■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ツツジも好いモンだ
H240530ツツジ

 少子高齢化の波が津波のように押し寄せてくる。ワシの耐力・パワーも限界を感じるようになってきた。何とか庭仕事を省エネしないとイカン。


 下草として植えてあるツツジやサツキが問題だ。落葉樹の多いところは落ち葉が地べたに落ちるまで見苦しい。年に最低一度は刈り込まないとこれも見苦しい。樹勢によっては刈り込んでも横に枝が出て刈り込んでいると次第に風通しが悪くなって、花が咲かなくなるだけでなく枯れ枝が目立つようになる。


 目の前だけこの植え込みを取り去る考えはその後をどうするか? そのままにしておけば雑草が生える。ビーバーで草刈りをするという作業が出てくる。花を植えても手入れは同じこと。


 刈り込みを動力でやる、しかも電気バリカンじゃパワーが不足だからてエンジンで刃を動かすやつ。電気バリカンは一時期使っていた。刈り込みは手でチョキチョキやるよりも楽だが横枝が伸びたので止めた。エンジンのバリカンはシルバー人材センターの人が使っているのをみたことがある。確かに効率アップにはなるが少々重いので(完全に)高齢化したあかつきには使い切れないだろう。他に軽くてパワーのある機械があるかどうかだナ。


 花が咲き始める前までは抜いてしまうと決めていたが、花を見ているとその決心も鈍ってきた。やはり刈込み機を導入するか? また回収見込みのない投資になるのか?





スポンサーサイト
日曜園芸師 | 23:02:23 | Trackback(0) | Comments(1)
少し智恵がついたヒーロ発電所長
H240529シャクヤク 雨の中でシャクヤクが咲いている。モミジの下にあるが冬の間たっぷり陽を浴びているせいか若葉の下でシンプル、且つ豪華な姿で楽しましてくれる。


 ヒーロ発電所が稼動しているとお天気具合を見ながら今、どのくらい発電しているんだろうかと気になる。モニターで発電量がKWHで表示され、累積で売電・買電金額が見れる。買電・売電料金は単価を事前に設定しておく必要がある。ところがモニターで表示される金額と「お知らせ」で来る電気量が異なる。


 異なるのは発電開始から一ヶ月とモニターの表示する一ヶ月とはスタートが異なるから仕方が無いことではあるが「ホントにどうなの」と考えたら眠れなくなってしまう。近頃は電力料金の値上げがいろいろ言われているので金額の計算がどうなっているのか調べてみた。


 例  我が家の電気料金の計算は契約種別による基本料金と使用した電気量とが基になる。

      契約種別   「従量電灯」は「B」  10アンペアにつき月額273円
           我が家は50アンペアだから  273円×5倍=1365円        ・・・・ (a)

      使用電気量   4/13~5/15  33日間   (ヒーロ発電所の稼動後2ヶ月目)
               211KWHで請求金額は5581円 

    使用電力量から請求金額までの計算の仕方

      ①契約種別による基本料金は3段階になってる。
           
        1段料金 17.05円/KWH   1KWH ~ 120KWH
        2段料金 21.09円/KWH  121KWH ~ 300KWH
        3段料金 22.52円/KWH  301KWH以上

       これで計算すると17.05円×120KWH+21.09円×(211-120)KWH
                                   =3965.19円・・・(b)

      ②使用電力量には当月燃料費調整単価として1.33円/KWHが掛かる

         1.33円×211KWH=280.68円                       ・・・・・(c)
       
      ③太陽光発電促進付加金として単価0.11円/KWH
         0.11円×211KWH=23.21円                        ・・・・(d)

      ④口座振替をしている家庭は初回引き落とし割引52.50円(マイナス)      ・・・・(e)

    (a)~(e)までプラスマイナスすると  5581.58円 

 すると小数点以下は切り捨てなんだな。と「お知らせ」を裏表、隅から隅まで読んで計算して判った。単純に221キロ使って5581円だから単価25円というと間違える。ちなみに売る方は同じ期間で405キロで17010円だから単価42円と単純に計算できる。


 「お知らせ」を見ながらあれやこれやと計算して判ったが、ネットで調べたら電力会社ごとに教えてくれるサイトがいっぱいあった。でも時間の無駄だったとは思わない。これからは新聞で電気料金値上げの記事を読んだらスッと言っていることが理解できるだろうから。
 


