■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
春は近い
 今朝はまたよく冷え込んだ。昨夜はそれほどの雪ではなかったが冷え込みは厳しい。それだけに晴れ上がった空は目にまぶしい。そう、こういう雪を反射して光は眼に悪いんだな。だから野良仕事をするのにサングラスをしている人をよく見かける。


H250225雪の中の百合? 長靴は履いて久し振りに庭を歩き回ったら、去年移植したユリ?かスイセン?が葉っぱを伸ばしていた。秋、畑仕事に邪魔な球根を掘り取って邪険に植えたのが、その扱いにもめげず元気だった。雑草に負けずに花を咲かせてね!


H250225フキノトウ たしかフキノトウがポッテリと芽を出していたところへ行ってみたら雪の下でまるで見えなかった。確かここにもあったなあと行ってみた。あった、あった。さっき見に行った所はもっとポッテリとしていたから、雪の下から掘り出してフキミソにしたらほろ苦くて美味いと思う。早く芽を出したフキノトウのほうが大きさといい苦さといい、一番だな。






スポンサーサイト
趣味・道楽、そしておとこの遊び | 21:27:18 | Trackback(0) | Comments(0)
大雪に悩む
 夕べは月が煌々と照り星がチカチカとして冷え込みが予想されたが、起きてみると再び白銀の世界に戻っていた。用事があって今年度最後のゴミ拾いパトロールは中止となったが、用事があって地域を一回りしてきた。クルマだからと短靴で出掛けたが、降りて家をまわる段になると短靴では雪に埋まってしまいそうになる。仕方なしに家に帰って長靴に履き替えて出直した。厳寒時の雪は歩くとキュッキュと鳴るが、この頃はギュッギュという音がする。


 日曜日でそれも8時頃だったから、それぞれの家の前の雪かきをしていない家もあったが、玄関くらいまで雪かきを済ませた家もあった。それでもあちこちに家の前だけでなく、敷地の前の道路まで雪かきをしてあるところがあった。客商売の人が店の前や駐車場をきれいに雪かきするのは当たり前だが、近頃は「家の前でさえ雪かきをしねえから登校する子どもが難儀している」と言う声は流石に聞こえなくなった。それというのも齢をとって雪かきに難儀している人が多いということだ。


 それでも早起きして道路まで雪かきをしている家庭がこんなにあるとは思いもよらなかった。側溝のあるところは側溝に落としたり、そうでないところは邪魔にならないところに寄せていてくれるから歩くのは勿論、クルマの方だって大助かりだ。雪かきがそうやって出来ているところはきっと「家の前くらいは雪かきをするのなんて当たり前、昔は学校までみんなでかいて行ったもんだ」と力を合わせてやっているんだろう。そうは言ったって「隣りがやるからサボっていると何を言われるか・・・・」なんていう人もいるかも知らん。


 ワシんとこは隣りが整骨院でいつもきれいに雪かきをしている。わしも通院する人が難儀したらイカンと思ってはいるが、流石に道路が長いし、北の家際には側溝もないので道路に放り出すしかない。「退職し田舎へ帰れば青年部」だからおおいに公徳心を発揮したいと思うが、今年のように雪が多ければ気合だけではなかなかできない。残念ながら! 今日一日雪に降り込められたから明朝は大変だ、でも平日だから何とか・・・・







「考えるワシ」の独り言 | 18:45:10 | Trackback(0) | Comments(2)
たまげた
 「たまげた」と入力して漢字変換したら「魂消た」と出た。タマシイが消えるほど驚いたと言うことだが、

    tamasii ga kieta
       ↓
    tasiigakieta
       ↓
     tamageta   

 「なるほど、こういうことか」と一人合点したが、今日はホントに魂消た。というのは随分久し振りに権堂へ飲みに出掛けた。始めたのは午後6時半、其処を終えて次のスナックへ行ったのが8時半頃。今日は日中は暖かかったがその頃、店を出た時は「アラッ 雪が降ってきた」という程度だった。スナックを11時過ぎて外へ出たら「エッ こんなに降ったの!?」と言うほどの大振りだ。ほんとに魂消た。


