■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
剪定枝・まきストーブ活用推進事業
 暖かい一日だった。まもなく立春、日差しも随分強くなってきた。一ヶ月前に比べて昼の長さが40分も長くなっている。二日間遊んできた上に、午後からまたザル碁に出かけるのは勇気がいる・・・・・そんなことは無いが、気楽に遊ぶにはやるべきことをきちんとやっておかねば安心して出かけられない。そんな屁理屈をこねながら、朝からしゃかりきになってプルーンの剪定をやった。午後まで少しかかってしまったがこれでプルーンの剪定はおしまい。残すところはリンゴ2本のみ、これは時期的にもっと後のほうが好いので取り敢えず気がかりな仕事はない。

愛犬モモちゃんH220130 写真ネタが無いので今日は我が家の有力な一員であるモモちゃんを紹介する。美人でしょう、少し太めだけど・・・・・


 長野市が薪ストーブに薪を探している人と果樹の伐採木を処分したい人とを仲介する事業をやっている。この数年は果樹を切り替えるのに伐採木が出る予定なので、この話を聞いたときすぐ申し込んでおいた。数日前に市から紹介があったので希望者と連絡を取っている。今までは剪定で出た伐採木や枝は清掃センターへ有料で持ち込んでいたのだから、欲しい人にあげられるんなら両手を挙げて賛成だ。できるだけ地元の人に使ってもらえれば運搬も楽になるだろうし、市民同士の繋がりという点でも好いんだろうね。








スポンサーサイト
信州川中島の風景 | 18:16:50 | Trackback(0) | Comments(0)
おたや会新年会
   おたや会新年会
      時    平成22年1月28日(木)~29日(金) 一泊二日三食付
      場所   上山田温泉 ニュー滝本
      会費   8000円(送迎付き)
      参加者  14人(男性8人、女性6人)


 今回は欠席3人、所要があってという人が一人、身体の具合でという人が二人であった。出席の皆さん、楽しみにしていてくれて、集合定刻前にお寺の前に元気に集まってくれました。おたや会ではマレットゴルフをやったり山菜採りをやったりするが、新年会では宴会以外は特に予定はないので、温泉に入ってだらだらと世間話をして過ごす。ザル碁の連中は飽きもせず石を並べて、勝った負けたと過ごすのだ。

 このニュー滝本は単純硫黄泉の風呂が好い。加熱しているというが、飲用もできる滑らかなお湯は硫黄の匂いをかぎながらゆっくりできる。一昨年にもここに来た。今回はワシらのほかには泊り客無し。前回は一組か二組、他に泊り客がいたような記憶がある。景気が悪いから客が来ないのか、少子高齢化で客がいないのか・・・・・  静かで好いといえばそうだが、経営は楽じゃないだろうねえ。どうせ客が居ないなら二、三人で一部屋に泊まってもらうとか、もっと部屋を有効に使う方法もあるんじゃないだろうか。少ない客をリピーターにするには何か特徴を出して欲しいもんだ。

 幹事さんはご苦労さんでした。できるだけ年金生活者に負担ならないように、足の確保から会費の設定、旅館との交渉、幹事さんのご苦労あってのおたや会です。ついでに今年初のマレットゴルフは3月15日(月)に決定した。もっと暖かくなってからという気持ちもあるが、皆さんお待ちかねですからね。天気が良ければいいんですが・・・・・





「考えるワシ」の独り言 | 18:31:29 | Trackback(0) | Comments(0)
しょうゆ豆
 去年の暮れにふるさとの味を造るべく、材料の麹を買い込んで寝かせておいたのを賞味している。白麹と豆麹と調味料を混ぜて一週間ほど寝かせれば食べられるということだった。一週間待って食べてみたところ、味は良いのだが白麹が未だ硬いと思った。そこで少しずつ味見をしてきたが、ようやく硬さは苦にならないようになって来た。これもやはり時間をかけたほうが食感も良くなるようだ。もっともっと時間をかければ豆も麹もとろける様なやわらかさになって奥行きのある味になると思う。スローフードなんてそんなもんだね。レシピは12月25日参照。


