■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かんてんぱぱガーデン
 年一回やる御厨公民館の研修旅行、今年は「南信濃路めぐり」と銘打って昼神温泉・木曽路(妻籠)の旅を(日帰り)で楽しんできた。参加者130人余、ハイデッカー3台を連ねて近年珍しい団体旅行だ。ルートは上信越道で塩尻へ、R18で妻籠宿を見物。昼神温泉で昼食をとって駒ヶ根の本坊酒造信州マルス蒸留所を見物し、伊那食品工業「かんてんぱぱガーデン」を見物した後中央道を走ってくるというものだ。


 研修旅行だからいろいろ勉強してきたが特に感心したのは伊那食品工業の「かんてんぱぱガーデン」だ。庭園を見物したというより工場見学というか、工場の外構を観たというのが正しいかも。というのは山中に本社や研究所、工場、展示場が配置され、その上美術館まであるのだ。むかし、シアトル郊外にあるマイクロソフト社を視察したことがあるが、ここは全く同じ構想でつくられている、のだと思う。


 「働く人々のために快適な職場を・・・・」というコンセプトで造られたというが、ワシは更に「消費者とメーカーが同じ目線で」という考えがあると思う。職場が公園と同じ、近所の人達が自由に楽しめる場所、地域でなかなか味わえない文化の香り、芸術家を世に出す場の提供・・・・


 ワシは近年「企業は地方にあるべき」という考えに凝っている。大都会にあるというのは役所との関係だけではないのか? 役所との関係というだけで本社があり、工場があり、そこで働く人々が住む!! ネットが発達していく世の中では物流をどうするかということが大切であって、情報は地方でも充分入手できる。働く人々も原料も、製品もクルマを使えば企業は山中にあっても構わない。地方にいてこそ人間らしく過ごせる。


 ちょっと身びいき過ぎるかな?! でも好い研修旅行であった。





 

スポンサーサイト
「考えるワシ」の独り言 | 19:43:36 | Trackback(0) | Comments(1)
50年前は
 高校を卒業して丁度50年目、ということで開かれた同期会。松代ロイヤルで一泊二日。参加者92名、先生もお一人参加していただけた。50年前に凡そ50人の9クラス、だから450人くらいいたはず。2割くらいの参加はなかなかいい数字だと思う。


 高校三年生の夏、甲子園に40数年ぶりの出場を果たした。夏まで応援に明け暮れたのが浪人した理由だ、と思うくらいあの年の甲子園の思い出は記憶に刻み込まれている。だから半世紀ぶりに顔を合わせたのが何人もいた。みんな同じ思いなんだと納得した。


 というのは「出てきた! 応援団長」。学生服に白手袋、学生帽をかぶって・・・ 齢はとっても流石に声だけは若々しい。懐かしい校歌、

    山また山

  山また山のはるかたに
  そびゆる白馬の雪の峰
  真澄める姿ぞ我らがいのち
  起てよいざこぞりて
  我に金鵄の光あり

  草木もなゆる真夏日に
  渦巻き流るる千曲川
  とまらぬ力ぞ我らがたのみ 
  起てよいざこぞりて
  我に金鵄の光あり

  仰れる空のきわみなく
  ふみゆく大地の果てしなき
  ゆたけき心ぞ我らがたのみ
  起てよいざこぞりて
  我に金鵄の光あり


 懐かしい応援歌・・・

    暁鐘の歌

  ああ暁鐘は鳴り響く
  ああ暁鐘は鳴り響く
  金鵄ヶ台に殷々と
  強き響きを伝えつつ 
  金鵄城下の朝ぼらけ
  眠れる魂を醒ますべく

  金鵄ヶ台の暁鐘に
  こもれる理想誰か知る
  美酒玉杯にふけりたる
  とう安の世を低く見て
  道を学び身をば練る
  若き男児を君見ずや
  

 うら恥ずかしき青春のひとこま・・・・・




「考えるワシ」の独り言 | 21:27:12 | Trackback(0) | Comments(1)
ポンプ操法大会
 朝から爽やかな風が吹いて「やっぱ 信州!」だ。夕べから一泊二日の高校同期会をやってきた。遠くは滋賀県、愛知県、新潟県、勿論東京からも大勢駆けつけたが、みんなの期待にもれず爽やかな信州を楽しんでくれたと思う。


