■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小学校のクラブ活動
 今日で5月から始まった8回のパソコンクラブが終わった。あっという間だった。今年は1回だけ日程の都合が出来ず、先生に代役をお願いしたことがあったのが残念だ。4年生から6年生までの混成で28名というのは限界数字だろうが、楽しいクラブ活動だったなあ。

 4年生はローマ字自体が未だ良く判らないので、ローマ字表と首っ引きで苦闘しているが、6年生はすらすら進む。それでも4年生も最期にはそこそこキーボードを使うようになった。理解力に大きな差はあるが、子ども達も楽しんで勉強できたようだ。

 先生も忙しい時間をやりくりして、子ども達からのお礼の手紙をアルバムにして頂いた。子供たちが10年後に見せてくれる顔が楽しみだ。



                      前   半                後   半
    第一回   5/27    事前打ち合わせ(15分)        児童自己紹介
                   学校長挨拶                クラブ長(正副)選出
                   趣旨、年間の見通し          講師紹介とお話
                   めあてと活動計画
                   (教室へ移動5分)  
   
    第二回   6/24     Win立ち上げ               データの保存と読み込み
                   KBの使い方
                   ローマ字入力

    第三回   7/8      ローマ字入力の練習         表の作成(EXCEL、小遣帳)
                    自分の名前・住所           簡単な計算
                   学校の名前住所など

    第四回   7/22     ローマ字入力の練習        表の作成(EXCEL、小遣帳)
                    文例                  簡単な計算

    第五回   8/19     ローマ字入力の練習        表の作成(EXCEL、小遣帳)
                    文例                  簡単な計算

    第六回   8/26       写真の撮影・デジカメからデータの取り込み

    第七回   9/2        資料作成「10年後の私(僕)」

    第八回   9/30       資料作成「10年後の私(僕)」




スポンサーサイト
信州川中島の風景 | 17:27:41 | Trackback(0) | Comments(0)
秋の夜長は「源氏物語」
 実に久しぶり、で尚且つ有り難い雨降りとなった。今日は水を掛けようか、今日は降るだろうかと悩んでいたのでホッと一息吐いた。降れば降ったで何をしようかと家の中をウロウロしてしまう。謡の練習でもと「半蔀」を開いたら、そういえば源氏物語読破するという発心をしたまま放置していたことを思い出した。 そう・・・・ 「半蔀」は夕顔の話なんだ。

 確か、5巻目まで読んできていたはずだと本を探すが、見当たらない! 8巻ある中で5巻目はケースがあるだけで中身は行方不明なんだ。あちこち探し回って、途中で見つかったアルバムなんぞに目を奪われて時間をロスったが、やはり出てこない。これから秋の夜長は「読書の秋」が一番、とはいうものの本が出てこなかったらどうしよう ?!


神楽練習舞いH210929 今年は10月1日が秋祭りの前夜祭だ。一番のお祭りに備えてお神楽を持つ五つの町では若い衆が練習している。夜中にそういう音が聞こえてくれば「秋たけなわ」ということになる。今日は仕上げ、最期の練習をしている。


神楽練習囃子H210929 ヒャラリレロ・・・・ 笛の譜面にはカタカナで書いてあるがさっぱり理解できません。太鼓も同じ。そこらへんはワカイショに任せて・・・・ 早く終わって終いの一杯をやりたいなあ


  

趣味・道楽、そしておとこの遊び | 22:35:54 | Trackback(0) | Comments(0)
予習
 三ヶ月ぶりに先生のところでお稽古が始まる。謡は「半蔀」、仕舞は「清経」を教えてもらおうという予定だ。効果的にお稽古を進めるためにはちゃんと予習して行かねばならん。

 特に仕舞は謡を覚えていかないと舞などできるわけが無い。先輩に聞くと覚えるには仕舞型附をコピーしてポケットに入れておいて、見ては謡い、謡っては見る。その上謡うだけじゃなく、やはり書いて覚えるのが一番だそうな。


    シテ  さて 修羅道に おちこちの

    地   さて修羅道に おちこちの
         たづきは敵 雨は箭先 土は精剱山は鉄城
         雲の旗手を衝いて 驕慢の剱を揃え 邪見の眼の光
         愛欲貧恚痴通玄道場
         無明も法性も 乱るる敵 打つは波 引くは潮
         西海四海の因果を見せて これまでなりや
         眞は最期の十念乱れぬ御法の船に
         頼みしままに 疑いもなくげにも心は清経がげにも心は
         清経が仏果を得しこそありがたけれ



