■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遅霜の被害は?
昨日の日中は平年並みの気温に戻ったようですが朝までは随分寒かった。おかげで家内は少し体調を崩してしまいました。
王林 遅霜の影響

今朝畑を見回ったところ、王林の花びらの一部が茶色に変色しているのに気が付きました。ジャガイモの葉も黒くなっているのがあります。これは遅霜に遭ったのが原因です。ジャガイモの葉っぱは新しいのが出てくるので心配はないようです。
ジャガイモ 遅霜の影響

ウチの畑は周囲を人家に取り囲まれているので遅霜に遭ったといってもこの程度で済むようです。白山のような吹きっさらしの土地では遅霜の影響はどうなるんでしょうか!

スポンサーサイト
信州川中島の風景 | 10:11:57 | Trackback(0) | Comments(0)
定例行事の堰掘り
20070429072147.jpg

毎年4月29日は堰(用水)の浚渫をするのが決まりになっています。
堰掘り(セゲホリと訛っています)は犀川から千曲川に流れる用水が水が運んでくる土砂で埋まったのを掘り返す作業で、この日をはさんで数日は用水が止まります。

朝5時半から私の家の前を流れる用水(おたや堰)を利用している家から一人出て堰掘りします。今はどの用水も三面がコンクリートで固められているので大した作業ではありませんが、私の家の前だけは造りの関係で泥が溜まります。写真はおたや堰です、見えているのは伊勢社の社殿です。おたや(お旅所)というのは、判り易く一言で言うと伊勢神宮から御師が来られたときに行われるお祭のことです。
6時からは町内の排水溝の掃除です。原則は自分の家の前は自分でやるということですが、お互い助け合って片付けます。
6時半からは西荒沢堰の堰掘りになります。これは比較的大きい堰なので町内総出動で1時間くらいかかります。

昔はこの堰掘りの後、用水の組合から出るお金でみんな集まって一杯飲んでいましたが、最近飲むのは別の機会になっています。

三時半頃有線で技術員が気温が零度を下回ったので防霜対策をとってくださいと放送していましたが、今朝はものすごく冷え込みました。冷たい空気で霧が少し巻いていましたが日中は暖かくなり、上々の日和とのことです。

信州川中島の風景 | 10:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
野菜の苗を買いすぎてしまったか?
20070428184448.jpg

農協へ野菜苗を注文しておかなかったので今日は一般向けの売り出しに出掛けて購入してきました。昨年の成功と失敗を省みて今年はと、あれもこれも5000円近く買ってしまいました。未だ植えつけていない畑に全部植えられるかと心配するほど。長ネギの苗をおそらく350本くらいあると思いますが、昨日Mさんが持ってきてくれているんです。もう250本植えてあるんですがね。
さあ、どうしよう。

     丸ナス(接ぎ木)    5本  お焼きにしたら絶品
     長ナス(接ぎ木)    2本  家内は使いやすいというので
     大玉トマト(接ぎ木)  3本  プロのハウス見学して勉強したので今年こそ
     ミニトマト(接ぎ木)  1本  プロのハウス見学して勉強したので今年こそ
     キュウリ(接ぎ木)   2本  プロのハウス見学して勉強したので今年こそ
     スイカ(接ぎ木)    2本  去年水遣り失敗した
     8丁キュウリ      2本  少し太くて短い、歯応え良いと
     メロン         3本  去年水遣り失敗した
     ピーマン(緑)     2本  普通にピーマンといっているもの
     ピーマン(赤)     2本  パプリカともいう
     ピーマン(黄)     2本  パプリカともいう
     シシトウ        2本 
     ズッキーニ       3本  去年大成功、煮付けてうまかった

夕方、苗を見たら温室育ちなので冷たい風にあたってぐったりしています。4、5日放っておいたら又元気になるでしょう。




家庭菜園の楽しみ | 19:09:11 | Trackback(0) | Comments(0)
そばうち
20070428183438.jpg

寒冷前線の通過で今日は冷たい雨が降ったり止んだり、畑仕事のことを気にせずにそばうちに励むことが出来ました。
今回は初めて1キロの量に挑戦、500グラムの時はこね易かったけど流石に1キロは両手からはみ出してしまいます。伸すのも大きくなるから巻いたり畳んだり、時間がかかって乾燥気味になって、えらい短めのソバになりました。写真は先生のお手本です。やはりソバの格好が良いですね。

趣味・道楽、そしておとこの遊び | 18:43:25 | Trackback(0) | Comments(0)
巣箱をもとへ戻しました
夕べのうちにミツバチの巣箱を元の位置へ戻しました。今日は雨と雷の不安定な天気で気温も上がっていませんが、先ほど確認したところでは住所不定のミツバチは見当たりません。どこかの橋の下とかで雨よけをしているかもしれませんから何ともいえませんが、取り敢えず今回の引越しは無駄な犠牲と労力を費やした作業であったと反省!