しょうゆ豆H220128.jpg しょうゆ豆でご飯を食べる。 ウマイ!! これで卵かけご飯にすればこれもいける。


 昨日のNHK「ためしてがってん」でピロリ菌と胃がんについてやっていた。ピロリ菌が胃の中に住んでいて、高血糖と塩、タバコが加わると胃がんになる確立がウンと高まるんだそうな。でもネ、ご飯には塩とか醤油は合うんだよなあ。安心してしょうゆ豆を食べるにはピロリ菌を退治しなきゃイカンということなんですな。




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 13:32:03 | Trackback(0) | Comments(0)
立派になりなさって
 暖かいということは好いことだ。今日は風もなかったので、いったい何度まで気温があがったんだろうか。多分8度くらいになったんじゃないかなあ。おかげでプルーンの剪定も気合が入って朝から6本くらいやってしまったぞ。

 久しぶりに畑に行ってみたらダイコンが素晴らしい成長をしていた。マルチしているから、このきつい寒さの中でも地面と一緒に凍みないし、成長しているんだ。葉っぱはちょっと惨めだが立派なもんだ。昔は地面に穴を掘って、そこに稲わらで室をつくってダイコンやイモなんぞを保存していた。楽になったもんだわい。



冬越しのダイコンH220127.jpg 見事ですなあ。昔は確かにこんなダイコン足がいたけど最近は見かけないです。歩かなくなったからですかなあ、どういうわけなんですかなあ。この色白のぽっちゃりとした・・・・ 美味そうですなあ




家庭菜園の楽しみ | 17:13:20 | Trackback(0) | Comments(0)
カイガラムシ
 小梅、ワシんとこでは竜峡小梅という種類なんだが、一番早く収穫する果樹で当然花も一番早く咲く。剪定を終わらせて、消毒をするときのホースを引き回すのに邪魔になる枝もチップにしたので、やっとのことスプレーオイルの消毒にこぎつけた。去年葉っぱが散ったあとやっておかなきゃいかん消毒をようやくできたというもんだ。冬至を過ぎて大寒になって日差しも強まってきた所為か、カイガラムシが真っ白な粉?を噴出している。

小梅カイガラムシH220124.jpg この白い粉?の下にカイガラムシが巣くっている。この粉がどんどん増えてくるところを見ると、これはカイガラムシの新陳代謝が活発になってその糞か? ブラシで擦ると粉が飛び散ってその下からカイガラムシが見えてくる。 スプレーオイルはこのカイガラムシを皮膜で覆って窒息死させるんだとか。去年の落葉後すぐ散布しておけば枝を衰弱させなくてすんだはずだが・・・・・

 竜峡小梅は梅漬けにするのに最適な梅だ。そうコンビニ弁当のご飯の真ん中に小さい梅がある、そうあれだ。でも中国産の安価な梅に押され、しかも米離れで消費もさえない。健康食品だからとつくっているが、ワシの工数を別にしても赤字だ。国産品を見直す機会もあるだろうからと今まで作ってきたが、今年は随分切り縮めた。つまり転作の真っ最中なのだ。「老兵は死なず去り行くのみ」なんちゃって。収穫が終わったら我が家で必要な分だけにして切るつもりだ。懸案だった消毒ができて、今日は気持ちがすごく落ち着いてきた。



果樹栽培 | 22:11:07 | Trackback(0) | Comments(0)
いよいよデビュー
モモさんH220123.jpg 本邦初公開! 深窓の令嬢、我が家の愛犬モモちゃんだ。平成17年2月21日生まれ、当年とって5歳。京都から我が家に養女としてきたのがその年の5月、早いもんですなあ。寒い朝は起きて来るのが一番遅いし、夜8時を過ぎると目を真っ赤にして「早く寝ようよ」という顔をしてじっと待っている生活習慣最優良ドッグだ。

 最近は口臭がひどいので、歯を良く診たら歯垢がすごい。嫌がる彼女をしっかり抱えて、爪で歯茎を掻いてやったら「ベリっ」と音がして!歯垢の塊が取れた。面白くなって、上下の両奥歯のすごい歯垢をしっかり取ってやった。彼女は嫌がったが、これで若いのに歯が無くなってしまうという悲劇を逃れられるとすれば感謝して欲しいくらいだ。 ン? 判った?








