■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ごみ拾い
 今日は長野市の河川一斉清掃に合わせて、犀川堤防道路や河川敷のごみ拾いに参加してきた。良く使う「アカシアの杜マレットゴルフ場」やその隣りの野球グランドのあたりから、上流にある篠ノ井線の鉄橋までの間をきれいにしようという行事だ。ワシが参加するのは今回初めて、それも主催者サイドとして、だ!!

 毎年やっているが、残念ながら毎年軽トラ1台分くらいのごみが集まるとか。今年もそのくらい集めた。ペットボトルやビニール類が多かったね。売らんかなの製造業者の無責任と、便利だから使うという消費者の無関心とを実感してしまった。

 デジカメを持ち忘れてしまって携帯のカメラで撮影したが、これは道具の所為ではないナ。シャッターを押すときにカメラが動いてしまうという、ごく初歩的な・・・・   勘弁ヨ!


犀川一斉清掃H210530 参加してくれた個人、建設やスーパーなどの一般企業、郵便局や水道事務所などの団体から約70人ほど。企業・団体は仕事がらみもあるかもしれないが、それでもこれほど集まってくれたのには感激した。

犀川一斉清掃の2H210530 堤防道路際、野球グランド、川沿いの農道、犀川の斜面などを袋を片手にごみを拾っていく。往復一時間少々。参加者が流れ解散して、ワシ等も帰ろうかというところに、袋一杯のごみを持って二人の人が戻ってきた。帰ってしまわなくて良かった (~O~;






スポンサーサイト
信州川中島の風景 | 11:25:40 | Trackback(0) | Comments(0)
川中島白桃の手入れ
シャクヤクH210529 朝方の夕立?があったらしく、八重咲きのシャクヤクが花の重みで倒れてしまった。起こして棒で支えてやったが、朝日にしっとりとして、まさに「立てばシャクヤク、座ればボタン」という例えの如し。

 モモの摘果、プルーンの摘果と矢継ぎ早に仕事が追っかけてくる。

 たった1本の川中島白桃だから、精一杯面倒みてやるつもりで摘果も気合が入る。この時期は葉が茂ってくるので、剪定をやったときに予想した姿と大分違ってくる。その上、徒長枝も伸びているので、摘果をやりながら枝も透いてやらねばナラン。

 お昼にモモ栽培の達人に会ったので、徒長枝の切り方を確認したら、背中に出ている枝の芽掻きというのは元からバッサリ切るんだと。ワシは元から5センチくらいのところで切って、来年の結果枝を出すと思っていたのだが・・・・

 自信のないところは聞いてみるもんだのお、おのし!





果樹栽培 | 19:10:27 | Trackback(0) | Comments(0)
パソコンクラブ始まる
シランH210527 川沿いの斜面に二年前に植えたシランが咲き誇っている。

 いろいろネタはあるが少々省こう。昨日は第1回目のパソコンクラブをやってきた。今年のわが母校昭和小学校のクラブ活動は19クラブある。そのうち13クラブが地元の人が講師になっている(少し減ったようだなあ)。パソコンクラブの児童は28名、去年は30人だった。最後の第8回は9月30日、それまで頑張るぞ。




   


信州川中島の風景 | 09:28:20 | Trackback(0) | Comments(0)
菜種油を絞りたい③
菜種のもとを乾かすH210525

 刈り取った菜の花は適当に束ねて、はぜ掛けで乾かすことにした。水稲のはぜ掛けを物干し竿に使っていたのを、本来の使用方法で活用したわけだ。

 重くて鉄パイプがしなっている。これだと菜種にして1斗はあるだろう、甘いかな!



趣味・道楽、そしておとこの遊び | 19:16:57 | Trackback(0) | Comments(0)
ようやく野菜苗の定植を始める
トマト用ハウスH210524

 トマト苗を定植してから2週間も経って、ようやく雨避けのハウスができた。去年は面倒くさいと、雨除けをしてやらなかったら、ほとんどトマトは口に入ることが無かった。これは苗が雨に当たって、病気が出てしまったという結論になっていた。

 なぜハウスの完成が今までずれ込んだかというと、菜の花を見て菜種油を絞ろうかと考えたことによる。見ていたら、ヒワが飛んできて種をついばんでいたのを見て、漸く種が熟したと悟り、ハウスを組み立てる分の菜っ葉を片付けたというわけだ。