     

「考えるワシ」の独り言 | 22:23:54 | Trackback(0) | Comments(0)
サツキの頃
H240528再び花の季節 花と言えばサクラ、サクラの季節から再び普通の花が咲き誇り一番美しいサツキだがもう数日で終わる。


 天気予報のとおりに昼前に「一転にわかに掻き曇り」ピカピカゴロゴロ、あっと言う間に大粒の雨が降り出した。ワシはモモの摘果に励んでいたが急ぎ脚立やら道具箱やら取り込んでいる間に濡れてしまった。田舎のベンツに乗り込んで一息ついて周りを見ると、同じように畑で仕事をしていた人たちのベンツが動き出した。

 BUТ、何やねん! 昼飯を食べて外を見たらもう雨があがってしまった。全く人騒がせな夕立だった。マアいいか、どうせ昼飯に帰らなきゃイカンのだったから。


H240527組対抗ゲートボール大会 ところで昨日はゲートボールで半日遊んでしまった。その上、3時から慰労会で飲んだもんだからすっかり出来上がってしまった。例年この時期に御厨公民館主催の自治会対抗球技大会をやるんだが、人数が足りなくてゲートボールに借り出されたというもんだ。にわかに寄せ集めてつくったチームだから作戦も技術もあったもんじゃない。ゼロ勝2敗で敢え無く予選敗退となった。慰労会で発表されたところによるとソフトボールのほうは9対1でこれも一回で敗退だったと。元気だったのは女子で編成されたソフトバレーボールでこちらは準優勝だった。慰労会でも女性軍に男性軍は押されっぱなし、いずこも同じだ秋の!夕暮れだナ。




信州川中島の風景 | 18:15:26 | Trackback(0) | Comments(0)
オトーナの休日
 朝方は少々曇っていたがその後は晴れた。こういうのを五月晴れというんだな。

 ワシもたまには(?)ゆっくり休んで身体と精神の休養をしようと計画した。エヘン!!

 川中島地区環境美化連合会が犀川をキレイにしようと呼びかけていたので参加した。この数年、毎年参加しているイベントだ。最初に参加した頃はすごい量のゴミが出た。汗だくになって集めたゴミの中には自転車もあって大変だった。次第にゴミの量が減ってきて今年は小一時間で終わって、集めたゴミも去年より少なかった。ご同慶の至りだ。



H240526ニセアカシアの咲く犀川土手 犀川の河原はニセアカシアの花盛り。甘い香りが漂う。よく観ているとミツバチの羽音が聞こえてくる。ワシんとこのミツバチはここまで遠出していないと思う。一生懸命働いているミツバチはエライと思う。一生懸命働いている人たちも偉い!

 ニセアカシアの花は食べられる。先日天ぷらにして食べてみた。聴いていたところでは少し甘くて香りもあると。食べてみたら全然味がない。塩で食べたが味も香りも無い。醤油で食べたら醤油の味が強くて味わいが無い。今日、来ていた人にその話しをしたら「コロモが厚過ぎるから」と言っていた。コロモをウ~ンと薄くするか空揚げくらいでよいというのだ。試してみなきゃと少々摘み取ってきた。


H240526犀川で河川一斉清掃成果


 身体を動かすと腹が減る。今日は蕎麦うちま専科の日だから午後教室へ出かけた。最近はそば屋へ行って食べることをしなくなった。やっぱり自分がうった味に勝るものはない。
 ところがこれからはウドンか中華麺にしようという。ワシらの環境では気温があがるとすぐもちは出るしすぐ乾いてしまうからだと。それで中華麺にした。


H240526冷やし中華麺を打つ どや、美味そうやろ? (どういうわけか関西弁になってしまった) 材料は強力粉800グラム、片栗粉200グラム、卵3個、水280ccだけ。しっかり足で捏ねてしっかりねかせてから薄く延ばす。一年ぶりの中華麺うちだった。

 蕎麦だったらニセアカシアの天ぷら付きだろうが、冷やし中華ではニセアカシアは似合わないナ。それはそれとして今日は一日だけの素晴らしいオトーナの休日だったでエ。






趣味・道楽、そしておとこの遊び | 22:55:08 | Trackback(0) | Comments(0)
Bulla Regiaの遺跡
ご無沙汰しています。LINUX SERVER 立ち上げて、いま1息ついたところです。
最後のチュニジア世界遺産DOUGGAに行ったついでにアルジェリア国境に近いBULLA GERIAにも寄りました。