王林・シナノスイート・秋映H210928 一昨年の春、王林にシナノスイートと秋映を接木をした。それが今年はこれこのとおり。左の紅いのが秋映、右上方にはシナノスイート、右下奥のは王林




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 23:01:15 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴルフ
 御厨神楽保存会の秋季定例ゴルフコンペ
 川中島カントリークラブで5組20名参加して開催された。今回は21回目だとか。ワシは会を賑わす役目。スコアは二の次で楽しくやることにしている。マア結局この齢ではハンディキャップを改善していくなどというのは所詮無理な話だということだ。

 今頃はゴルフ場へ行くと(食べるかどうかは別にして)ラフなんぞに目をやって、キノコを見つけるとそれでまた皆が薀蓄を傾けることになるのだが、今年はまるで姿が見えない。それをいうと、気温が高すぎる、18度以下にならないと出てこない云々と話が弾むのだ。

 近くの公会堂でこれから一杯やりながら表彰式、いそいそと出かけるのだ。


川中島CCコースレイアウトH210927




信州川中島の風景 | 16:09:44 | Trackback(0) | Comments(0)
マイタケが出てきた
 先日我が家のキノコ畑を覆っていた遮光ネットをはがしてみたら、全く何も無かったのが今日はこのとおり、マイタケが現れた。その名前のとおり、舞い上がりたいくらいだ。遮光ネットを二重にして放ったらかしておいたらスギナさえ枯れてしまった(光量不足か?)のを、河島さんが未だ間に合うんじゃないかや!って言ってくれたので、水遣りしてネットを軽く掛ける程度にしておいたのだ。


マイタケH210926 ジャワのポロブドールか、ひろちゃんちのキノコ畑か、というくらいに見事だろう、どうだっ。例年からいくと収穫は後10日以上経ってからだな。


 ワシがカエデを輪切りにして、いろんなキノコ菌を植え付けておいたのは全く何も出てこない。気温が高すぎること、雨がまるで降らないことなどいろいろ考えられる。でもこのマイタケは菌を植えた後、低温倉庫で全体に菌がまわるように保管しておいたヤツだから、少々手入れが悪くても出てくるんだねえ。キノコ菌の生命力ってたいしたもんだ。それでも大事なことは最初をきちんとやっておくことだね。


 このところ信州ではキノコの時機到来だ。テレビでもラジオでも新聞でも、キノコ中毒に注意の話が頻繁に出ている。ご近所でも寄ると触ると、何処では採れたとか何処ではまるでダメだったとか、そんな話ばかりだ。正さんも「下見してきたが何にも出てねえ」ということだから、採りに行くのももっと後になりそうだ。





趣味・道楽、そしておとこの遊び | 22:24:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ニンニクの植え付け
 ようやく種ニンニクを入手した。去年近くの八百屋で「お彼岸前には植えつけなきゃなあ」と言われていたので、先日行って聞いたら「そう、確かにそう言ったなあ」と思い出してくれた。それで昨日入荷していたので、一袋1480円で二袋買ってきておいたのだ。青森産だとか。

種ニンニクH210924 できるだけ大粒のが種として好いんだそうな。そこで160粒選んで植えた。土がカラカラに乾いているので、頻繁に水遣りをしてしっかり湿らせてからマルチをする予定だ。


 風に乗ってキンモクセイの香りが飛んでくる。これもほんの僅かの間楽しめる香りだ。収穫の秋、好い陽気になりやしたなあ。






家庭菜園の楽しみ | 17:53:30 | Trackback(0) | Comments(0)
アゲハチョウがやってきた
 このところサンショウの葉っぱが落ちてきて、雨が降っていないのでもう枯れ始めたかと思っていたが、ふと見たら何んと怪獣がくっついていた。結構ユーモラスな顔をした怪獣だが、これはアゲハチョウの幼虫だ。去年は7月頃にサンショウにくっついていたが、こんな涼しい秋になって脱皮して蝶々になれるんだろうか、心配だ。

アゲハチョウ幼虫H210922 良く探したら一匹じゃなくて二匹いたぞ。やはり寒いのと乾きすぎているのでサンショウの葉っぱは栄養が悪いらしくて、去年の夏に見たよりもずっと小さい。


 サンショウの実が付いていないので「コンチキショウ!」なんて潰してしまうのは可哀そうだという気になる。ましてや秋のお彼岸ではないか。敬虔な仏教徒のワシとしてはとてもトテモ殺生できない。





「考えるワシ」の独り言 | 18:54:24 | Trackback(0) | Comments(0)
第16回能楽大会
 「長野県民芸術祭2009参加 第16回能楽大会」が松代文化ホールで開催され、初めて出場してきた。昨年まではもっぱら見物するほうだったから、少しは成長した?