 ハウスは材料は既に揃っているから、組み立てるだけだから簡単。ただ気をつけなきゃイカンことは強風で飛ばされないように、しっかり固定することだね。

 それから追加で買って置いたトマトの苗を4本定植。更にキャベツ、4本植えたのに1本はムシに食われて枯れてしまった。ブロッコリも4本定植した。不本意ながら、苗の周辺には殺虫剤をパラパラ撒いたというもんだ。

 それでも未だ、定植を待っているスイートコーン苗が60本、エダマメ苗が20本?くらい残っている。小梅がそろそろ収穫時期になってきて、こりゃ急がしいワイ。




家庭菜園の楽しみ | 21:04:38 | Trackback(0) | Comments(0)
飯山富倉のそば
 何んともいろいろ忙しい数日間であった。ものは順番で、赤倉行きの話からいこう。

 赤倉では二泊三日いのちの洗濯をした。その間の昼飯には飯山富倉のそばを食べに行ったというもんだ。富倉地区には4軒のそば屋があると聞いていたが、一軒は場所不明、一軒は休みというので、最初から2軒ハシゴしよう予定で出かけた。ここでは十割ソバのつなぎにオヤマボクチという山菜を使うという。最初の店で食べたのはオヤマボクチを使ったというのが、食味的に良く判らなかった。

 次に行ったのは「はしば食堂」という名前だった。

好文17回忌角倉はしば食堂前オヤマボクチH210519 店の前の川沿いにオヤマボクチが植えてあった。牛蒡の葉っぱによく似ているが、葉裏は白くて綿毛のようなのがうっすらと生えている。この白い綿毛のようなのをつなぎに使うのだと。

好文17回忌角倉はしば食堂のソバH210519 出されたそばはわりと色白で、十割ソバなんていうと短いと思っていたが意外に長い。水で冷やして直ぐだから表面が艶々としている。こういう艶のある間に食べるんだそうな。ということで大急ぎで食べたら・・・・・ 美味いの何んのって、美味い。確かに美味い。もう一人前ずつ追加して平らげてしまった。

好文17回忌角倉はしば食堂鶴ベエ写真H210519 聞いたら、何年か前にNHKの「家族で乾杯」に鶴瓶がやってきたんだという、そのときの写真があった。

好文17回忌角倉はしば食堂緒方拳写真H210519 壁に落書きがあったので良く見たら、緒方拳と署名してあった。美味を求めてここまでやってきて、感激の余り色紙代わりに壁に書いていったんだろう。

好文17回忌旅行はしば食堂のそばうちH210519 おばちゃんのソバを延ばしている写真があった。一升半のそば粉にオヤマボクチをひとつかみ、一間半ののし棒を使い、それを1メートル半くらいに延ばすから、下の新聞紙が透けて読めるくらいになるという。若々しいおばちゃんに、大変失礼ながら齢を聞いたら80歳であと。たまげた!

好文17回忌旅行はしば食堂H210519 感激の余り、おばちゃんも入って記念撮影。どれが80歳のおばちゃんか判らんだろう?














信州の風景 | 17:28:48 | Trackback(0) | Comments(0)
五月晴れ
アヤメH210518

 二日続いた雨があがって、今日はも文字どおりの五月晴れだ。オヤジの17回忌法要を終えたら、二泊三日で赤倉へ行く。

 庭に出たら、郭公の初鳴きが聞こえてきた。





「考えるワシ」の独り言 | 09:56:07 | Trackback(0) | Comments(1)
国産材のモダンな住宅を提供
 今日こそ、日本ミツバチがワシのアパートに入居してくれるだろうと、朝からお待ちしていたが残念ながら昨日からの冷たい風が吹き止まず、引越しする気にならなかったらしい。

 山口先輩に聞いたら、待ち箱に家具を入れるのはマズイとのこと。昨日頑張ったベニアの垂れ壁付きの巣枠を全部外して待つことにした。

 考えてみたら、今準備している巣箱は皆中古だ。やはり新築住宅も準備したほうが好いのではないかと思いつき、朝から杉の野路板を使って作り始めた。

モダンな住宅をH210514 奥行300×間口250×一階の高さ140ミリの箱を3つ重ねた3階建て住宅。うまく入居して立派な巣を作ってくれたら、3階の部分を取り外し、2階部分に同じ大きさの箱を差し込む。そういう算段だ。