Bulla Regiaの遺跡

チュニジア北部アルジェリア国境に近く、紀元前4世紀からの町で、ベルベル人(北アフリカの原住民)の国家ヌメデイア王朝の首都だった町です。フエニキア人の国家カルタゴがローマに滅ぼされた後も栄え、ビザンチン時代がくるまで栄えました。




H240525 bulla regia l1 地上に出ている遺跡はほとんどが崩壊しています。


H240525 bulla regia l8 地上にわずかに残っている円形劇場です。


H240525 bulla regia l2 ここの遺跡の特色は地下にも住居があることです。冬は地上の家で暮らし、夏の暑い時期地下の住居で暮らしていました。観光客にも開放されていて、地上は暑いのですが、地下の部屋はひんやりしていました。

H240525 bulla regia l5


H240525 bulla regia l6




顕広のチュニジアレポート | 21:23:08 | Trackback(0) | Comments(0)
アゲハチョウ
 先日、カミサンがアゲハチョウが飛んできて山椒の葉に卵を産み付けていたと言っていた。去年、アゲハチョウの幼虫に山椒が丸裸にされた。早く大きな木になって山椒の実を採りたいと思う。大きくなったら山椒の実がなるということは無さそう?だが山椒が大きくなったほうがたくさん実が採れるだろうと思う。


先日山菜を採りに行ったとき、山の中で小さい山椒を見つけて持ち帰って植えてある。雌の木であるかどうか確率50%であるが、雄雌二本になったと思って期待している。それなのに今年も丸裸にされたらカナワン。山椒の葉っぱを調べてアゲハチョウの卵を始末したい。



H240523アゲハチョウの卵 葉っぱの裏を丹念に見ていくと黄色い小さい卵が見つかる。小さいし結構固いのでつぶしにくい。


 しかし、だ。 葉っぱの全部を調べきれないし、見落としだってあるだろう。その上、去年丸裸になったのにこうやってまた葉が茂っているから山椒って強い木なんだと思う。アゲハチョウもヒラヒラと飛んでいるのは可愛いし、平和だなあって思うので見落としのあったほうが良さそうだ。マア、適当にしておこう。





趣味の園芸 | 17:33:48 | Trackback(0) | Comments(0)
リンゴの摘果
 松の手入れも忙しいが残り半分を残してリンゴの摘果に転向した。我が家のリンゴは王林から始まって摘果は今が大切、ということだ。

 もっともワシんとこのリンゴは王林の木に「王林」は主枝一本で残りの主枝2本に「秋映」と「シナノスイート」を高接ぎし、フジの木に「フジ」が主枝2本にして「シナノスイート」を主枝1本に高接ぎしてあるという変則型だ。高々2本だから摘果は真面目にやれば2日、ワシの場合は4、5日かかっちゃうかなあ。



H240522リンゴの摘果ビフォア   H240522リンゴの摘果アフタ
摘果ビフォア                     摘果アフタ


リンゴの場合は中心に花がひとつ、その周囲に3~5、6ケの花が咲く。大概の場合はできた中心果を残して周りの実を全て切り落とす。葉っぱの量や枝の具合をみながら中心果が多過ぎないように注意する。


 そういえば昔、摘果ハサミで指を摘果しそうになったことがあったっけなあ。





果樹栽培 | 21:52:15 | Trackback(0) | Comments(0)
ワシも観た
 日本中が大騒ぎした金環日食、信州でも北信は部分日食が見られるという。金環日食が見られるところまで行くというほどの気力もお金も無いが日食は見たい。次の金環日食は18年後だと聞くと尚更だ。ということで忘れないように携帯のマラームを使って7時25分に警告するようにした。


 キンキラキンに晴れた7時頃まで松の手入れをしていたところ、家内がテレビではもう日食が始まっていると言っているという。アレ、7時半頃じゃなかったっけ? 関東は7時半頃に金環になるというのか!


