■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気分は好いのに
 素晴らしい一日だった。晴れ上がって暑いほどだが、空気は澄んで清々しい。半分開き始めたリンゴの木の下で耳を澄ませばあちこちでミツバチが花から花へ飛んでいる羽音が聞こえる。眼を凝らせばミツバチだけでなく名も知らない小さいムシがこれまた花のなかにアタマを突っ込んでミツを吸っている。


 早朝から4箇所もの堰掘りに駆りだされてみんなでワヤワヤとゴミや石や藻などを掘りあげて来た。疲れているはずなのに家の中でウジウジしている気にならない。しなきゃならんことはあるのに、そんなことを忘れて庭から畑へとうろうろしてしまう。気持ちの好い一日だった。


 そんな気分を写真で伝えたいと思うが残念ながらデジカメが不調なのだ。撮った写真がみんな真っ白になってしまう。娘が使わなくなったのを引き取ったカメラだからもう寿命なのかとも思うがもったいないから直してもらおうかとも思う。


 というのも機会いじりが趣味の知人がワラカッターなるものを持ち込んできて大事なワシのへそくりを使い果たしてしまったからだ。これは乾燥防止に果樹の下に敷きこむワラをカットする機械で欲しかったから仕方がないのだが、彼はワシが耕運機も欲しがっているのを知っていて良いのを見つけたから持ってくると言っている。あるとき払いの催促なしと言っているくらいでとてもデジカメを更新する余裕が無い。


 ワシの携帯電話のカメラ機能は拙い文章を補って好い気分を伝えるにはとてもムリだ。こうなればブログ訪問者に我慢をしていただき、想像をかきたてながら読んでもらうしかない!


 ゴメンよ、カンベンな。






スポンサーサイト
「考えるワシ」の独り言 | 21:54:09 | Trackback(0) | Comments(0)
寒くて困ったが
 引き続き「遅霜予報」が言っていたとおり今朝も霜が降りていた。ようやく日中になって気温があがったので「もうこのチャンスしかない」とモモの人工授粉に再チャレンジした。何しろ第一回目の受粉をやった直後に異常な寒さが襲来して数日、冷蔵庫に保存しておいた花粉も心配だしここで二回目をやらないと花が終わってしまう。畑に出たらどこの畑でも花粉付けをやっていた。みんな心配していることは同じなんだな。


H250423ボケ霜害 ボケをみたら気の毒に霜にやられてアバタだ。あの輝くような白い花がこんなになってしまった。

H250423分蜂ミツバチ見逃し


 やれやれと久し振りに庭を回ったら何だかハチの巣箱が騒がしい。巣箱の入口付近と窓の二箇所にハチ玉が出来て、その周囲をブンブンと飛び回っている。「スワッ これは分蜂の兆し」と急いで空の巣箱や巣枠をかき集め、面布をつけて来て見たらもう静かになっていた。??? 箱を開けてみたら数が随分少ない。あたふたしている間に飛び去ってしまったらしい。

 いつぞやは5月連休中にラン  と巣箱を持ってハンティングに行ったことがあった。その頃までには未だ一週間もあるというのに・・・・  逃した魚は大きい。寒暖を繰り返している間に女王蜂が産卵してもう分蜂の時期になってしまったんかしら。冷え込む前に新居が見つかればいいのだが。ワシんとこにいれば巣の心配なんか無用なのに、気の毒なことをしたモンだ。





信州川中島の風景 | 22:10:18 | Trackback(0) | Comments(0)
この天気では・・・
 震え上がった。恐怖ではなくて寒いから。昨日二回目の花粉付けをしようと思ったが冷たい風が強くて、これならモモの花が熟すのが少し遅れるだろうと、それから冷蔵庫に入れた花粉ももう一日くらいなら何とかなるだろうと悠長に構えた。それが今日は冷たい雨が降り始めてとても人工授粉なんぞやっている状況ではない。

H250420プルーン、リンゴ、モモの花盛り

いやはや、マイッタ、参った。一昨日夕方、配り物をしてまわっている時に知り合いがあたふたと軽トラで出掛けるところに出会った。聞くと遅霜警報が出たのでこれから燃やすも(ロウソク)の準備をしに聞くんだと。気温の下がる夜半から朝にかけて畑の中、数箇所で太~いロウソクをもやすのだ。昔は古タイヤなどを燃やしていたようだが今はもっぱらロウソクを使うんだそうな。そんな準備をしていないワシは手をこまぬいているしかない。それから今朝の状況だ。

H250421突然の大雪

 腰を抜かしそうになった。亡くなった母が自分の女学校の創立記念日(4月25日)に雪の降ったことがあると言っていたがそれに並ぶ遅い雪だ。今年のモモはどうなることやら・・・・
 明日は気温は上がらないが晴れると言う予報なので、ダメ元でもう一度受粉を試みるかなア。