 そんな中で長野市消防団が実施する第55回ポンプ操法大会が県消防学校で開かれた。今年は御厨の若い衆で編成している川中島消防団第三分団が小型ポンプ操法部門に出場した。消防技術の向上と体力練磨、士気の高揚を目的とするからこの川中島・更北を担当する分団が五年周期で順に出場している。大会は15地区からそれぞれ選ばれた15の分団が小型ポンプ操法部門に、ポンプ車操法部門は一つの分団、ラッパ吹奏の部門では九つの中隊が出場した。


 ワシも地元の消防団が出場するんだから当然応援にいってきた。日が上がるにつけギラギラと照りつける中で指揮者・三人の操作員と補助員が出場するが、勿論ポンプの設置やホースの片付けなど仲間全員が協力して成果を発表する。長袖の制服できびきびしてスピードのある動作、短時間で放水と的を射落とす技術・・・・ 流石に1ヵ月半もの間、毎朝5時から2時間頑張っただけあって良かったゾ。


 都合があるのでラッパ吹奏は応援せずに帰ったが夕方、結果報告会で聞くと4位に入賞したという。それに個人賞も二人が減点無しで獲得したという。6位までは二週間後に行われる北信地区の大会に出られるのだ。というわけで結果報告会はそのまま次の大会に向けた激励会になった。祝宴は出場者と分団全員、消防署などの関係者とで賑やかに行われた。暑い中での競技だったからビールは美味、美味かったに違いない、ワシも。




信州川中島の風景 | 22:46:30 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼動実績(6月度)
 中部電力から6月度の「電力量のお知らせを」を見て思わずニンマリとしてしまった。毎日毎日が晴れあがってしまい、暑い!暑い!だったから当然発電量はうなぎのぼりと思っていたからだが。

 先月の発電月報を見て ン?・・・・・

 コレだけ晴れていたのに発電量は歴代4位程度ではないか! 歴代1位の去年9月はやはり暑かった。2位の8月も強烈に暑かった。3位の去年6月だっておなじくらい暑かった。どの月も雨も降れば晴天もあった。不思議なモンだ。


(単位はKWh)
期間    使用電力量       受給電力量
      `12    `13      `12   `13 
4月分   284    291     349   350
5月分   211    313     405   396 
6月分   159    196     427   414
7月分   164           412
8月分   204           453
9月分   208           475
10月分   184           382
11月分   216           324 
12月分   333           238     
1月分    592          212    
2月分   476           216
3月分   419           270


 今年の7月~9月は発電量がどうなるか? 去年の例でいくと410KWh以上は出るはずだ? イヤ出るかな?






信州川中島の風景 | 21:26:02 | Trackback(0) | Comments(0)
雨乞い
 天気予報では午後から雨だと。出しっぱなしの潅水ポンプを片付けモモの袋掛けも川中島白桃を終え一区切りまで漕ぎつけた。こういうおまじないをしておくときっと降ってくれる。予定も無いので中野まで農業資材の買出しに行ってきた。長野市から北、中野市とか須坂市、飯山市などは農業でも特に果樹の栽培が盛んだ。だから長野市のDIY店では扱っていない材料が入手できるのだ。


 今回はブドウ棚用のワイヤを4本張るための資材。ブドウ棚を作る(何を今更)ために単管に針金を固定する金具4個、針金をピンと張って固定する金具4個。次いで漏斗などとかこまごまとしたモノ。それから水遣りをもっと簡単にするための資材。良いのがあるかどうか。


 去年、同じ店でブドウ棚に吊って上から潅水するスプリンクラーを物色したことがある。ブドウは水を切らさないのが大切なことだ。小さいプラスティック製の大したことの無いスプリンクラーを使って設備するのを積算したら目の玉が飛び出る値段になって諦めたことがあった。今回は小さい穴の開いたチューブを地面に置いて下から水を撒くシステム!を考えた。2列の穴あきチューブを穴なしホースでポンプにつなぐ。これはかなり安いはずだしブドウでもモモでも庭木でも使える。


 25ミリのホース(150ミリおきに小さな穴が千鳥に空いている)が100メーターで2,380円、ポンプから繋ぎまでの穴なしホースが10メーター1,780円、ポンプの中継金具650円、穴なしホースと穴あきホースをつなぐ部品2個500円、ホースバンドが2個一組で4組1,640円、フィルター2個で380円、穴あきホース端を閉じる部品2個168円、合計7,498円。