趣味・道楽、そしておとこの遊び | 12:19:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ジャガイモの土寄せ
20070427223753.jpg


ジャヤガイモの土寄せをやりました。見てください、このジャガイモ達がフカフカの土に囲まれ気持ちの良さそうなこと、今年も豊作間違いなし。

しかし今朝読んだ私の野菜つくりの教科書に、土寄せは萌芽はじめと萌芽後15日の2回やれと書いてあったんです。萌芽始めに土寄せするのを忘れていて今朝慌ててやったというわけです。

その上、今年の種イモは去年の作品で家内が小さくて料理しにくいと放り出してあったのを植えたんです。そんなことですから「今年は豊作」を撤回します。「まずまずの出来」で満足することにしましょう。

家庭菜園の楽しみ | 22:53:35 | Trackback(0) | Comments(0)
誰か教えてください
今朝は遅霜が降りました、こんな時期に遅霜になって野菜や果樹への影響が少なければ良いんですが・・・・ 刈り取った雑草の上の霜が陽のあたったところは融けて、陽が未だあたらないところは白く模様を創っていました。

さて、昨日の雨と寒さで全滅したと思っていた住所不定ミツバチがどこかで残っていました。昨日の半分くらいが巣箱のもとあった辺りをブンブン飛んでいます。寒冷紗の重石にしておいた材木の辺りには戦友の屍を乗り越えて新しい巣を造ろうとしているのか何やらしています。

20070427101116.jpg


こちらはブドウの支柱にも留まって何やら相談中でしょうか。逞しく残っていてくれたミツバチがいたのは嬉しいのですが、誰か彼らを旧友達に合流させる方法を教えてくれませんか?

20070506182257.jpg



果樹栽培 | 10:29:45 | Trackback(0) | Comments(0)
可哀相なことをしてしまいました
今日は昼前から急に冷たい強風が吹き、雨がパラつきました。笊碁を終わって外にでると雨がしとしと降り気温が下がっていました。
例の働きバチ達が気になって急いで巣箱がもともとあったところへ行って見ると、固まって雨に打たれていましたので捕虫網で捕まえようとしたら皆死んでいました。
朝早くから出稼ぎに行っていた連中だけでなく、移動させた巣箱から飛び立ったミツバチも帰るところが見つからなかったのは犠牲になったようです。昼前に見たらもとの巣箱の辺りで数百匹くらいブンブン飛んでいましたからね。
ほんとうに可哀相なことをしてしまいました、今頃巣箱を移したところでどのくらい受粉が出来たか判らないものを・・・・・後悔先に立たず。


果樹栽培 | 18:12:09 | Trackback(0) | Comments(0)
これは事件だ!
昨日家内が聞いてきたのがミツバチは箱を飛び出したときに最初に見た花のミツを覚える、という話でした。我が家の果樹園にミツバチの姿が見えないと気になっていたのですが、考えてみると巣箱は管理のし易さということで家の前に置いていたんです。巣箱の前は野菜畑で受粉して欲しいリンゴやモモ、プルーンとは少し離れているんですよ。

これは大変! モモもプルーンも花はもう最終ラウンドに入っているのでミツバチが出稼ぎを止めてウチの畑で働いてもらわないと、こちらも干上がってしまいます。そこで今朝は働きバチが巣箱を出る前に、と思って7時前には写真の場所に移しました。モモもプルーンも葉芽が出始めて、おしべに触れると花粉が指についてくるくらいで今日明日くらいでないと受粉のチャンスはなくなってしまうので急いだんです。
プルーンは何種類かあるのでミツバチが飛び回ってくれれば受粉できますが、モモ(川中島白桃)は他の種類でないと受粉しないうえに我が家にはこれ一本しかないのでとても心配しています。