 今日はお寺で

     法然上人八百年大遠忌法要
       本堂屋根落慶
       陽譽霊堂上人五十回忌
       霊譽好文上人二十三回忌
       明譽春甫入山式




信州川中島の風景 | 18:19:34 | Trackback(0) | Comments(0)
さあ、受粉作業始まりだ
眼に入るのは花粉ばかりではなかった。風が出てきている中で野菜畑の草取りをしたら土が眼に入ってしまった。眼がゴロゴロして具合が悪い。花粉症用の目薬を注したら良くなった。


 暖か過ぎて、平年に比べて10日も進んでいるという。前の畑は建物に囲まれているモモはもう満開。白山の方は風が通るので三分咲きくらい。この暖かさはは明日までで明後日から気温が下がるという。そうなると開葯作業をするのは今日しかない!

H250417モモの花を摘む 朝飯前につぼみを採る。つぼみは膨らんだのが好くて、花が開いてしまうもう遅い。風船に少し空気が入ったくらいのつぼみを採って広げた傘の中に落としていく。手かごに三分の一くらい採った。

H250417開葯 農協で開葯器を準備している場所へ持ち込んで機械でゴリゴリと花びらや蔕、雄しべや雌しべなどを葯と振り分ける。葯と言うのは雄しべの先端にある花粉が入った殻のことだそうな。

H250417開葯器 皿の上に葯を薄く満遍なく広げ開葯器に入れて24時間保温すると葯が割れて!花粉が出てくるという仕掛けだ。明朝、同じ時間に農協へ行って花粉を持ち帰る(勿論、開葯器を使うのは有料だ)。花粉は生き物だから時間をおくと死んでしまう。だから明日は暖かくなって風の出る前に受粉させてまわらなきゃ。






果樹栽培 | 20:59:28 | Trackback(0) | Comments(0)
初々しさ
 22度にもなろうかという一日になった。花粉が極めて多量に飛ぶ、という予報であったが幸いにして先日眼科でもらった花粉症の薬を注しているので眼は大丈夫だ。午前中に谷村先生に稽古をつけてもらってきた。そこで花粉症で悩む先輩の話しを聞くとワシも共感して先輩と悩みを分かち合うことが出来た。ひとまわり成長したというもんだ!


 最近の混みあったスケジュールも一段落して少し気持ちも落ち着いてきた。来週末をやり過ごせばずっと楽になる。ミツバチの巣も見てやることができた。とりあえず巣枠を別の巣箱に移し変えてお掃除をしてやった。来週中には巣を整形してすっきりしてやりたい。


H250414チューリップの蕾 午後出てきた風でサクラの花びらが舞い始めた。上を向いていた目線を下に向けたらチューリップが目に付いた。まさにこれから咲き始めるという初々しいつぼみだ。


H250414白ボケの蕾 花に赤が混じったボケは早い時期から咲いていたのでもはやウバザクラというところだが、白のボケはこれから咲き始める。八重の花はポッテリとしてとても可愛いですネエ。


H250414嬰児 これは我が家のつぼみ、嬰児だ。オギャーと生まれて3週間そこそこ。人間は可愛らしく初々しくなるまでに時間がかかる。その分、ずっと長く楽しめるわけだ。憎まれ口を叩くようになるまでの数年間だが。





信州川中島の風景 | 17:14:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所、稼動2年目に入る
 ヒーロ発電所もいよいよ2年目の稼動に入った。この発電所は地震も津波の心配も無くて目下、順調に稼動している。これからの稼動実績調査の関心は決まった時期(期間)で発電量がどのくらい変わるか?だ。

 4月で見る限り寒い日が多かったのが原因と見られる電力の使用量が2.5%増えてはいるが、発電量は殆ど変化が無い。余ほど天気が不順でもない限り発電量が殆ど変わらないのか? 面白いデータになりそうだ。


(単位はKWh)
期間    使用電力量       受給電力量
      `12    `13      `12   `13 
4月分   284    291     349   350
5月分   211           405 
6月分   159           427
7月分   164            412
8月分   204           453
9月分   208           475
10月分   184           382
11月分   216           324 
12月分   333           238     
1月分    592          212    
2月分   476           216
3月分   419           270





「考えるワシ」の独り言 | 23:04:55 | Trackback(0) | Comments(0)
サクラ2題
 心配された低気圧もワシんとこでは雨がたっぷり降ってくれて風も大したことが無かった。そしてこの暖かさ、汗ばむほどなのでウチのコヒガンザクラが満開になった。カイガラムシだ真っ白になっていた木肌がオイルを散布してやったので黒々になった。気の所為か元気に咲いているようだ。