H240521日食 急いで鏡を持ち出した。以前の日食のときにこの方法で観察(!)したからだ。これで家の前にあるお寺の土蔵の壁に反射させるのだ。特殊メガネを使うともっときれいに見えると思うが、何事にも質素倹約を旨とするワシは我慢するのだ。これで十分ではないか。


 7時半ころ吹いていた風は冷たい。飛んでいる小鳥もおびえてじっとして飛ばなくなるのか、と期待したが何事も無いようにピーピー鳴いていたのには少々がっかり。しかし日が照っていれば暑くも思うのに、これだけ隠れて薄暗くもなってくると陽光の暖かさどころか冷たい風が身にしみる。日食を理解できない時代では人々はとても怯えて恐ろしい思いをしたんだろうと実感できた。オテントサンの有り難味を思い知らされたひとときであった。






「考えるワシ」の独り言 | 22:41:11 | Trackback(0) | Comments(0)
アイリス
 独  好い陽気になりやしたなあ。

 日  こうなると忙しくてしょうねえなあ。

 独  今、何をやってんだや。

 日  モモとリンゴの摘果で飛んで回ってるわい。

 独  遊んでる暇もねえなあ。

 日  こうなると一雨欲しいわなあ。

 独  ワシは晴れてるほうが好いなあ。

 日  一雨もらってすっきりとしてえんだが。

 独  おめさんはウエットだからなあ。

 日  ジャーマンは何時も晴れてんだかや。

 独  まあ雨降るときもあんだが。杜若ってなんて読むんだや。

 日  カタカナで言うわけにゃあいかねえなあ。これは「かきつばた」って読むんだで。

 独  日本語は難しくていけなあなあ。

 日  つまらねえ話ばっかやってても面白くねえから仕事やれや。



H240520杜若   H240520ジャーマンアイリス
   杜若                        ジャーマンアイリス





趣味の園芸 | 21:35:51 | Trackback(0) | Comments(2)
夏すがた
 今日と明日はホクト文化ホールで長野市文化芸術祭が開かれている。長野市のお祭りだから市民会館で開くのが例年だが、今年は市民会館が建て替え工事に入っていてホクトホール、つまり県民文化会館で開いたというわけだ。

H240519市文芸祭観世謡曲発表 これは観世流謡曲連合会が「田村」を発表しているところ。長野市には観世流の謡会がいくつかあるので連合として発表するのだ。明日は長野宝生会が「加茂」を発表する。


 そういえばNHK-FMで毎週日曜日朝7時15分から謡曲をやっていたが、この4月の番組編成替えで6時からに繰り上がった。どうも能楽は世界文化遺産に真っ先に指定されたというのに冷遇されているとワシはひがんでいる。毎週金曜日の夜にやっている芸能百花繚乱というのは歌舞伎ばっかり(というとウソだと言われるが)というくらいだ。洋楽のほうは時間をもてあましているのか、と思うくらいに放送してしるのに、だ。民放では全くやらないし。


H240519赤松手入れ後 暮の時間切れでやらなかった松の手入れを再開した。一年間サボっただけだと思ったが、形の乱れ方はまるで2、3年も手が入っていなかったようだ。手入れが悪いと木も弱るのか、花ばかり咲くので赤松ならぬ黄松のようだ。ハサミをいれると花粉がばっと散って服が黄色くなる。思い切ってパチン パチンと余分な小枝を切り、咲いている花もみんな摘み取ってやった。ようやく涼しげな夏すがたになった。

 明日一日やれば手入れしていなかった松は終わる予定。それから暮に手入れを済ませた松に取り掛かる。全く専任の植木屋を泣かせる庭だ!



日曜園芸師 | 23:13:39 | Trackback(0) | Comments(0)
いずれが菖蒲か杜若
 アヤメが咲き始めた。アヤメと入力したら「菖蒲」と変換した。これは「しょうぶ」と読むのではないか?

 はて、これは菖蒲か杜若か、何なんだと心配になった。杜若(カキツバタ)は菖蒲より一回り大きくて湿地性だという。これは杜若ではないと思う。未だ蕾が出始めたところなので写真に撮っていないが、杜若と思われるのがあるから何時か紹介しよう。

 ではこれは「菖蒲」か? もともとこれは畑に生えていたのを草刈りに邪魔だからと川瑞の築山に植え替えたもんだ。乾燥しやすい場所に咲くのも「杜若」ではないだろう。植物図鑑で見ると色は少し浅いが「ダッチアイリス」と思われる。そういえば「ジャーマンアイリス」も咲き始めているから後日紹介しよう。


H240517菖蒲か杜若か これはホントにダッチアイリスか? 菖蒲は未だつかない。


 今お稽古しているのは「杜若 キリ」だ。短いのにどうしても覚えられない。舞だけじゃなくて謡も!