先ほど写真を撮りにいったところ、巣箱のもとあった場所で数十匹のハチがブンブン飛んでいました。自分達の巣を探しているんですよ。移動したころは気温が低くて働きバチは未だ外出していないだろうと思っていたんですが、こうしてみると朝早くから働いていたんですね、何と健気なハチ達でしょうか。そのハチ達を住所不定のまま野垂れ死にさせることになってしまい心痛みます。

20070426092940.jpg



果樹栽培 | 09:58:01 | Trackback(0) | Comments(0)
花の盛りから若葉の季節へ
カイドウが満開になりました。この艶やかな色、見てやってください。梅、桜からハナモモ、カイドウへと順に咲いて春爛漫の信州はこれから若葉の季節に移っていきます。

早くもリンゴの花も咲き始めました。これは王林という種類です。白と薄いピンクが入って何とも言えない上品な花ですね。

花が咲き移ろっていく中で雑草も元気に伸びていきます。今日は果樹園の草刈りをやりました。これからは雑草との戦いにもなっていくんです。果樹の手入れと草刈りとで忙しいの何のって、ホントに忙しくなります。

20070425163432.jpg

20070425164717.jpg




信州川中島の風景 | 16:46:00 | Trackback(0) | Comments(0)
野菜の作付け計画
ついこの間草取りをし耕運しておいた野菜畑ですが、また草が伸び始め気になりましたので昨日午後草取りと耕運をやり、畑も気持ちもすっきりしました。昨年暮れにTさんからどっさりキノコの栽培用土をもらったのが良い堆肥になっていまして、コレをたんまり入れてあるので雑草も元気で少々腹を立てていたんです。

畑の栽培計画も無いままに植えてあるのは写真手前から
     二十日大根    4回に時期をずらして播種(3回まで済み)
     ニンジン      同上
     未使用
     ほうれん草    昨秋播種、現在収穫中
     未使用
     長ねぎ   
     イチゴ       畝半分は未使用
     葉菜類第二陣   キャベツ、レタス、ブロッコリ、セロリ、ハクサイ各5株
     ニンニク     短2畝
     未使用
     タマネギ     畝半分は未使用
     未使用
     キヌサヤ、葉ネギ(九条)
     葉菜類第一陣   キャベツ、レタス、ブロッコリ各5株

20070425091631.jpg


ポットで育苗中のもの
   トウモロコシ   ハニーバンタム235 13ポット(2週)16ポット(10日)15ポット 
   落花生      Kさんからもらった種で36ポット
   スティックセニョール 10ポット(2週)15ポット

これから苗を買ってきて植えるもの
     トマト、なす、ピーマン各5本
     枝豆(アオバタ) 植えられるだけ植える

これらと思いついて買ってくる野菜とを未使用の畑と足りない分は臨時の畑に植え付けることになるわけです。そのときに連作を避ける野菜は去年と今年で場所を変えるなければなりませんが、さて去年はどう植えたかな?・・・・
   



家庭菜園の楽しみ | 13:21:36 | Trackback(0) | Comments(0)
タワラグミの花も満開です
タワラグミのいうのはどうもこの辺りで言われているだけで、本当はナツグミというらしい。初夏に赤くなって食べられるからナツグミと名付けられたんでしょうか。タワラグミはこのグミの格好がタワラに似ているから誰かが言ったんでしょう。別にビックリグミとかダイオウグミとも言うらしいですね。ちなみに私は小学校はウメグミでした。

写真は今咲いているタワラグミ(小さいときからそう聞いている私はこの名前が好きです)の花です。全体をお見せできなくて残念ですが、今年はビックリグミにふさわしくびっしりとたくさんの花が付きました。去年も花は咲きましたが赤い実はわずかしか成らなくて、つまみ食いしただけで無くなってしまいました。今年同じ割合で実がなったとしてもかなりいけそうな気がします。
我が家の働きバチ諸君がこの木でしっかり働いてくれればグミ酒やジャムも期待できるでしょうが、どうやら出稼ぎに行っているらしくて畑で姿を見かけません。

20070424142410.jpg



趣味の園芸 | 14:47:13 | Trackback(0) | Comments(0)
川中島の平はモモの花盛りです
昨日上天気の中を千曲川沿いに車を走らせました。堤防道路から見渡すとモモの赤いというか、ピンク色っぽく満開になっていて素晴らしい眺めでした。先ほど畑に行ったとき周囲の遠景を撮ってきました。昨日と違って曇っているので鮮やかさは少し負けますが雰囲気を味わってください。白い花はナシだと思います。