「考えるワシ」の独り言 | 16:01:06 | Trackback(0) | Comments(0)
旧友の急逝を悼む
 石井光一君の訃報を聞いて松戸へ行って通夜の焼香してきた。

 彼とは40年近く前にワシが第一線から技術センターの教育部門に転勤してからの付き合いだった。以来研修生の理解を向上させるために共に頑張ってきた。海外からの研修生を相手に奮闘していた彼の姿が目に浮かぶ。ワシが技術センターから転出しても時にはゴルフ、時には居酒屋で酒を酌み交わした仲だ。

 最近連絡がなく、どうしているだろうかと思っていたところに思わぬ消息だった。定年退職して間もないというのに早すぎるではないか。本人も悔しかっただろうがワシも悔しい。冥福を祈る。

 彼が最後に懐かしい顔ぶれと会う機会を残してくれた。教育部門の、技術部門の、あるいは第一線の旧友に会って彼の思い出話ができたのがせめてもの慰めだった。





「考えるワシ」の独り言 | 00:28:51 | Trackback(0) | Comments(0)
暖かくなると
 予報どおり今日は8度くらいまで気温が上がったらしい。風がないので畑に出ても寒さを感じない。こういう時に仕事をできるというのは実にありがたい。というのは身体の動きが軽いし日暮れまで続けられるからだ。今までぼつぼつと竜峡小梅と豊後、ほてい柿の剪定と枝片付けをやってきたが今日はその枝片づけを終えて、チッパで枝を粉砕するところまで進んだ。梅と柿は来年くらいには伐採してモモだけにするつもりでいるから、思い切って枝を下ろしているので片付ける枝の量が多いのだ。

 明日中にチッパでの作業を終えると、梅に遅ればせながらの黒木消毒。それが終わればプルーンとモモの剪定、枝片付け、石灰硫黄合剤の消毒、ここまでくればもう春という頃になるんだろうなあ。



暖かくなったハウスでタローH220119 我が家の老猫タローさん。現代版の猫ツグラの中でご機嫌にウツラウツラしている。暮れに買ってもらった猫ツグラをヒーター付きの座布団に乗せてもらって、その上今は暖かくなったワシの小部屋に移ってきた。これで夜中の徘徊と遠吠え?は何とか止めてほしいのだが・・・




果樹栽培 | 17:58:56 | Trackback(0) | Comments(0)
寒気団さ~ン いらっしゃ~い
 冷え込んだの何のって、昨日はマイナス9.7度だった。流石に、なかなか布団から抜け出せなかったネ。侘び住まいを何とか暖かくする方法はないかと考えた。今まで部屋を広くしたいと廊下との間の障子戸をはずして使っていたが、これを入れれば少し暖かくなるだろうと思い、仕舞っておいた障子戸を持ち出して破れたのを張り替えることにした。

 この障子戸は雪見障子とかいって、小さい障子を上に上げるとガラスになって外が見えるというヤツだ。日中は風もなくポカポカ陽気なので作業は順調、ただ障子紙が足りなくなって、上下にスライドする障子が貼りきれなかったのが残念だ。



雪見障子の張替えH220117.jpg


 この障子戸を入れてみて驚いたのは部屋が暖かいということだ。廊下分小さくなっただけなのにストーブを入れたらすぐ部屋が暖まるし、明け方に老猫タローが「寒い、サム~イ」と泣き喚きながら徘徊もしない。これは結構環境にやさしい生活方法だと気がついたネ。究極のエコ暖房はたくさん着込むということだが、たとえば押入れを生活の場にするとか ・・・  


 残念なことに寒気は今日あたりで一休みになるそうだ。これならもう一度強烈な寒気団が来て欲しい。





信州川中島の風景 | 22:09:16 | Trackback(0) | Comments(0)
森繁久弥の「社長洋行記」
 余りの寒さにひたすらストーブにしがみついて森繁久弥の「社長洋行記」をみて一日を過ごしてしまった。今日見たのは昭和37年、東宝映画のビデオ、杉江敏男監督、脚本笠原良三、出演は森繁久弥、加東大介、三木のり平、小林桂樹、フランキー堺、女優陣も懐かしい美女が出て、当時の言葉で言えば「オールスターキャスト」だ。昨日見た「社長太平記」が昭和34年でモノクロ、それが昭和37年になるとカラーになるんですよ。