    匂ひうつる
    菖蒲(アヤメ)の鬘(かずら)の
    色ハ何れ
    似たりや似たり
    杜若花菖蒲 梢に鳴くハ
    蝉の唐(から)ころもの
    袖白妙の卯の花乃雪の
    夜も白々と
    明くる東雲(しののめ)の浅紫乃
    杜若乃
    花も悟りの
    心開けて
    すはや今こそ草木国土
    すはや今こそ
    草木国土
    悉皆成仏の御法(みのり)を得てこそ
    失せにけれ






趣味の園芸 | 21:44:21 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒーロ発電所稼動二ヶ月
 ヒーロ発電所二ヶ月目(4/13~5/15)の稼動結果が出た。

    使用電力量  211 KWh   料金  5,581円  前年同期実績470KWh
    受給電力量  405 KWh   料金 17,010円

 2ヶ月間の累計では

    使用電力量  495 KWh   料金  12,824円
    受給電力量  754 KWh   料金  31,668円


 4月から5月にかけては比較的晴れた日が多かったからかなり発電したということだ。来月の結果を見れば3ヶ月目の稼動は判るが、今のところ全然少ない。それはお天気の悪い日が多かったということだ。寒くても晴れていさえすれば発電する。また夏の暑いときは発電効率が下がるらしい。これからの暑さが楽しみだ?!

 思い出した、去年同期の実績に較べて今年の使用料が少ないのは。去年はゴールデンウイークに孫が来ていたためだ。風邪をひかさないようにとエアコンを使ったから。ところで電力会社から来る電気の使用量(料)のお知らせに前年同期の実績が出ていることを知ってました?
 






「考えるワシ」の独り言 | 23:04:43 | Trackback(0) | Comments(0)
充実感
 今日は良く働いた。

 朝早く起きて屋敷前の畑のモモと白山のモモに消毒300リッタ。

 午前中に会議をひとつ。

 昼寝から覚めてプルーンとリンゴに消毒300リッタ。

 夕方までモモの幼木の周りに藁敷き。

 藁敷きは全部終わったわけじゃないが日没引き分けだ。

 夕食に小さい缶ビールを一本飲んだらすっかり気分よくなった。

 お天気が良かったので我ながらホントに好く働いた。





「考えるワシ」の独り言 | 20:51:06 | Trackback(0) | Comments(0)
源三位(げんざんみ)頼政
 東京より谷村一太郎先生が来ていただいて謡曲のお稽古をして頂いた、といってもワシ一人がお稽古をしてもらったわけでは無い。児玉先生門下の人たちが一緒だ。曲は世阿弥元清の作「頼政」、好い曲ですねえ。


 宇治を訪れた諸国一見の僧が、通りかかった老人(実は頼政の幽霊)に案内されて平等院を訪れる。そこで扇の形に刈ってある芝を見て、それが高倉宮を擁立した頼政が平家に負けて自害した跡だと聞かされる。供養した僧が仮寝をしていると頼政が現れ、宇治川を渡った平家に破れ自害した様子を語って聞かせる。そして読経によって執心に迷う霊を成仏してくれるように頼みながら消えていく。


 洋楽は音の高さとかテンポとか強弱を楽譜に指定されていてそこに更に演奏者が一味つけていく(のだと思う)。謡曲はそういう指定が言葉でされているので只謡っただけでは味が無い。そこで先生の謡うのを聴いて味の出し方を習うのだ。好い曲だというのはその味がとても好い。講談師はパンパンと扇子で叩きながらあたかも見てきたように話すが、聴いていると戦いがまるでスポーツを見ているように(言い方が悪いなあ)ワクワクしてくる。


 今日も放映していたNHKの大河ドラマ「平清盛」、以前に読んだ「平家物語」。そういうのを聞きかじっているだけだが、この謡曲が二倍にも三倍にも面白く楽しめる。先生のように一味も二味も加えて謡いたいもんだが、難しいなあ。無理かなあ? 無理だなア!