20070423122850.jpg



信州川中島の風景 | 12:36:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コンフューザを設置しました
今、プルーンにコンフューザを設置して畑から帰ってきました。
コンフューザというのは写真のように性フェロモン剤がビニール?のチューブの中に入っていてるものを枝に巻きつけて使います。これはシンクイムシ等の生理を撹乱して産卵できなくするするので薬剤散布より安全性が高く最近よく使用します。値段が少々高いのですが薬剤は使わないし仕事が楽なのでどっこいどっこいかな、だったら安全な方が良いですよね。
20070423120348.jpg



果樹栽培 | 12:19:56 | Trackback(0) | Comments(0)
キバナカタクリが咲きました
今年初めての夏日となった昨日の陽気でわが庭のキバナカタクリが7茎も咲きました。一昨年の日記には4月23日に2輪咲いたと書いてありました、だいたいこの頃に咲くんですね。5年ほど前に買ってきて植えたのですがその後暫くは1輪しか咲きませんでした。土がこの花には合わないんだと思っていましたが、翌年は2輪、昨年は4輪くらい咲いたと思います。根がしっかりしてくると倍々ゲームになるんでしょうか。でもこの斜面がキバナカタクリで埋まるまでどのくらいの時間がかかるんでしょうか。相模原市相原にカタクリの里といっている場所があるんですがそんなになるのに私の生きている間ではとても無理でしょうね。

それで思い出したのが道路際で育てたキキョウのことです。やはり年々株が大きくなって見事に咲いていました。何年も前、そう母が未だ元気だった頃ですが、近くの整骨院に通うおばあさんが一株欲しいといっていました。そこでスコップで掘り始めたのですが、瓦礫の中をえらい深く根を張っていてとても掘りきれそうもありませんでした。おばあさんにはそのことを言ってあきらめていただきました。
それが一昨年、芽が出始めた頃にその芽を折られてしまいました。きっと根がウンと深く張っていることを知らない通りがかりの人が、簡単に掘れるだろうと引っ張ってみたんだろうと思います。昨年、その株は芽を出しませんでした。芽をだしたのに花を咲かせられなかったらもう死んでしまうんでしょうかねえ。

このキバナカタクリは道路際ではないのでそんな事件が起きることはないと思います。また来年株が太ってたくさん花をつけてくれると信じています。


20070423084256.jpg



趣味の園芸 | 09:17:34 | Trackback(0) | Comments(1)
ホタルイカ、前回の敵討ち
昨夜9時半、所要から帰宅すると友人もMさんから電話がありました。越中宮崎でホタルイカが獲れている、今晩も状況は良いとのことです。先日の敵討ちとばかり、二つ返事で出掛けることになりました。家人には、1時間か2時間で山ほどホタルイカを獲って明日朝には帰るから夜食も飲み物も要らんと言い残しました。

彼は大型のクーラーと氷を入れた小型クーラーに玉網を持ち、私はプラスティックの樽とバケツを持ち鮎釣り用のタイツに地下足袋、手網に長い取っ手を紐で縛った即席のタモ、もちろん防寒にアノラックと万全の装備で1時後には彼の車で出発、夜中の1時には海岸に到着するという迅速な行動でした。
海岸には姫川漁港ほどでは無いにしろ長野県ナンバーの車が並んでいますが私たちは少し離れた砂利浜に腰を据え、2時頃までじっくり海岸の状況を観察しました。いよいよ仕度を整えてホタルイカがどうやって湧いてくるのか、ホタルイカはいずくかと目を凝らしますがなかなか姿を現しません。
時間の経過とともに山ほどのホタルイカという話が家で食べられる位獲れれば、という話に変わってきます。海岸を歩いて何匹か獲りましたが家で食べるにしても少し足りません。そのうちに暗闇で光る海ホタルを見て何とかきれいに光るホタルイカを見たいもんだと思うようになりました。
とそのときゴミか小魚か?目に入ったのですかさずタモで掬うと、やりましたね。ホタルイカです。タモの中で触ると薄紫というか白というか、でもかなり強い光を出してくれました、きれいですね。感激です。証拠に写真を撮ろうとしましたが手が震えてうまく撮れません。残念ながら何回か触っているうちに光ってくれなくなりました。これがその写真です。