 途中まで作ってきたら、釘も野地板も足りなくなってしまった。おまけに午後のザル碁会も忘れていた。どうも最近は思いつきの行動が多くなって、物忘れが激しいワイ。





挑戦! 日本ミツバチの飼育 | 19:14:10 | Trackback(0) | Comments(0)
毎日が日曜大工、巣枠の改良
 青空が出てきたが、猛烈な風が吹いている。これだけ強い風だと肌寒く感じて、畑に出る気力は無い。昨日DIYの店で買ってきたベニヤ板を使って、「日本ミツバチさん、いらっしゃい」用に西洋ミツバチの巣枠を改良した。

巣枠改良H210513

 9日の昼ごろ、待ち箱を観察してまわっていたら、西洋ミツバチで使った巣箱とリンゴの丸太巣箱に、何匹かの日本ミツバチがしきりに出入りしていた。待ちに待った探索蜂がやってきたと嬉しくて、「カミサンが静かにしておいてあげなさいよ」言われながら、静かに観察していた。

 ところが翌日から、巣箱の周りには、一匹のハチもやってこない。日中の暖かい頃合を見て、巣箱を見てまわるが、ハチの羽音すら聞こえてこない。山口先輩に聞いてたら、一週間もすれば入居してくれますよ、なんていってくれたが心配で仕方がない。彼のホームページを見たら、巣枠の上に少し垂れ下がりがあるだけで巣を作ってくれるとあった。

 入居してくれるかどうか判らない段階ではあるが、兎に角一見即決してくれるようにと、持っている巣枠25本全部に改良策を講じた。西洋ミツバチの巣箱には、更に蜜蝋を塗りこめて8本入れてやったゾ。明日はきっと穏やかな天気になると思うが、そうなればきっときてくれるはずだ、来て欲しい。 イヤ、来なければならない。


挑戦! 日本ミツバチの飼育 | 16:43:12 | Trackback(0) | Comments(0)
善光寺ご開帳 早朝にお参り
 カミサンと母、セガレと4人で善光寺のご開帳に行ってきた。先日、お稽古の帰りにお参りしようと寄ったのが、連休とはいえあまりの行列の長さに驚いて、日を変えて行ったというもんだ。

 今回は朝6時半に善光寺着いた。それでも既に大勢の善男善女がお参りに見えている。

善光寺ご開帳寝仏回向柱H210512 先ずは涅槃佛のおられる釈迦堂に立てられた回向柱に触れて極楽往生を願う。朝早いからこのくらいの人たち、というか朝早くから大勢の人たちというか。でもお参りはスムーズ。

善光寺ご開帳お数珠頂戴H210512 仲見世へ出て、山門をくぐると本堂の前に回向柱が立っている。 ン? 皆さんが並んでいます? そう本堂でお朝事を終えたお上人さんから、善男善女がお数珠を頂戴するのだ。2列に並んで、前列は膝を着いて、後列は腰をかがめて、お上人さんが持っているお数珠で触ってもらうのだ。丁度その時間になってラッキー!

 お内陣に入ってお参りした後は、ホテル国際21の16階で朝食バイキング、1200円。早朝から歩いてしっかり腹ごしらえしてグー。



 


信州の風景 | 16:21:19 | Trackback(0) | Comments(0)
荒摘果が終わった
 気温が高すぎるとはいえ、作業は順調に進む。今日でリンゴの荒摘果を終えた。フジはもう終わっていたが、一本の樹に王林と秋映とシナノスイートが生っているほうは、花の時期が違うので、接木した秋映とシナノスイートの摘果が今になったわけだ。

秋映摘果ビフォアH210511 枝の真上にも葉っぱが茂っていて見るからに暑苦しい。

秋映摘果アフタH210511 枝の真上の短枝は切って、中心果を残して周りの実は落とした。すっきりして、これから日一日と大きな実になっていくはずだ。

 ナガノパープルの新梢も落としたり、ねじったり。毎日好天が続くので仕事も捗る。






果樹栽培 | 21:30:30 | Trackback(0) | Comments(0)
春野菜の定植
 5月2日にJAで買ってきた野菜の苗を定植した。苗を買ってきて直ぐ植えない、数日慣らしてから定植しなさい、と教えられていたので、丁度一週間目に定植したというわけだ。ポットから苗を引き抜くと、もう根がまわり始めていたので丁度好いというか、限界だった。