H240513昭和通権堂前付近の新緑 久し振りに電車を使って長野へ出て善光寺の前を通ってみた。中央通というのは長野駅から善光寺の前までの通りだが、昭和通の交差点から善光寺の前までカツラの並木になっている。そのカツラがだんだんに大きくなってきて、今年も素晴らしい緑を見せてくれている。秋になれば紅葉がまた見ものなんだナ。




謡曲・仕舞 | 22:07:10 | Trackback(0) | Comments(1)
時期外れの寒さの中で
H240512ツツジ 寒いなあ、キミは寒いとは思わんのかね? 見ているほうが寒いから何となく寒そうに見えるけど、ホントに寒くないの?


 朝から猛烈に冷たくて強い風が吹いている。あまりの寒さに真冬と同じようにダウンジャケット着てストーブ焚いてジッとしていた。そのうちに有線放送で農協の技術員が、遅霜が降りそうだから対策をとれと言っている。それでも2度、3度言われると心配になってきた。白山の畑は川に沿って強い風が吹くから家の辺りとはまるで寒さが違うのだ。

 昼前に白山へ行って、枝が支柱にちゃんと固定されているか確認した。青葉とともに大分延びているから風で折れないように縛りなおす。叢生栽培の園は短く刈れとか、樹の周りは草を刈ってきれいにしておけ、というのは地温を上げやすくするため、潅水をしろというのは霜が降りにくくするんだそうな。園地や樹下は草刈りはしたばかりで心配はないが、潅水しろというのまではトテモやりきれない。乾燥防止のワラ敷きは忙しさにかまけてやっていなかったので助かった。ワラを敷いてしまうと地温が上がりにくいのだ。

 家前の畑はまず強風で枝先が折れないように縛りなおし。それから樹下の草取りをしていなかったのでビーバー(小さなエンジンで紐をまわして草を刈る機械)をまわしてで草刈り。ジャケットの上から上下とも合羽を来てようやく冷たい風は感じないくらいだ。強い風で刈った草が吹き飛ばされるので風上から刈っていく。こちらも潅水は諦める。

 ブドウはちょうど新芽が出たところで一番霜の被害を受けやすいというがうつべき術が無い。プルーンを見て回ると今年は実付が凄く悪い。一時はそうでも無かったが全体に気温が低かったせいもあるだろう。今年はミツバチが飛んでこなくて、クマンバチが良く飛んでいたのをみた。こういうのは余り記憶にはありません。何とか遅霜になりませんように、ナンマイダブ ナンマイダブ・・・





果樹栽培 | 20:58:37 | Trackback(0) | Comments(0)
涼しいというか寒いというか
H240510スズラン開花 いくら涼しくても寒くてもその時期になれば花は咲く。開花は日照時間の長さで決まるのかも!


 また涼しさが戻ってきた。そういう表現より寒さが戻ってきた、と言ったほうが適切かも知らん。風も強くて外に出るにはコートでも着ていこうかというくらいだ。今までの天気から考えると今年はやっぱ、異常な天気になるんじゃなないだろうか。ネットでそういうことは要らんことかも知らんが心配だな。この夏だっていろんなところで化石燃料をバンバン燃やすことになるだろうから温暖化に拍車がかかるだろう。




「考えるワシ」の独り言 | 22:14:04 | Trackback(0) | Comments(0)
平成24年4月天候まとめ(4/1~5/5まで)
H240504モミジ青葉の定点観測  H240509モミジ定点観測9日12時半頃
モミジの定点観測 5月4日朝          5月9日昼


 忙しい4月だった。長野ではサクラの開花は平年より5日遅い18日だった。それが20日には満開になった。花よりダンゴの向きを期待していた業者はテンヤワンヤだっただろう。月初めは平年より寒かったのに下旬になりと一気に夏日になった。4月28日(第17週)は寒い朝で最低気温は5.8度、その日の最高気温が26.8度と初めての夏日を記録した。一日のうちの気温差が21度だったが、我ながら好く体調を崩さなかったモンだ。