 たぶん社長シリーズはこの間に何本か出ていると思うので、この「社長洋行記」もワシの記憶にある配役そのものだし、それぞれ個性を十分生かして楽しく作っている。残念なのは約90分のビデオが香港に出張して、森繁社長がへび料理の食べすぎで中途帰国してしまうところで終わっていることだ。続編はビデオで見られるのだろうか?

 あのころは1ドルが360円?だったか、海外旅行なんぞは高嶺の花。でも社用で出張して楽しんで来るというのが右肩上がりの当時では夢だったんだろうなあ。好い時代だったなんぞと感慨に浸ってしまった。





「考えるワシ」の独り言 | 22:16:59 | Trackback(0) | Comments(0)
「社長太平記」を観る
剪定梅花H220115 厳しい寒さの中で昨12月に剪定した梅の枝で必死に花を咲かそうとしている


 たまには好いかと「社長太平記」のビデオを借りてきた。監督は松林宗恵、脚本が笠原良三。出演は森繁久弥、小林桂樹、淡路恵子、久慈あさみなど懐かしい顔ぶれ、森繁久弥の社長シリーズの最初の作品ではないだろうか。東宝の昭和34年の作品、ワシが未だ洟を垂らしていた頃の作品だからもちろんモノクロ、モノラルだ。先ごろ亡くなった森繁久弥の作品を見たかった、それも深刻でないヤツを。

 笑いこけながら見直したが、今になってみるとこの作品は単なる喜劇作品ということでなくて、ちゃんと監督の思いが籠められているんだと判った。戦前に二等水兵だった森繁久弥扮する社長が軍艦長だった加藤大介を課長に、鬼の曹長だった小林桂樹を専務すえるという(それまでの価値観がひっくり返った時代の中で)設定だが、工場が火災に遭うという逆境を力を合わせて乗り切るという筋書きだ。昭和34年頃の世の中は、景気が回復して元気な人たちやその流れに乗り切れない人たち、それを苦々しく見つめる人たちも大勢いた時代だったと思う。松林監督はそんな世の中を力を合わせて乗り切っていこうよというメッセージを出したんですね。

 あの頃とは比較できないような複雑でギスギス・殺伐とした時代だが、少し時間を割いてこの映画を見て大らかな心持を思い出すことも大切ですな。適当にお色気があって面白いですよ。









「考えるワシ」の独り言 | 17:57:36 | Trackback(0) | Comments(0)
12月天候まとめ(11/29~1/2まで)
 パソコンの不調でオタオタしているうちに一月も半分過ぎようとしている。こんなふうにしてまたあっという間に一年が過ぎていくのだろうか。

 昨年暮れに新聞に気象庁から21年の天候について、昨冬(H20/12~H21/2)は真冬日が1日しかなかったと、また夏は梅雨明け後の天気がぐづついたので猛暑日も1日だけだったと伝えていた。年平均気温は12.7度と平年を+0.6度上回り、降水量は平年並みだが日照時間は平年を下回るとも。近所の桃つくりの話でも梅雨明けは天気が悪くて、粒の伸びも色づきも遅くてどうなるかと思ったと話していたのを思い出す。


 さて新聞では北半球のあちこちで厳寒・大雪で大変と伝えているが、信州北部の12月はどんな具合だったろうか。



------12月天候まとめ(11/29~1/2まで)------

週  最高気温 最低気温  最高週平均(平年差) 最低週平均(平年差) 
48     11.9     -0.3     9.3(+0.3)        2.6(+2.9)  
49     13.9      -2.7     9.6(+1.8)         1.1(+2.2)
50     8.2      -3.6      5.1(-1.3)         -0.9(+0.9)
51      5.3       -8.2      5.3(-0.2)         -3.1(-0.5)

52    10.1     -3.9     5.1(+0.3)       -1.8(+1.4)