 以上の部品を使うと例えば3列に植えてあるモモの樹間に、3メーター巾で2列を畑の端から端まで(最大50メーター)簡単に潅水できる。半日エンジンを回しておくだけで潅水終わり!! 何とスゴイお徳用のシステムではないか。


 店を出るときから降り始めた雨が高速道路を走っている間、結構な降り方をした。降りてからもシトシトと好い降り方をしている。予報では夜半まで降るという、素晴らしい雨乞いの成果  でも夏の間とか、来年とかきっとこのシステムの活躍するときがやってくる(はずだ)。




果樹栽培 | 19:03:57 | Trackback(0) | Comments(0)
御厨公民館、逆転優勝
 ちょっと長い梅雨の中休みの一日、第27回川中島町地域公民館対抗ソフトボール大会が開催された。これは川中島町にある26の地域公民館が市民の親睦を図り行われる球技大会のひとつだ。他に野球とバレーボールの種目がある。


 地域公民館というのは住んでいる住民の(多少はあるが)社会教育、福祉や健康を推進するための施設だ。川中島町にある地域公民館が連合して開催するのがもう27回目だと。御厨公民館はこの二年間優勝から遠ざかっていたが優勝候補の筆頭だ。26公民館のうち19公民館が参加した。


  第一回戦   今里27 vs 北河原4     今里
           みくみ11 vs 国道昭和4   みくみ
           長峰11  vs 本町9     長峰
           阿弥陀堂1 vs 若葉町20   若葉町

  第二回戦   上村1 vs 南原16      南原
           四ツ屋4 vs 北原6     北原
           古森沢団地 vs 新田    不戦勝で古森沢団地
           於下2 vs 古森沢23    古森沢

  第三回戦   今里30 vs 神田1     今里
           みくみ4 vs 中島7    中島
           長峰3 vs 御厨22     御厨
           若葉町10 vs 寺町5    若葉町

  第四回戦   今里6 vs 南原14     南原
           中島9 vs 北原8      中島
           御厨16 Vs 古森沢団地2  御厨
           若葉町14 vs 古森沢5   若葉町

  準決勝    南原21 vs 中島2     南原
          御厨12 vs 若葉町8    御厨


  決勝     南原10 vs 御厨19    御厨


 勝負は時のウンというが、ウンは気まぐれ。「ウンの女神は後ろ髪がない」と兄が言っていた記憶があるが、気が変わってしまえば捕らえどころがない。どうやって女神の気をひくことができるのか。その難しさを決勝戦で再認識をした。


 試合時間一時間、または5回戦までという制限のあるなかで3回裏まで御厨は良いヒットが出れば真正面、敵が打つのはうまく守備をすり抜けるということで4点差をつけられていた。それが4回の表、どういうわけか一塁へランナーが出た(何かの用でちょっと目を放した隙に)。それからは打つボール、打つボールが皆ヒットになる。それまでと全く逆の形勢になって、あっという間に点差をひっくり返してそのまま逃げ切ってしまった。ちょっと眼を放した隙に勝負の女神は見ている先を変えてしまった。


 それにしてもこのカラカラ空梅雨の中でオテント様に照らされたその後で、飲んだ勝利の美酒の美味かったことよ・・・・・

 



     

信州川中島の風景 | 19:53:54 | Trackback(0) | Comments(0)
干天の慈雨
 午後になって南西の山の方向から黒い雲が流れてきた。川中島音頭に「・・・・・ひじり(聖山)が曇れば雨となる・・・・・」という文句がある。このところの天気予報はずっと「晴れて暑い」という言葉しかないようなので雨は期待していない。昨日だって「夕方ところによりにわか雨」と言っていたのに降らなかった。


 もうカラカラに乾いてしまって、流石の雑草まで枯れそうな風情だ。従って野菜に少々水遣りしてもすぐ乾いてしまうし、果樹のほうも潅水ポンプを持ち出して毎日撒いている。ホースを持って散水すればそれだけで一人前かかってしまう。スプリンクラーのあるのを思い出して、電工ドラムで電気ポンプを回して使ったがこれはあり難かった。時間はかかるが直径10メーターくらいは勝手に撒いていてくれる。