・・・・・平成24年4月天候まとめ(4/1~5/5まで)・・・・・

週     週間最高気温の巾              週間最低気温の巾
      上     下    平均(平年比)     上     下    平均(平年比) 
14     13.0     6.3     8.5(▼5.7)        4.5     -1.8     -0.0(▼2.4)
15     20.3     9.5    15.7(▼0.6)         10.6     -3.9    3.7(▼0.5)
16     23.0     16.8     19.5(△1.6)       11.2     5.4   7.4(△1.8)
17     26.8     11.8     20.2(△0.6)        14.8     5.8     9.4(△2.7)
18     28.9    20.2    24.1(△2.8)       17.6    10.3    13.6(△5.3)




信州川中島の風景 | 22:34:33 | Trackback(0) | Comments(0)
新居へ引越し
 須坂のAさんの言葉に背中を押されて日本ミツバチの巣箱の掃除に踏み切った。巣箱の掃除くんだりにそれほどためらっていたのか? 話は簡単だ、ミツバチが逃げるんじゃないかという杞憂だけ。巣箱を交換してしまったら女王蜂が慣れない新居を嫌って逃げてしまうかも!


 経験者のAさんのやり方は新居を古巣の隣りに置いて、巣枠を一枚ずつ抜いて移していく。それだけだ。気温が上がってお天気の良い時期を見計らって交換した。思ったよりずっと簡単だった。



H240507交換した古巣 やってみて思い出した。この巣箱は底が外れて掃除が簡単にできるようにしておいたのだった。マア、それは置いといて…  やってしまって良かった。中はハチ巣の残骸がいっぱいあって、其処にスムシが、それも大きなヤツがいっぱいいた。


H240507新しい巣箱 新居に引っ越して暫らく様子を見ていたが特に異常ナシ。でも油断は大敵! 二、三日後で逃げ出すことだって可能性あり。




挑戦! 日本ミツバチの飼育 | 22:22:26 | Trackback(0) | Comments(0)
待ち巣の準備完了
 午前中はいつもの遊び仲間と山菜採りに行ってきたが、今回はそのレポートは省略。


 昨日入手してきた金稜辺のうち、開花したのにネットをかぶせ一番来て欲しいところの待ち巣に置いてみた。この場所は朝日が少々当たるが午後には日影になる。その上人通りが少ないし道路からも少し離れている。金稜辺にネットをかぶせたのは分封したミツバチがこの金稜辺に玉となると、その熱で金稜辺が枯れてしまうからだ。


H240506待ち巣に金稜辺を設置 明朝は気温が6度まで下がると言うが日中は25度くらいになるという予報だ。分封が始まるには時期的にはマダマダだが「備えあれば憂い無し」ということだ。




挑戦! 日本ミツバチの飼育 | 23:02:50 | Trackback(0) | Comments(0)
金稜辺をゲット
 こどもの日、須坂のAさんのところへ行って金稜辺を入手した。金稜辺というのはランの一種で日本ミツバチをおびき寄せる媚薬だ。分封して巣を探している群れが近くにいるとこの金稜辺のところに集まってくる。だから巣箱の入口あたりに金稜辺の花を置いておくと労せずして一群を捕獲できる。全く夢のようなランだ。


H240505金稜辺 日本ミツバチが分封する頃に開花させるというのが難しい。特に今年は天候が例年と違ってプロのAさんも難しかったらしい。「未だ分封には早いのに」とさいてしまった花を切ってくれた。


 これを外においておいたら日本ミツバチが早速寄って来て、ランの花の中に頭を突っ込んだまではよかったが頭を抜き出せなくて苦労していた。見ていると、やっと頭を抜き出したと思ったら花弁の上にあった黄色い粒のような花粉が背中に付けて飛んでいった。そうやって別の花へ飛んでいって受粉させるんだな。


 明朝、分封が何時発生してもいいように巣箱の入口に金稜辺をセットしておくことにする。ワシもこういう遊びになると夢中になってしまうんだナ。今日は子どもの日でよかった。






挑戦! 日本ミツバチの飼育 | 22:21:14 | Trackback(0) | Comments(0)
定点観測
 定点観測というのは変化を看ていくのに重要な手段だ。この数日は(極端に)暖かい日が続いたのでいきなり青葉の世界が出現した。青葉だけじゃなくて草花も同じだ。雑草の伸び方だってじっと見ていれば伸びていくのが見えるんじゃないかと思う。


