろうが、大多数は次第に老化して一匹、また一匹と死んでいったに違いない。


 このハチ達も取り付く巣が無いまま難民となってそのまま死んでいくのだ。忙しさにかンまけて面倒見てやれなかった飼い主は慙愧に耐えない。
アーメン




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 12:01:56 | Trackback(0) | Comments(0)
神頼み
 願い事の神さまは全国にある。大願成就、合格祈願、病気平癒、家族安穏、・・・・・


 長野では朝日山観世音が有名だ。(ワシは「旭山」だと思っていた)安茂里という地区にあるが、とにかく山の上にあってそこまでの道のりが大変だ。熊が出るという看板がいたるところにあって、先日も新聞にこのあたりで熊が出たと報道していた。まあどこでも(市といっても広域に合併しているので)「エエッ そんな市街で?」といってもスゴイ山の中だったりして。 まあそういう艱難辛苦を経てたどり着いた観音堂にお参りするから功徳があるのだはと思う。


 観世音の功徳は「盛久」という謡曲が謡っている。盛久が

   我この年月(としつき)清水(きよみず)の 観世音を(の)信じ
   毎日かの御経を 懈(おこた)る事なし
   さりながら今日ハ未だ 読誦申さず候程に
   御暇(おんにとま)を 賜り候へ
   かの御経を 読誦申したく候

 と

   種々緒悪趣地獄鬼畜生
   生老病死苦以漸悉令滅

 を唱えれば、刑場で振り上げられた太刀が雷によって折れてしまったという。


 こういう観世音にお参りして精進落しにはソバを食らうべし。山を下り犀川を渡った今里にある「たなぼた庵」で中盛りソバを頂戴する。何しろこの店で以前出していた大盛ソバは流石のワシでも食べきれなかった、という店じゃ。今では大盛りはメニューに無くなったが。それでワシは、ソバちゅうもんは腹いっぱいに食えなかったらソバじゃない、という信念に至ったくらいだ。


 このくらい信心を深くすれば生老病死苦を逃れられるはずだが・・・・・




信州川中島の風景 | 22:45:07 | Trackback(0) | Comments(0)
筋肉の老化
 またまた”恒例の”十人会旅行、例によって妙高サンシャインホテルに泊まってゴルフ、宴会、赤倉でのワラビ採り。連日の遊び疲れで眼はしょぼしょぼ、あちこち筋肉痛、アタマは朦朧としてようやく家へたどり着いた。


 去年の十人会以来だかから丁度一年ぶりにゴルフをしたことになる。使わなかったシューズはプレイ中に糸が切れてバクバクになるんじゃないかと心配したが何とか持ちこたえてくれた。クラブは錆びて打った途端にポキンと折れるんじゃないかと心配したが、これは「カーボンシャフトならポキンとはいかないよ」と言われて一安心。


 一番心配したのはこの身体だ。切れることも折れることも無いだろうが、クラブの握り方とかパターの使い方を忘れているんじゃないかと心配だった。その心配は杞憂だったが振り方は完全に忘れていた。一度身体で覚えたことは忘れない、というが自転車などとゴルフはまるで違うンですナ。地面を叩き、空を切り、右へ飛んだら次は左とボールはまるで酔っ払い状態、当然スコアの話はできない。


 野良仕事を毎日やっているから脚力と腕力は絶対の自信をもって臨んだが、野良仕事で使う筋肉とゴルフで使う筋肉は全然違う筋肉だということを再認識した。今までワラビ採りで脚力の心配をしたことなんてなかったのに脛の筋肉が痛んで困った。どうも昨日のボールが酔っ払ったのはこの一年の間に足の筋肉が老化して踏ん張れなくなったのが原因のようだナ。


 60台も後半になったら筋肉の老化が顕著になった。一年ごとに踏ん張りが効かなくなった。秋にどうってことのなかった脚立の上り下りが春になったら苦になってきた。まあ秋までには多少リカバリーするんだろうが同じレベルには戻りそうもない。ゴルフ筋の心配は止めて百姓筋だけは何とかしたいモンだ。7月になったからもう2週間もすればプルーンの出荷が始まるし3週間たてばモモの出荷も始まるだろうから。




「考えるワシ」の独り言 | 22:22:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。