 ワイパーを動かしているとウインドガラスに降った雪が融けて雨のようだ。道路は前を走った轍しか見えない、勿論白線なんか見えるわけが無い。クルマの通りの少ないところはその轍すら見えない。駐車しているクルマは雪にどっぷり漬かっているようだ。犀川を渡ったら少し雪の粒が小さくなったような気がするが、振り方は同じだ。


 こんな降り方は何年も見た記憶が無いくらいだ。明日は土曜日、休みでヨカッタ。マア 毎日が土曜日だから関係ないが、仕事で出る人には気の毒だ。ホントにタマゲタ降りだ。



信州川中島の風景 | 00:41:25 | Trackback(0) | Comments(0)
雪の降る日は
H250218雪の降る日は

 終日、止む気配がまるでないまま雪が降り続いた。こういう日は溜まったデスクワークに限ると始めたところで、孫がやってきた。自分ではきっとジジの仕事を手伝ってやろうと思っているのか、パソコンの前を占領していじり倒している。


 折角の一日が・・・・・  
しかし、可愛いですなあ



「考えるワシ」の独り言 | 22:48:32 | Trackback(0) | Comments(0)
素謡会と長野灯明まつり
 謡うのは随分久し振りな気分で二月素謡会へ行った。久し振りな気分というのも道理で、去年の温習会以来だし、稽古も先週は休んでしまったからだ。顔を合わせた先輩から「随分久し振りですねえ」と。


 本日の番組は五番、

     高  砂 
     田  村
     小 鍛 冶
     玄  象
     鞍馬天狗

この5月に別会があるが、今回は特に記念の会(いずれお話しましょう)なので音あわせをしておこうということだな。別会ではワシは「高砂」と「玄象」の地謡、「花筐」ワキツレを謡うことになった。「花筐」の稽古は別にやることになっている。今日はロクな謡が出来なかった。しりゃそうだ、謡っていないから咽喉がこなれていないんだから。

 素謡会の後の反省会(一杯会)は例によって会費1000円!、結構いい気分にはなった。帰り道すがら善光寺とその門前町でやっている「長野灯明まつり」を見てきた。第10回になるんだと。この時期にやるのは長野冬季オリンピックを偲ぶという意味があるのだろうと思うが、お月さんが煌々と冴え渡って、空気はキリキリとして正しく信州の冬だなあ。

H250217素謡会と灯明まつり


 そういえば数年前にも素謡会の後、見て帰ったことを思い出した。あの時もソバを食べて帰ったが、今日もソバを食べる、これは当然だな。写真も山門だったような気がする、これは進歩がないなあ。






謡曲・仕舞 | 21:51:48 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼動11ヶ月報告
 ヒーロ発電所の2月分について中部電力から通知が来たので11ヶ月についてまとめてみた。


  期間    使用電力量  料金  (前年同月) 一日当り  受給電力量  受取り   一日当り
3/14~4/12   284KWh  7,243円        9.5KWh   349KWh  14,658円  11.6KWh
4/13~5/15   211KWh  5,581円 (470KWh) 6.4KWh  405KWh  17,010円  12.3KWh
5/16~6/13   159KWh  4,431円 (345KWh) 5.5KWh  427KWh  17,934円  14.7KWh
6/14~7/12   164KWh  4,573円 (303KWh) 5.7KWh  412KWh  17,304円  14.2KWh
7/13~8/13   204KWh  5,563円 (310KWh) 6.4KWh  453KWh  19,026円  15.6KWh
8/14~9/13   208KWh  5,649円 (330KWh) 6.7KWh  475KWh  19,950円  15.3KWh
9/14~10/14  184KWh   5,093円 (337KWh) 5.9KWh  382KWh  16,044円  12.3KWh
10/15~11/13  216KWh  5,526円 (348KWh) 7.2KWh  324KWh  13,608円  10.8KWh
11/14~12/13  333KWh  8,552円 (359KWh) 11.1KWh  238KWh   9,996円   7.9KWh     
12/14~1/16  592KWh  14,712円 (716KWh) 17.4KWh  212KWh 8,904円   6.2KWh    
1/17~2/14   476KWh 11,793円 (576KWh) 16.4KWh 216KWh  9,072円   7.4KWh