 それで定点観測というのを思い出した。ある時間を区切って同じ場所で写真を撮っていけばその成長を目撃できるというわけだ。幸い、庭には葉の出るのが一番遅いモミジがあってようやく芽がわかるようになってきた。そこで変化を捉えた写真を次々にアップしていこうと思う。



H240504モミジ青葉の定点観測 デジカメのタイムスタンプを表示するようにしたのはいいが、よくよく見たら大変恐縮なことに時間の設定ができていなかった。撮影したのは本日4日午後5時頃ということにしよう。明日の更新はモモの消毒を終えてからということでとりあえず午前10時の予定にしよう。




続きを読む >>
日曜園芸師 | 21:29:18 | Trackback(0) | Comments(0)
五月連休後半の部に入る
H240503ヤマブキ 八重咲きヤマブキが咲いた。これが咲く頃は渓流釣りが面白くなる。お気に入りの渓流竿がどこかにいってしまってからこの何年か、渓流釣りに行っていない。熊や落石・土石流の話が多いし、その上今年は雪が多かったのでこの齢になっての釣行は無理なんだろうなあ。

H240503笑う山 一日中雨という予報が外れて日中は晴れて暑くなった。花終わり新緑を楽しむ時期になった。この頃の山を「山が笑う」というんだそうな。確かに新芽が吹いている今頃は山がふっくら、ほっこらして確かに笑っている。山もこの時期を楽しんでいるんだな。

H240503善光寺参詣の善男善女 連休の後半に入った。善光寺は参詣する善男善女で大賑わいだった。ワシも所要で善光寺の近所へ出かけたが、連休らしく賑わっているので一安心した。何故って? こういう時期に遊べるっていうことは老若男女を問わず気分転換になるし好いことじゃないか! 楽しまなくっちゃ人生、意味が無い。




信州川中島の風景 | 21:39:04 | Trackback(0) | Comments(0)
季節の味
朝からどんより雲って時折小雨がパラつく。昨日乗用モアのライトを点けて草刈りを終わらせておいてよかった。何しろ今頃の雑草は一日でうんと伸びるから油断も隙もならない。そんなわけで今日は「農休み」、好い言葉ですねえ。

H240502ウド最後の収穫 油断も隙もならないのは野菜も同じ。籾殻で囲っておいたウドが籾殻の上に顔を出していて、もう一日置けば食べられなくなるかも! というわけで小雨の中でウドを掘り出した。この春二回目の、そして最後の収穫だ。あとは籾殻を広げて肥料を少々やって来年まで待つという次第。




家庭菜園の楽しみ | 18:28:01 | Trackback(0) | Comments(0)
この街 大好き
H240501御厨公園の花壇 御厨公園入口の花壇。冬の間は横を車で通って「オッ まだ凍みてるな」なんて見ていたが、暖かくなったら横を見ている暇がなかった。所要で御厨公園へ行ったので写真を撮ってきた。スイセンの類はもう時期遅れだったがパンジーやらはまだまだ楽しめる。誰かが雑草を抜いてくれていた。



 さっきNHK BSプレミアムでシチリア島はチェファルの街歩きをやっていた。小学生からオジイサン、オバアサンまでみんな「チェファルが大好き!」と言っていた。中世の街そのものの建物がそのまま残っていて、道路も狭く坂道ばかりだ。それでもみんな大好きだと言う。日本の街はどうだ。古い町並みを残そうとしてもそこに住んでいる人たちが寒い、狭い、古い、不便だ、古臭い etc.といって建替える。補助金を出してやっと外見だけを残している。


 そこに住んでいる人たちが「今住んでいる○○○の街、大好き」といってくれるだろうか? いや、言ってくれるようにするにはどうすればいいのか。今の日本でそんなことが出来るだろうか。住んでいくのに多くの制約があることを承知して住んでくれるような人は多分居ないだろう、ととても悲観的に考えてしまう。


 まあ、先ずはゴミの落ちていても誰かがすぐ片付けてくれる街、花がいっぱい咲いていて気がついた人が雑草を抜いたり水遣りをしたり・・・ そいうことから始めるのが好いのかな? 率先垂範、余り悲観的に考えないでネ。





「考えるワシ」の独り言 | 22:31:02 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。