 我々の出し物は「通小町」、ワシは地謡、つまりコーラス部だ。今まで謡っていたところと違って、このホールでは自分の声はとても小さく聞こえるし、まるで他の人の声も聞き難い。つまり天井が高いというか、反響が少ないんだな! 素人のワシとしてはとても不安になって、声も小さくなってしまった・・・・ 好い勉強だった。 これは小野小町に横恋慕した四位の少将が恨み辛みを小町に語る物語、でも最後は小町も少将も仏力によって成仏するんです。


第16回能楽大会柏謳会h210920 柏謳会の出し物は「阿漕」、殺生を禁ずる阿漕が浦で漁をした海人が地獄の責め苦に苦しむという話。


 世界文化遺産に登録されている能楽、その音楽部分を楽しむ素謡。それにしては聴衆が少なかった。余り親しむ機会が無いとはいえ、ちょっと無関心過ぎるんじゃありませんか? 現在の音楽教育は洋楽偏重なんじゃありませんか?


 

信州の風景 | 00:44:23 | Trackback(0) | Comments(0)
長野市立昭和小学校 第83回大運動会
 ワシの母校である昭和小学校の大運動会に行ってきた。 実は学校のすぐ近くに住んでいて、運動会練習のアナウンスなどが聞こえていも運動会に行くのは自分の子どもが卒業以来初めてなのだ。

 去年総合学習を一緒に勉強したクラスの子供達から招待状を頂き、小学校最後の運動会だから見に来てくださいと。これは行かねばなるまい。久し振りに行った運動会、親ならずとも子ども達の頑張る姿に共感と感動した。


大運動会大玉送りH210919 全校生徒による大玉送りなんて、懐かしいですナア。大規模校だから(といってもワシの時も6学級はあったが)全員でやると、子供たちの歓声とあいまって盛り上がります。


大運動会1H210919 6年生の組体操、こういうのを上級生がやるのを見て、すごいお兄ちゃん達だと驚いたことを思い出した。運営を手伝ったり、こういう演技を見せられると、やはり同じ小学生でも上級生となるとスゴイね。去年よりまた一段と成長している。


大運動会3H210919 運動会の花形は何んと言っても「リレー」だね。運動会の最後を飾るに相応しい走りを見せてくれました。

 
 帰ってきてから生垣の手入れをしているところに子ども達が賑やかに帰ってきた。でも今日は何時もよりずっと賑やかだ。応援の歌を歌いながら、自分達の出た競技のことをおしゃべりしながら、興奮冷めやらずというところだ。何回か練習したその成果を家族の前で精一杯披露する、無事終わってその満足感、これは子ども達にとって素晴らしい想い出を創った一日だったね。





信州川中島の風景 | 19:05:12 | Trackback(0) | Comments(0)
久しぶりのマレットゴルフ
 暑いときはやめて、涼しくなったらやろうと言っていた町内のマレットゴルフ、一週間ほど前に募った急ごしらえだったが10人ほどで遊んできた。

 今日行ったのは雨宮緑地といって、隣りの千曲市が千曲川の河川敷、あの川中島合戦で有名な「雨宮の渡し」、あのあたりにあるマレットゴルフ場だ。あるのは知っていたが遊んだことは無い、といってもそれはワシだけの話で、今日のメンバーは結構ここでやっているようだった。



雨宮緑地マレットを楽しむ人たちH210918 全面に張られた芝がきれいだ。明日はコンペがあるとかで、その練習に大勢来ていたが全部で27ホールあるのでごった返すということはない。


雨宮緑地マレットコース距離H210917 100メートル以上もあるホールがあるので、全長はかなり長い。万歩計は6000歩にもなっていた。

 アカシアの杜のようなベアグランドのコースも難しいが、芝だって難しいぞ。遅いからなんてなめてかかるとひどいスコアがでる・・・・ でたぞ。




信州川中島の風景 | 22:03:59 | Trackback(0) | Comments(0)
少々遅れたがやっと秋野菜に手を付けた
 去年より一週間遅く、一昨年より10日も遅くなったが、漸く秋野菜の種蒔きをした。