 毎月お天気は変わるし請求の日数も違うので、一日当りでみるとこの11ヶ月のお天気の状況もわかるというもんだ。一日当りの発電量が一番多かったのは8月、続いて9月ということになった。これは猛烈に熱かった夏を思い出せば肯ける。冬になったら急に発電量が少なくなった。これも早くから雪が降るようだったことで判るなあ。

 こういうことから3月はどうなるか? 毎日しっかり曇ったり雪が降っているから多分最低の発電量になるか。そんな発電量なのに使うほうは1月、2月でたっぷり使ってしまった。そうなると収支が赤になったのは11ヶ月中の2ヶ月、これはどう評価するのか? 昨年同期より使用量は減っているので(理由がわからないが)省電力という意識が高まったと言って良い・・・・!

 ウ~ 眼がチカチカする





信州川中島の風景 | 23:00:50 | Trackback(0) | Comments(0)
春の淡雪
 ようやく午前中だけ雑用に患わせられない時間ができたので、勇んでプルーンの剪定に出掛けた。合戦場のモモは未だ剪定にかかっていないが、こちらのプルーンはモモより出荷が早いから、というわけだ。マア、どちらも急いで剪定をしなければイカンのは同じだが・・・・


 始めて一時間ほど経ったら雪が降り始めた。天気予報は午後から確率が高くなっていたが、当ったなあ。その降り方がスゴイ。カメラを取りに帰っている間にドンドン積もっている。こりゃ仕事にナラン、もう剪定は中止だ。


H250215剪定中に雪降り


 今頃のベタベタ雪はドンドン降って、あっという間に融けるから晴れれば再開できるが明日も半日だけだからな。なかなか終わらせられない。




果樹栽培 | 11:58:59 | Trackback(0) | Comments(0)
第21回長野能
 「第21回長野能」は長野観世九皐会創立百周年記念と銘打って今日開催された。明治45年初世観世喜之師を迎えて発足してから100年というからこれはスゴイ。丁度今回の長野能の実行業務を長野観世九皐会がやったので盛大だった(第8回までは主管会が主催したが9回からは各職分が主催してやっている)。


   翁    翁      観世 喜之(三世)
         三番叟   野村 萬斎
         面箱    中村 修一
         千歳    古川  充
             大鼓   河村  大 
             脇鼓   清水 和音
             頭取   大倉源次郎
             脇鼓   飯冨 孔明

   連吟   賀茂
   連吟   葛城

   狂言   末広かり
         果報者   野村 万作
         太郎冠者  高野 和憲
         すっぱ   竹山 悠樹

   仕舞   高砂     関根 祥丸
        田村     松木 千俊
        羽衣     武田 友志
        熊坂     五木田三郎  

   能    安宅  勧進帳 滝流
         武蔵坊弁慶 観世 喜正
         富樫    則久 英志
         源義経   古川穂奈美
         山伏    奥川 恒治
         山伏    遠藤 喜久
         山伏    馬野 正基
         山伏    佐久間二郎
         山伏    鈴木 啓吾
         山伏    桑田 貴志
         山伏    遠藤 和久
         強力    石田 幸雄
         富樫下人  深田 博冶
             大鼓  河村新之助
             小鼓  大倉源次郎      
             笛   藤田六郎兵衛


 地謡の顔ぶれは書くのを省略させてもらったが老若男女を取り混ぜて素晴らしい顔ぶれだし、曲目も百周年記念ということで祝言の曲が並んでいる(ということだ)。

 「翁」はワシは謡で一度しか聞いたことが無い。あれは先生のお宅での謡い初めのときだったナ。別室で出演者は米を噛んで火打石で清めてから謡ったそうでびっくりした。今回は観世喜之師の「翁」と野村萬斎師の力溢れる「三番叟」で祝言曲として素晴らしかった。

 仕舞はワシも習った曲があるから(こそ)先生方の舞いを楽しめたし勉強になった。「安宅」は良く知られた曲だし大勢の山伏と観世喜正師の弁慶は迫力があって、歌舞伎より面白かった(面白いと思う)。