H250408コヒガンザクラ 「サクラ切るバカ、梅折らぬ馬鹿」余り品の良いことわざではないが、確かにサクラを切るとその枝の元気が無くなる。元気がなくなるどころか、枯れてしまうことだってあるんだそうな。ワシも細い内枝を切ったがその枝は花の数がとても少ない。切ったらそこにトップジンをすぐ塗ってやったらどうなんかな? そのことわざは枝を切ったら華やかさが落ちるとかボリュームが無くなるから切るな、という意味もあるかも。


H250408ソメイヨシノ ソメイヨシノが満開になっている、という情報をもらったので見てきた。建物の南側で日当たりが良く北風もあたらないところなので早く咲いたんだろうと思う。城山公園などの名所は今日あたりでようやく開花というところだろう。吉野山のサクラを見たいもんだ、というのは今、仕舞で「吉野天人」を練習しているからだが。





信州川中島の風景 | 18:41:46 | Trackback(0) | Comments(0)
ついにやってきた
 急に暖かくなった頃から眼に異常が出てきた。


 最初は強度のストレス!からくる不眠症で眼がしょぼしょぼするのかと思って、ストレスコントロールと安定剤を呑んでいた。しょぼしょぼする眼をこすっているうちに痒くて困るようになってしまった。


 聞いてみるとこれは花粉症の最たる特徴なんだそうな。ついにくるものがきた。今までは花粉症などは余所の国の話しかと笑っていたのがついにきたのだ。痒いとおもって眼をこするとドンドン痒くなってくる。こするとますます痒くなるんだ、といわれてももう遅い。こすり倒してしまった。


 雨の予報が出ているので少しは楽になるかとおもったが改善は全然みられない。今はいい薬があるから医者にいって診てもらったら?と言われたが今日は土曜日、明日は日曜日だ。


 花粉症でこれから毎年苦労するよ、なんて嬉しくない予言をもらってホントに憂鬱な毎日である。




「考えるワシ」の独り言 | 22:34:52 | Trackback(0) | Comments(0)
黄花3題
 この二日間は上々の天気(時期外れながら)に恵まれた。生き物が一気に動き始めた。そんな中で昨日は入学式、ピカピカの一年生が緊張して式に臨んだ。可愛いなあ。

H250404昭和小入学式玄関 午前中は小学校の、午後は中学校の入学式。確かむかしは午前中に式をやったので会社を休んで片方ずつ親が参列した、という記憶がある。親が休めない時はどちらの式に出るか気を使ったもんだ。こういうふうに時間をずらしてくれると助かるんだなあ。どういうわけか、椅子に座って式を見守るのは母親、父親はその後方でビデオカメラを構えて撮影係に徹すると言う構図は小学校も中学校も、入学式も卒業式も同じだった。


H250405サンシウ サンシウは春早い頃に咲く。ウンと寒くてその後一気に気温が上がると早く咲く花は遅くに、遅れて咲く花は早く咲くんだそうな。というわけか庭ではサンシウとレンギョウが一度に咲いている。


H250405レンギョウ満開 レンギョウの面白いところは花が咲いている間に緑の葉っぱが出てきて、ただ黄色いと言うんじゃなくてその緑とあいまった美しさを楽しめるところだナ。


H250405スイセン あちこちに植えっぱなしのスイセンは葉っぱが多いわりに花が少ない。これはきっと植え替えを全然やっていないためだろうと思う。その上、植え替えたのも葉っぱも花も小さい。それはきっと肥料が少ない所為だと思う。自分の不精さを考えるとそういう筋書きになる。




信州川中島の風景 | 18:56:40 | Trackback(0) | Comments(0)
4月1日
 4月1日、エイプリルフール。


 朝、布団の中で「どんなウソをつこうか」と考えてみたがいいアイデアが出ないまま起き出した。そうなると「もう アカン」、あれも、これもとやっている間にすっかり忘れてしまった。今頃になってエイプリルフールをやっても何か白々しい。今年は止めた。人間、余裕の無いときにはやっぱ余裕の無いことしか出来んのだ。


H250401帆柱の威容 昨日、しっとりと春らしい雨が降ったので畑の樹の芽がすっかり膨らんできた。雑草も元気になったので叢生栽培の園地がふっくらとしている。もう草刈りをしなきゃイカンくらいだ。帆柱が立ってしっかり枝を支えていてくれるのが頼もしい! こうやって枝を吊っているので木の下を乗用モアで草を刈るのが楽なのだ。手間をかければかけただけ、金を投入すれば投入しただけのことはあるのだが。




果樹栽培 | 18:05:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。