 信州地大根、おふくろ大根、耐病総太り大根というダイコンを三種類。90センチ幅に畝をたて、マルチをしてから3列に、40センチ間隔でチドリに穴をあけ、三種類を播いたのだ。中途半端な幅の畝が1本できたので、それにはハクサイを播いた。もう一畝作ったが、これはニンニク用だ。種ニンニクは未だ何時もの店に出ていないので、畝たてだけになってしまった。ここまでは昨日夕方やった話。


 夕べのうちに少し雨が降ったらしい。結構なタイミングの雨だった。未だ降りそうな気配なので急いでもう一畝立てた。そこにホウレンソウを3条播きにして、乾燥防止に不織布を掛けてやった。そこにパラパラと雨粒が落ち始めた。まことに結構な雨だ。ザンザン降りじゃない、こんなパラパラ降る雨が一番好いね。


秋野菜の植え付けH210914 どうも貧乏性が過ぎてちまちまやり過ぎる。そこで畝をたっぷり90センチ、畝と畝との間を40センチくらい空けるつもりだったが、隣りに作ってある野菜があって、なかなか理想どおりにはイカンもんじゃった。


 野良仕事をやっている耳に、近くの小学校から運動会の練習らしい音楽やらアナウンスが聞こえてくる。そういえば今週末は運動会だって聞いたような気がするなあ。





家庭菜園の楽しみ | 15:12:16 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴマの収穫
 7月17日にゴマの花が咲いたのを初めて見て、その背丈が記憶と余りに違って小さいので、戸惑ってしまったが、あれから凡そ2ヶ月。未だ花が咲いているのもあるが、場所によっては莢が枯れてきているので、そういうのを採ってきた。

ゴマの収穫H210914 こんなに小ちゃかったっけ?と感心するほど小さい。小さいものの代表になるわけだ。それでも炒ると少し大きくなって、ああ、これは正しくゴマだというくらいになった。


 2ヶ月前には小さいのに花が咲きはじめたので、子供の頃の記憶違いかと思ったが、てっぺんに花が咲いて、実をつけながら伸びていく。今は子どもの背丈くらいに伸びたので、記憶に間違いは無かった。そこには大きな蝶の幼虫だったか、蛾の幼虫だったか知らないが、芋虫のような大きなムシがついた記憶もあったが、今年はそういうムシにはお目にかかれなかった。



家庭菜園の楽しみ | 18:04:56 | Trackback(0) | Comments(0)
同じ日に同じ果物が収穫できる不思議
 毎朝ブドウ棚の下へ行って眺めていたが、もう好いだろうとナガノパープルを収穫した。写真を撮って名前をつけるときに気がついた。丁度去年の今日、同じ日にナガノパープルを収穫して写真を撮っていた。毎年同じときに同じ収穫が出来るという不思議、古代エジプトではナイル川が氾濫する時期を計算して農耕をしたという、それと同じことだ。


ナガノパープル収穫H210913 1本のナガノパープルが初めて実をつけたのが平成19年、ここにきて漸く美味いブドウを栽培するコツがわかってきたような気がする。今年もう1本追加して植えたし、やはり新種のシャインマスカットという種類の苗木も今年発注した。モモもブドウも再来年くらいから大量に出荷できるようになる?!・・・・・





果樹栽培 | 16:03:29 | Trackback(0) | Comments(0)
感傷に浸る秋
 潅水という雨乞いの効き目があって、久し振りに雨降りとなった。本来ならば恵みの雨と農休みでゆったりするところだが、このところ風邪からの回復が遅れ、アフターまでできてしまったので憂鬱である。一雨ごとに深まる秋と「人生の秋」を同時に感じてしまう。感傷的になるのは女性ばかりではない!