ズッキーニ苗定植H210509 ズッキーニは4本定植した。去年のマルチしたが使わなかった穴に植えた。毎日受粉してやらなきゃならないが、あっても困らない野菜だ。

ピーマン苗定植H210509 ピーマンも4本定植。毎年挑戦するがうまく出来ない、難しい野菜だと思う。今年は石灰窒素、醗酵鶏糞、堆肥、野菜の化成肥料などたっぷりやってみたが、さあ、どうだ。

トマト苗定植H210509 このトマトは日本デルモンテのリトル・サマーキッスという中玉種だ。キュウリモザイクウィルス病に強いCMVワクチン接種苗だというが、価格も高かったから3本しか買えなかった。トマトも栽培が難しいので、奮発したがどうなるやら・・・・  途中でもう数本追加で植えて、屋根をかけてやるつもり。




未分類 | 09:30:58 | Trackback(0) | Comments(0)
果樹に乾燥防止のワラ敷きこみ
 二日間、たっぷりと雨が降ってくれた。八十八夜も過ぎて、流石に遅霜の心配も無くなったので、野良仕事も本格化した。どの畑にも人の姿が見えて、着々と仕事が進んでいるようだ。

 ワシのモモ畑も、先日蒔いたヘアリベッチがうっすらと生え始めた。最近の毛生え薬はこんなふうに効くのかな?なんて考えながら、苗木の周りにワラを敷いてやった。乾燥防止にやったほうが好いといわれて、去年のうちに軽トラに山盛り一杯のワラを調達して置いたのを使った。苗木1本にワラ束を一束、成木には5束も使うので、もらったワラは全部きれいに敷きこんだ。

乾燥防止にワラ敷きH210508 かなり芸術的に、というかA型らしくビューティフルに出来た。となりの畑でも父ちゃんと母ちゃんでワラカッターを使ってたっぷり敷きこんでいる。





果樹栽培 | 09:33:40 | Trackback(0) | Comments(0)
野菜の芽が出る時分
エダマメかソバモヤシかH210507

 4月22日に蒔いた39ポットのエダマメも土を押し分け、芽が出始めた。ところが4、5日前からそのエダマメのポットからソバの芽がどんどん出ている。この冬に挑戦したソバモヤシの栽培は、鳥に食べられたか霜にやられたか原因不明で、2月19日には管理を放棄したが、その土を使ってエダマメを蒔いたのだ。2ヵ月放置されていたのに、適当に水をもらったら、豆より早くソバが芽を出したというわけだ。すごい生命力ですなあ。

 見つけるたびにハサミでチョキチョキ芽を切っているのに、出てくるわでてくるわ、もう根負けしそう。もう少し面倒見ていればソバモヤシをしっかり食べられたのに!!

二日ばかりたっぷりと雨が降ってくれたおかげで、4月30日に蒔いたホウレンソウの芽がぼつぼつ出始めた。5月2日に蒔いたスイートコーン60ポットの真ん中辺が早くも盛り上がってきた。この時期は気温もあがってくるので、水さえたっぷりあればどんどん発芽するというわけだ。



家庭菜園の楽しみ | 18:34:15 | Trackback(0) | Comments(0)
菜種油は搾れるか②
菜種熟し始めるH2105050

 昨日から天気は下り坂、潅水をしながら「コレは雨乞いのつもり」など言っていたが、昨夜から久しぶりに降り始めると、雨乞いが効いたとウレシイやら、無駄な仕事をしたと悔やむやら、複雑な心境だ。

 菜の花は相変わらず芳しい香りを放っているが、下のほうはもう実をつけている。今日は雨なのを幸いに、朝からネットで菜種油の搾り方について調べた。折角の実を利用しないというのは、自然に対する冒助だ!