 この冬は暖冬だという予報だったが12月は天気がぐづついた。特に後半になると雪がどっと降ってスキー場は胸をなでおろしたところだ。信濃毎日新聞では降水量は平年より7割も多いが、日照時間は8割に留まると伝えている。気温も下旬に平年を下回ったが、平年と比較してみるとそれほど寒いということではない。最低気温が平年より随分高いほうが気になる。もっとも日毎に見ていくと、18日から22日までは最高気温が平年より 2.5~5.7度、最低気温も 0.2~5.7度下回っているから随分寒かったということだろう。

 百姓をやってみて露地栽培ならもう「お天道さん次第」だということだが、地球温暖化は最低気温で判りその影響は眠り病として出てくるということも知った。おまけに温暖化は政治家や企業家より一般市民のほうが心配しているということも判ったねえ。








信州の風景 | 16:42:28 | Trackback(0) | Comments(0)
やれやれ ようやく
 お待たせしました。

 ようやくパソコンが復旧しました。未だ使い易いというか、以前のような使い慣れた環境にはならないが何とか使えるようになったんです。それにしてもパソコンの使えない状況というのがこんなに困ったことになるとは思いもよらなかった。メールを書こうにも日本語入力できない、インターネットで検索しようにもキーワードの入力できない、ワードやエクセル使おうにもファイルが開けない・・・・・  何とも不便な十日余りでした。

 キーボードとマウスをハブを通して繋ぐというのはどうも好くないらしい。動作が不安定になるようだ。だからこのふたつは各々USB端子に繋ぐのが常識らしい。知らなかったですなあ。

 エクセルのファイルで「 , 」が「 . 」あるいはその逆になったのは元に戻らなかった。いったん文字化けしたのを保存してしまったからじゃないかと思う。いくつかのエクセルファイルは作り直しになるからこれから大変だ。

 意外だったのは例の「源氏物語」が読み進めたことです。パソコンの前に座っている時間が随分と長いということです。ワシがこんなにパソコン爺だったとは! ・・・・・ 驚きでした。

 今後ともご愛読、宜しく。ネ


「考えるワシ」の独り言 | 20:50:06 | Trackback(0) | Comments(0)
パソコンが不調で
雪の飯縄山H220105 朝出かけたときに丁度、飯縄山に日が当たってきれいに見えた。長野市民にとって飯縄山はもっとも近くで親しみのある山、去年の暮に孫を雪遊びに連れて行ったあの山だ。


 暮に孫たちがワシの部屋に入ってきて、仕事!をしているワシの横から手を出してキーボードをくちゃくちゃいじり倒した。大らかな気持ちで見守ったいたのは好いが、その後からパソコンが変調をきたした。

 エクセルで数字を入力すると区切りの「 , 」が「 . ]に、逆に数字キーの「 . ]は「 , 」に化けてしまう。化けたまま入力したセルを計算式で使うと数字として認識してくれない(ようだ)。プルンタに印字させようとすると出てくるウインドウは英文だったり、エクスプローラでディレクトリを表示させるとどこかの国の文字?に化けているのがある。探すと未だあちこちに文字化けやら、違う言語で表示するのもありそうだ。ブログはちゃんと書けるのが救いだ。

 武兵衛さんに教えてもらいながら復旧に努めたが未だ回復しない。OFFICEを一旦削除しようとしたらバックアップCDが行方不明だ。どこかに落っこちてしまったか、どこかに紛れ込んだか・・・・・  とうとう暮でさえしなかったパソコンの周辺を解体して大掃除をしてしまった。その甲斐あって見つけたバックアップCDを使って再インストールしました。

 でも残念なことに復旧しません。

      武兵衛さん、明日また助けてくださ~い





「考えるワシ」の独り言 | 18:31:42 | Trackback(0) | Comments(1)
ワシも仕事始め
 何しろ三が日の間は仕事をやらないと決めていたし雪も降ったのでジッとしていたが、世間では今日は仕事始めというので仕事人間のワシとしても仕事を始めざるを得ない。風もなく陽射しもあるので。、去年のうちから気になっていた小梅の剪定を始めた。明日から天気は崩れるようなのでせっせと剪定をしたが、新しい年を迎えてひとつ齢をとったせいかどうも脚立の上でバランスを崩しがちだ。仕事始めで脚立から落ちたなんぞという話では極めて恥ずかしいから、とりあえず今日は慎重の上に慎重を期して仕事をした。