 とはいっても今日の申し合わせはサボるわけには行かない。9月20日に松代文化ホールでの能楽大会、10月18日の鬼無里イヤーの出し物の申し合わせ、言ってみれば音合わせということだ。

 能楽大会の出し物は「通小町」、ワシは地謡でデヴューなので流石に緊張している。鬼無里イヤーは「紅葉狩」だが、ワシは当日は」都合が悪いので今日は聴くほうに回った。

 後一週間もあれば風邪は完治するか知らん? 若い頃とは確かに違うようになったなあ。




「考えるワシ」の独り言 | 17:01:32 | Trackback(0) | Comments(0)
果樹の秋季剪定
痰がからんで咳が止まらないが、体温は平熱なので溜まっている仕事をこなさなきゃいかん。秋野菜のほうも未だ何も手をつけてない、といっても今年は今手元に種があるダイコンとホウレンソウ、ニンニクくらいにしておこうと思っているが。

 桃の栽培は出荷が終わったらもう来年に向けた準備だ。お礼肥えは硫安を先日、樹冠の範囲くらいでバラバラ撒いておいた。今日は剪定講習会があって、そこで今やる剪定の方法を聴いてきた。


桃の剪定講習会H210909 今やる秋季剪定は樹形を乱す太目の徒長枝を中心に切るんだそうな。今頃は樹の反発が少ないので適期なんだそうだ。

 ということは、プルーンも今やっておけば冬の剪定が楽になるということだな。アメリカシロヒトリが大きくなって散っているので、早く消毒しなければイカンが、それには秋季剪定をやって薬の通りをよくする、モノには順番があるんだ。お湿りがないので潅水もやらなきゃならんから、身体がいくつあっても足りない。風邪なんぞでモタモタしちゃおれんのだ。




果樹栽培 | 18:49:25 | Trackback(0) | Comments(0)
7、8月天候のまとめ
 薬によって平熱まで下がったものの未だセキが取れないので今日も謹慎中だ。全くやることがないというのは困ったことで、うちの中をウロウロしまわっている。8月の作業データを入力しようと思い立って気がついたのは、7月の天候のまとめをしていなかったことだ。


------7月天候まとめ(6/28~8/1まで)------

週  最高気温 最低気温 最高週平均(平年差) 最低週平均(平年差) 
26     30.1     17.3     26.5(+0.0)       18.5(+0.5)  
27     30.7     16.6     27.4(+0.0)        19.5(-0.3)
28     35.5      18.6     29.6(+1.3)        20.2(-0.4)
29      30.9      19.2      29.2(-0.6)        20.8(+1.4)
30     31.0     19.7     29.4(-1.6)      21.3(+0.0)

  そう、思い出した。気象庁が甲信地方では平年より6日早く7月14日梅雨が明けたらしいと発表したのだ。そしたら、その発表を待ってましたとばかり天気が崩れて、曇ったり雨が降ったりして、ついに28日には日照不足情報が出されたのだ。こうやって見ると、7月下旬の天候は週の最高気温平均が平年より若干低いという程度で済まされてしまうンだなあ。


  8月も10日まではエライ雨降りが多かった。プルーンに消毒をしようとしても、雨が降っていて見送らざるを得なかったことが何回もあった。スモモヒメシンクイムシ防除で10日に一度消毒しなさいと言われても、7月下旬から全く予定通りに出来なかったナ。結局プルーンは殆ど全滅だった。早生のアーリーリバーだけでも出荷できていればと悔やまれる。あれはどうして樹から忽然と消えうせたんだろう・・・・



------8月天候まとめ(8/2~8/29まで)------

週  最高気温 最低気温 最高週平均(平年差) 最低週平均(平年差) 
31     32.8     20.6     26.6(-0.4)       21.9(+0.4)  
32     33.5     18.6     30.1(-0.8)        21.9(+0.7)
33     33.0      18.8     31.6(+1.1)        21.1(-0.0)
34      30.1      14.7      27.4(-1.7)        18.2(-1.9)


  8月11日台風が列島から遠ざかってから漸く夏らしくなったので、特産の川中島白桃の出来は好かった。早生の桃を作っている人は大変だったろうなあ。

 こうやって数値化したのの怖いところは特異な現象が見えなくなってしまうところだ。数字を読むときはそういうところを良くわきまえて読まなきゃイカンし、言語情報も必ず追記が必要なんじゃナ。



信州の風景 | 16:23:21 | Trackback(0) | Comments(0)
鳥インフルでなくてよかった
 ついにダウンしてしまった。今朝、カミサンにせっつかれて近所の医者へ行って診察してもらった。幸いにして今流行の鳥インフルではなくて、ただの風邪だった。