 今日は好い一日だった。









謡曲・仕舞 | 23:47:42 | Trackback(0) | Comments(0)
春の足音
 日に日に陽射しが長くなって今まで余り感じなかった陽射しの強さを感じるようになった。今朝も「レ レ レ」と思ったことがあった。南斜面の雑草が「いやに黒っぽいなあ」とよくよく見たら「なずな」が葉っぱを伸ばしていた。未だ延びきっていない葉っぱが濃い緑っぽいので黒く感じたのだ。小さな小さな蕾がついていて間もなく花が咲きそうだ。


 昔むかし、人間は次第に強くなる陽射しを感じて太陽の再生を信じたとか。今朝、ワシは古代人の気分になって南斜面の雑草に見入った。間もなく花が咲いて春がやってくる。もうすぐだ。




「考えるワシ」の独り言 | 23:52:14 | Trackback(0) | Comments(0)
立春を過ぎてくる鬼
 またまた気味が悪いほど暖かい一日だったが、やはり午後になるとパソコンを放り出して畑に出掛けた。こういう暖かい日になるとカラダが我慢してくれない。冬の間にボケてしまったカラダをウオーミングアップしなけりゃイカンからなあ。

H250207モモ枝に食い込んだマイカ線

 たかだか3ヶ月ほどのご無沙汰だったのに樹が更にたくましくなっている。枝が真っ直ぐ伸びるようにと添え木していたのが、ワイヤが食い込んで痛々しい。それだけの間に太っていたんだな。冬の間食っちゃ寝していて太ったんじゃなくて、寒風にさらされ歯を食いしばって必死に耐えていたこの苦労がこうやって樹を太らせたんだナ。


 樹木の世界も娑婆世界と同じで、苦労すればするほど時来たるといっぱいに花を咲かせるんだなあ。端で見ていると樹は陽の長さを感じて間もなく我が世の春を予感しているように見えるが、樹としたらそんなことは気がつかずにいつか来るだろうその時を待っているだけなんだナ。


 そんなモモの樹だが、枝によって蕾がいっぱい付いているのとのっぺりしただけの枝もある。これを枝の素質だけだな、なんて思うと可哀そうだ。たまたま出た場所がそういう環境をだったんだな。そういう枝をパチンと切ってしまうワシはさしずめ非常な鬼だナ。





果樹栽培 | 21:45:28 | Trackback(0) | Comments(0)
確定申告迫る
 毎年、今頃は確定申告の書類作成でアタフタしている時期だ。今日も雪が降っているのを幸いに取り掛かった。去年の内に青色申告の必要な会計書類は出来ているから、医療費控除と一緒に書類を作るのだ。去年はワシの不整脈と脱腸の手術で支払った医療費は17万を超えているようなのでコチラも大きい(と思う)。源泉徴収表や生命保険、地震保険などの書類も揃っている。


 どうやって書類を作ったか? 確か国税庁のHPを使って書類を印刷して確証と一緒に確定申告の会場へ行ったということは覚えているし出した書類のコピーも残っている。早速HPへアクセスしてみたが、パソコンの動作確認のところでIEがアボートしてしまう。どうやっても確認用のPDFファイルが表示できない。どうもWinXPとIEのバージョンが低いようだと判った。いままで面倒だからソフトの更新は一切やっていなかった。これが災いしたようだ。



 更新にもう2時間もかかってしまったが一応終わって同じやり方で挑戦してみる。でも・・・・ 確認用のPDFをダウンロードするところですぐ異常終了してしまうのだ。ネットを見るだけとか、ブログで試したら写真のアップもできるようになっているから・・・? 今日は諦めた!!


 それにしても齢はとりたくないもんだ。細かい画面の文字を読むのがきつい。読んでも意味が判らない、こうやれ、なんていわれても覚えていられない。集中力が無くなって面倒なところになるとすぐトイレに行きたくなる! こりゃ申告会場へ直接行って係りの人につききりで手伝ってもらわにゃイカンようだ。ということは朝一番で行っても半日またなきゃイカンのだが、その覚悟が・・・・