小梅の剪定開始H220104


 しかし気持ちが好いですなあ。分厚い底の防寒靴は重いが雪の冷たさは苦にならないし、日差しがあって風はないから澄み切った冷気も清々しい。手に入れた県民手帳に目をとしていたら面白い数字が出てきた。

        高齢者就業率        61.3%   全国1位   平成17年国勢調査
        第1次産業就業率      11.5%   全国7位      〃
        総農家戸数        126,857戸   全国1位   2005年農林業センサス
        経営耕地面積(総農家)   80,792ha  全国14位      〃

       すると    一農家あたりの耕地面積は 63.7a   ワシんとこより大分でかい。
 
       平均寿命(男)       79.84年   全国1位   平成17年都道府県別生命表
       1人当たり老人医療費 715,564円  全国47位 平成19年度老人医療事業報告

       きっとワシももう15年くらい経つとこのくらいの医療費を使うのかも!


 信州人は結構広い畑で仕事で生涯現役!を貫き、おかげで全国一の寿命と全国最低の医療費(つまり健康だ)を誇っているということになる。ウン これはどこかの新聞でかって読んだことがある説だ。 済まん、男の数字しか拾わなくて・・・・・





果樹栽培 | 17:29:13 | Trackback(0) | Comments(0)
雪が降らなきゃ冬らしくない
 元日に続いて今朝もどっと雪が降っていた。元日よりもたくさん降った。これだけ降ると三が日は仕事をしないというだけでなく、4日以降も雪が解けるまで畑仕事が出来ないというわけだ。そう思ったら何となくイライラしてくる。

 少し食べすぎの運動不足を解消すべく、歩いて郵便局まで年賀状を出しに行ってきた。今は雪が小止みになったので家の前の雪かきをしている人が何人か見た。家の出入り口だけ出なくて、前の歩道まできれいに雪かきをしてあるのをみるとその家の人の気持ちが推し量れる。店舗の駐車場の雪かきをして来店者が入り易くしている、それはそれとして店の敷地の前の歩道まで雪かきしてあるのを見るとこれもそこの社長の心意気を見て取れる。

 具合の悪いのはある規模以上の企業の前だ。そこに接している歩道は結構長い距離があるが、雪はそのままになっている。歩道を歩く人はそこは車道を歩いて通り過ぎる。仕事始めになると当然出社した人たちが雪を片付けるんだろうが、歩道まで気が回るかどうか。零細規模の小売店主のように気を回せる人はいないんだろうと思うけど ・・・・

 帰ってきてからワシも自宅の前の雪かきをしていたら、近所のワカイショがブルドーザーのように盾?を付けた軽トラを持ち出してきて、ウィーン ウィーンと道路の雪を空き地へかき出してくれた。瞬く間に雪かきが終わったので、運転席を覘いてみたら盾?を上下左右に動かすレバーがあるだけ。動力はダイナモから電気をとって油圧ポンプを動かすんだと。

 少子高齢化の社会でも省力化や経済の活性化に寄与できるこういうニッチな分野があるんですなあ。日本人得意のハイテク技術を駆使して、高齢化社会には介護ロボットやお助けマシーンで、製造業でもロボットで工場の無人化省力化を進める。こうすればまだまだ日本は進化していけるではないか! 2010年が何かしら明るくなってきた。頑張ろう。



雪の三日目H220103 冬は寒くて雪がいっぱい降らないと自然も経済も困るんですなあ。雪の多い年は豊作、間違いなし。




「考えるワシ」の独り言 | 11:28:58 | Trackback(0) | Comments(0)
明けましておめでとうございます
雪の正月H220101

     墨絵の世界になった川中島より年頭のご挨拶を申し上げます。
     明けましておめでとうございます。
     旧年中は本ブログをご愛読いただきまして有難うございました。
     引き続きお立ち寄りいただきますよう宜しくお願い致します。

        平成22年元旦
                                ひろちゃん4649






信州川中島の風景 | 18:12:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。