 身に覚えがある。一週間ほど前の午前中に一仕事して、汗で濡れたまま昼寝をした。そのときからエヘンムシに取り付かれた。だから医者などに行かなくても大丈夫と高をくくっていたが、昨日から熱がでてきたのだ。

 木曜日に上京して山手線に乗ってみたが、意外だったのはワシのようにマスクをしている人がとても少なかったことだ。鳥インフルに鈍感なのか、健康に自信があるのか・・・

 考えてみると、このところ秋風が吹くころになると不調になる。夜熟睡ができなくなり昼寝をしても疲れが取れない、そして疲労が蓄積して夏バテをするというパターンだ。厭ですねエ、齢はとりたくないですねエ。




「考えるワシ」の独り言 | 20:28:47 | Trackback(0) | Comments(0)
旧友と会う
 上京した機会に、大学卒業以来会うことの無かった友人と連絡をとって会うことになった。腰を落ち着けたところは新宿三丁目の追分だんご本舗新宿本店だ。甘党のワシ等は真昼間から飲もうという気にはならない。かといって、店頭にある長いすに座って食べる勇気も無いから、奥に入って久しぶりの甘味に舌鼓を打ったというもんだ。


鈴木春生H210903 彼が注文したのはこおり小豆、ワシはクリームあんみつ。顔を見合わせて「お互い齢をとったのお」とつぶやいたもんだ。




「考えるワシ」の独り言 | 16:43:36 | Trackback(0) | Comments(0)
マタタビのブランデー漬け
 河島さんがマタタビを持ってきてくれので、マタタビ酒を作ることにした。マタタビ酒は強壮剤とか、神経痛に効くとかいろいろ言われているが、作るのは初めてだ。

 ネットでいろいろ調べてみた。マタタビの実はもともとドングリのような格好をしているらしいが、アブラムシが着くとユリの球根のような格好になってしまうらしい。薬効は変形した実のほうがあると書いているが、ワシのカンでは多分ごつごつした格好が強そうというくらいなのではないか。

 それはそれとして果実酒の作り方はどれもこれも似たようなものだが、マタタビ酒はどうも苦いらしいので、今回のレシピは苦さへの対応はその都度ハチミツを加えるとしてもっともシンプルなものにした。

       マタタビ     もらった量が110グラム
       ブランデー    640cc 売っていたのがこの量

 マタタビは水洗いしてから一度湯通しをした。これは中にムシが入っているのもあるので、水洗いだけではイカンと思ったからだ。


マタタビのブランデー漬けH210903 3、4ヶ月すると飲めるという。マア半年くらい寝かせれば十分だろうと思う。果報は寝て待て!




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 08:58:57 | Trackback(0) | Comments(0)
ナガノパープル収穫も間近になった
 あと10日ばかりでワシが丹精してつくったナガノパープルの収穫になりそうだ。袋を掛けた房の数を数えてみたら127房あった。ハクビシン?に食われた房と途中で枝が折れた房があったから、全部では130房くらいあったことになる。



ナガノパープル収穫間じかH210902 去年、鉄パイプで棚を作り直したのでかなりの重さにも耐えている。

 とても食べ切れないので、プルーンのピンチヒッターとして販売できないかと考えている。営業にあちこち回らなくっちゃ・・・



果樹栽培 | 20:47:33 | Trackback(0) | Comments(0)
台風11号が窺がう中で二百十日のお神楽
 二百十日、立春から数えて210日目は9月1日、その前夜祭には斗女神社でお神楽奉納。忙しい時代ではあるが、平日であろうが休日であろうがこの日は(閏年を除いて)二百十日なのだ。サラリーマンで祭典係にあたることもあるが、そこらへんは自在に調整するのも地元力だな。

 今年は丁度台風11号が上陸するかどうか微妙なところだったが、氏子総代が早めに決断。灯籠揃いも、お神楽の道中も中止。そこで各組の神楽保存会は頭と道具を持って斗女神社に集合、ただ雨は降っていないので、神楽は本殿の前で舞うことになった。

二百十日お囃子H210831 ムシロを敷いて当番にあたった畑中組がお囃子を担当した。カメラが悪いのでどうしてもぶれてしまう。

二百十日獅子舞H210831 灯籠揃いが中止というお触れがまわっていたので見物が少なかったが、それでもお母さんに連れられた小さい子供が何人かいて、お母さんの手にしっかり掴ってこわごわと見ていたのが印象的だったなあ。





信州川中島の風景 | 19:18:30 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。