「考えるワシ」の独り言 | 20:39:18 | Trackback(0) | Comments(0)
平成25年1月天候まとめ(12/30~2/2まで)
 昨年の天気、特に気温について新聞で「過去30年間の月毎の最高気温は上昇傾向が顕著である」言っていた。特に2月と9月は約1度も上昇しているらしい。また10月は最低気温も上昇が著しい。冬は暖かく、夏は暑くて長いということだ。

 また南極観測船「しらせ」が接岸できなくて物資の運搬が困難だとか、30年ぶりに1月3日に台風1号が発生したともいっている。北日本では豪雪なのに沖縄ではサクラやウメが開花している、という具合に変化が極端だ。


 過ぎてみるとこの1月も極端な気温の変化があった。年末年始は比較的気温が高かったのに、三が日を過ぎると最高も最低も平年より4度くらい低くなった。ここ2、3年調べてたが下旬に最高気温が8度とか11度なんて無いことだ。第5週の2日は最高11度、最低5.3度だった・・・・・・


・・・・・・・・・平成25年1月天候まとめ(12/30~2/2まで)・・・・・・・・・・

週    週間最高気温の巾              週間最低気温の巾
       上     下    平均(平年比)      上     下     平均(平年比) 
1     8.1    -0.6     3.6(▼0.7)      2.2    -7.5     -2.7(△0.6)
2      4.9     0.9      3.3(▼0.5)      -2.9      -8.4     -5.3(▼1.6)
3     7.9     -0.2      1.8(▼0.9)       -0.1    -8.0     -4.4(▼0.2)
4     8.4    -2.1     3.3(△0.0)      0.5     -6.7    -1.9(△2.6)
5     11.0    1.6     5.6(△2.3)      5.3     -6.8    -3.3(△1.4)


 1月4日には飯山で24時間積雪量が69センチ、観測史上最多だそうな。そういえば28、29日に金沢(山代温泉)へ行ったら前日にもの凄い雪が降って道路は大混雑したと仲居さんが言っていた。兼六園がべちゃべちゃの雪でズック靴に水が浸みて往生したなあ。信州の雪はさらさらというか、直ぐ凍みてカチカチになるのにエライ違いだった。




信州の風景 | 21:02:26 | Trackback(0) | Comments(0)
豆まき
 節分、といえば豆まき。直ぐ近くの伊勢社でも豆まきがあった。年男・年女、地域の関係者、神社の関係者が拝殿で神事のあと豆をまいた。老若男女が集まってきて御供を拾って帰っていった。


 ワシが知っている昔はピーナッツをまいて、それが巧く取れれば良し、取れなければ下へ落ちてごちゃごちゃになって、拾ってもとても御供だという気にならなかった。それがいつの頃からか、ピーナッツやお菓子を袋に入れて下へ落ちても中身は汚れないというふうに変わった。それはそれで結構なことだ。


 聞けば御供の袋の中に当りの紙が入っているのがあって社務所に持っていくと更なる御供がもらえるとのこと。聞いた相手は入っていなかったそうだが、それはそれで今年の「運」を使い切ってしまわなくて良かったと。フム、そう考えれば今年はきっといい年になるんじゃないかな。


 「人間万事塞翁が馬」という見事な処世術で脱帽だ。明日は立春、いよいよ農作業が本格化する。季節の行事と言うのはうまく出来ているもんじゃのう。




「考えるワシ」の独り言 | 17:59:37 | Trackback(0) | Comments(0)
リンゴから剪定を始める
 今日は暖かくなって、風も無い。それに今日から2月。

 この時期になるとこういう日には野良仕事をしたくなる。暮からずっと畑にでていなかったからカラダがむずむずする。野良仕事の格好もしないで畑に出てリンゴの剪定を始めた。


H250201リンゴから剪定始める


 カイドウの蕾が膨らんでいるのを見た所為か、リンゴの芽も何となく膨らんでいるような気がする。実際、剪定した切り口をみるとやっぱりもう水を吸い上げているように瑞々しい。日も長くなってきているから春が間近いと感じているんだろう。


 明日はもっと気温が上がるという予報だ。その後は平年並みになるというが、こういう時期が怖い。若木が凍みたり解けたり融けたりして枯れてしまうからだ。冬囲いしてあるからとはいっても今年は気温が低かったから心配だ。





果樹栽培 | 21:06:37 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。