 調べてみると、菜種油にする菜の花は洋種が好いのだそうな。野沢菜やアブラナ、ユキナなどはどちらになるのか知らん。うっかり搾って大量に食べると、心臓疾患を引き起こすのもあるんだそうな。ということが判ったら、カミサンは「もう早く刈り取ってしまったら?」と嫌悪の表情だ。

 その上、搾る機械は手搾りで数万円、小型の電器絞りで十数万もするとのこと、こりゃまた道楽の始まりか・・・・   決断をせにゃならん。





趣味・道楽、そしておとこの遊び | 23:23:55 | Trackback(0) | Comments(2)
4月天候まとめ(3/29~5/2まで)
 3月下旬からの流れを汲んで、4月の初めまでは平年より随分寒くて、お花見は風邪を引いた人も多かったと思う。果樹も随分進んでいたので、凍害が出ると心配するほどだった。それがすぐ強烈な暖かさになって、桜もモモもリンゴも一度に花が咲いてしまった。下旬になって漸く平年並みとなったが、これからどうなるのか・・・・・

------4月天候まとめ(3/29~5/2まで)------

週  最高気温 最低気温 最高週平均(平年差) 最低週平均(平年差) 
13     14.4     -1.4     10.8(-2.1)       -0.0(-1.6)  
14     25.3     0.8      16.1(+5.3)        3.7(+0.5)
15     24.7      6.5      18.5(+1.4)         9.1(+4.3)
16      24.9      4.5      18.5(+1.1)         8.8(+2.6)
17      26.5      1.0      19.5(-0.8)         4.2(-3.2)


 毎日の気温(長野市の日の出日の入り時間も)を、平成16年6月からノートにまとめていたが、この4月で1冊終わった。1ヶ月で1ページ、4年と11ヶ月記録してきた。フム、1ページを落書きで潰さなかったら、丁度5年間記録できたのか!

 平成19年8月までは、我が家の断熱性能を調べようと、毎朝、居間と客間の気温を計っていたが、あまり性能が良くないことだけは判ったので、止めた。3年と3ヶ月間だった。

 当たり前のことではあるが、地球が太陽の周りを自転しながら、きちんと同じ時間でまわっていることが日の出日の入り時間から判って、安心したというか、驚いたこともあった。

 新しいノートが終わる5年後にはどんな感想を書くことになるんだろうか。 エッ 書いている?







信州川中島の風景 | 18:48:49 | Trackback(0) | Comments(0)
球春少女ソフトボール大会
球春少女ソフトボール大会H210503

 暑く無し、寒く無し。運動するには最高の天気となった。だからというわけではないが、予定していたことなので、球春少女ソフトボール大会の手伝いに行ってきた。今年は2回目、去年はウ~ンとうなったが、今年はウ~ン、流石に飲み込みが早いワイというほうだ。男の子とと女の子では比較するのは無理だが、きらりと光るものを持っている子がいたワイ。

 結果はこんなようになった。

     優勝       川中島サンデーガールズ
     準優勝     共和ラビッツ
     3位       南原ホワイトフェニックス
     4位       小市スポア

 メンバーは小学生だけだから、来年はまた6年生が抜けるが、きっと後輩が頑張って素晴らしいプレイを見せてくれるに違いない。




信州川中島の風景 | 20:17:01 | Trackback(0) | Comments(0)
待ち人未だ来たらず
クマンバチH210502

 ハナミズキもモミジも花盛りだ。樹の下にいると、ハチや小さな虫たちが蜜を求めて、ブンブン飛んでいる。青空だから飛んでいる虫もよく見える。クマンバチも飛んでいる。カメラ目線で飛んでくれないので、少し見にくい。日本ミツバチも菜の花のあたりを集中的に飛んでいる。それなのに金稜辺で門を飾り、待ち巣の中には蜜蝋を塗ってお待ちしているのに、探索蜂の姿は一向に見つからない。

スイートコーン種蒔きH210502 「カクテルE-51」と「あま~いコーンEX]という名前のバイカラーコーンを一袋ずつ買ってきた。白と黄色の実が交じり合ったトウモロコシの名前だ。カクテルE-51は早生なので、培養土と育苗ポットも買ってきて、早速種蒔きをした。袋に200粒と書いているので、1ポットに3~4粒蒔くと60ポットになる、これは判りやすい。あま~いコーンEXは2週間くらい遅らせて蒔くつもりだ。45ミリリットルと書いてあるが、これは判りにくい。一粒ずつ数えなきゃならん。





家庭菜園の楽しみ | 19:00:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。