 次第に広がってきた黒雲に期待する気持ちと、どうせ降ってはくれねえという諦めの気持ちで複雑な思いだ。ポンプを片付けるかどうか迷ったが、ブルーシートだけ持ち出しておいた。幸いなことに大粒の雨が降り出して、濡れながらシートをかけたり川からポンプを引き上げたり・・・・ 


 晴天が一週間続いたら20~30ミリの潅水を定期的にやれという。1平米に30ミリの水というのは300リッタ必要だから1アールでは3000リッタ?! 樹冠の下だけと考えても散水するには相当の量だが、ちょっと雨が降っただけでも相当量の雨水が空から落ちてきたことになる。自然の偉大な力というところか。ゴロゴロ雷が鳴った割に夕立はすぐ止んでしまった。もう少し降ってほしかったというのがワシの正直な気持ちだナ。




「考えるワシ」の独り言 | 19:04:13 | Trackback(0) | Comments(1)
立ち止まって考える
 仕事に追われている。いくつも予定が入ってきてイライラしながら目の前の仕事を片付けている、といっても野良仕事の話だが。

  ようやく草刈りは終えた
  なんとかモモの荒摘果は終った

  リンゴの摘果が先か、プルーンの方か
  キュウリとトマトの棚つくり
  ゴーヤでみどりのカーテンを
  野菜畑は草畑に変貌してきた

  庭の草取り、庭の手入れ
  もう潅水しなけりゃ粒は伸びない
  モモの仕上げ摘果

  鳥害対策にネット張り
  プルーンの枝折れ対策には帆柱をたてる
     :
     :

 朝5時には起きて畑に出る。ふと気がついて家に帰り朝飯だ。暑くなる昼間は雑用、昼寝ができない。ああ、疲れた。


 涼しい風に吹かれて考えた。走りながら考えているとアレもコレもと頭の中がだんだんに煮詰まってくる。顔が引きつってきて表情が乏しくなる。笑いが出ない。心臓がどきどきしてくる。どうしたら良いのか!


 こうやって書き出しておいて短時間で出来ることから始めることにした。夕方からキュウリとトマトの棚つくり。薄暗くなるまでかかってしまったが納得できる棚ができた。それから3日ほどサボっていた水遣りをしてやると野菜がヤレヤレといっているのが聞こえる。お辞儀をしてるじゃないか! マアこれは水をもらった葉っぱが重くなって垂れただけだが・・・・・

 余り先のことは考えないで、とりあえず簡単にできることからやる。明日の朝は野菜の水遣りとゴーヤでみどりのカーテンつくり、それから昼寝!!! 何とか乗り切れそうな気分になった(かな?)。




「考えるワシ」の独り言 | 22:23:07 | Trackback(0) | Comments(0)
昭和小学校 第87回運動会
 少し早いかなと思うが、梅雨の中休みの中で我が母校の運動会。耐震化工事が明日から始まり二年間は現状の校庭でできなるというし、折角ご案内もいただいたので応援しに行った。87回というとワシが生まれる20年前から始まったという運動会、残念ながらワシの在校したときの運動会の思い出は全く残っていない。


 秋の大運動会、春の小運動会と二回やったと思うが、長野市の小学校は一回だけこの時期にやるらしい。今の南校舎はワシの頃から2代目、二階建ての木造校舎から3階建てのコンクリートに代わっている。生徒数が700数十人(正確な数は覚えていない)という大規模校だがそれでも共和小学校が出来るまで1000人を超えていた。27年からは3代目の校舎で勉強することになるわけだナ。


 平均一学年120人くらいいる計算だから、かけっこは6人一組で走ると20組になる。親御さんたちからすると「わが子はいつ走るか」と見ていると思うが、6学年分を見ているとワシは「未だ走るのか!」などつい不埒なことを思ってしまった。それでも一生懸命、楽しく、真剣に走る子ども達を見ると思わず「頑張れ!」と声を出したり拍手をしたモンだ。

 
 これから「霧の川中島」の表現や(花の)1~6年男子リレー、同じく女子リレー、応援合戦、大玉送り、決戦!川中島2013(騎馬帽子取り)、綱引き、組体操、竹引きなど団体戦があり大いに盛り上がるところであるが、野暮用で帰らざるを得なかったのが残念だ。




信州川中島の風景 | 21:17:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。