4時半をまわると空がしらじらとしてきました、もう彼らが湧いてくるということは無いんだそうです。さびしいことに私は掬ったこの一匹だけで、Mさんと獲ったのと合計で10匹くらいになったかな。見事に返り討ちに遭ってしまいました。三度目の正直にチャレンジするかな~、できるかな~。


20070421111934.jpg



趣味・道楽、そしておとこの遊び | 12:13:49 | Trackback(0) | Comments(1)
ミツバチ群は順調に増勢中です
日中は気温があがり、ミツバチ達は元気に巣箱の出入りをしています。後ろ足に花粉の塊を付けて戻ってくるミツバチは一週間前よりずっと多くなりました。
教科書によると巣脾が一杯になった巣箱で端のほうの巣脾までハチノコが産み付けられていれば巣箱を継ぎ足すのだそうです。暖かく風の弱い今日は点検に絶好のコンディション、巣脾を出してみました。見てください、巣脾にミツバチが重なってハチノコの面倒を見ていますね。
そこで継箱に巣脾を入れて重ねました。つまり今までは平屋の家だったのが二階建ての家に増築したということです。二階のほうはミツが溜まるのだそうです。
楽しみですね。

巣箱の点検

20070420155430.jpg




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 15:53:56 | Trackback(0) | Comments(0)
身体を動かすのは楽しい
20070420102958.jpg

20070420104111.jpg

今朝早く目を覚ましラジオをつけると天気が良いですよ、といっています。すぐ起きてみると本当に上天気、こんな日は身体がうずいて仕方ありません。
よ~し、メシ前仕事だ。ということで軽トラに草刈機を積み込んで畑へ出勤・・・・・こんな気分で出勤するなんて昔は無かったなア。写真は「豊後」という梅を植えた畑です。焼酎漬けにするあの大きな梅です。未だ木が小さいので収穫は期待していませんが手入れだけはやっています。
周りの畑はモモの花盛り、ほんとうに気持ち良いですね。二枚の写真は草刈りのビフォアとアフタです。きれいになった畑を眺めて小さな満足感を得たメシ前仕事でした。


果樹栽培 | 10:39:30 | Trackback(0) | Comments(0)
これがプルーンの花、夏が楽しみです
プルーンの種類によって少し時期はずれますが、「くらしま」という種類は今が盛りです。健康に良いと言われる果樹を栽培しようと数年前に4種類ほど植えたのですが「くらしま」は粒が大きくてジューシーで初めて食べてみたときは驚きました。それまでのプルーンというイメージで考えていた味と違うんですね。ところがこの「くらしま」は実付きがすこぶる悪い、つまり人工受粉しないと実が付かないんです(モモの「川中島白桃」もそうなんですが)。ミツバチを飼うことにしたのも彼らに受粉作業をやってもらおうということが発端なんです。決して蜂蜜を採るのが目的ではなかったのです(余禄としては当然期待していますが)。今年は木がだいぶ大きく充実してきましたのでこんなに花がたくさん咲きました。ミツバチ効果とあいまって・・・・今年は楽しめるぞ~・・・・・

20070420093933.jpg



果樹栽培 | 09:56:08 | Trackback(0) | Comments(0)
春でも紅葉が見れます
この数日、また少し気温が下がって北国の春といってもピンと着ません。それでも日差しがあると暖かくて身体が自然に動き出してしまいます。木々とて同じらしくて写真のようにモミジなどもワクワク色づいています。落葉樹は秋に紅葉して目を楽しませてくれますが春も芽吹きが赤く黄色く色づいて楽しませてくれます。良いですねエ、こんな風に人を楽しませてあげられるなんて。
20070419215600.jpg



信州川中島の風景 | 22:04:35 | Trackback(0) | Comments(0)
モモやプルーンの花盛りになりました
モモ(川中島白桃)やプルーンの花盛りになりました。
畑の中をあるくと良い香りが漂ってきますう。梅より甘くトロ~ンとした香りは人を夢見心地にさせてくれます。目を閉じて犬のように香りをクンクン楽しんでいると枝や誘引しているロープに引っかかってしまいますが。
昨夕、農協の技術員から凍霜害注意の連絡があって、育苗ポットはハウスに取り込んで不織布を掛けたりミツバチの巣には毛布を掛けたりしましたが、果樹には何も出来ませんでした。
ちょうど梅の開花の真っ盛りに低温の時期が続き暫くすると花弁が茶色くチジれて、これがおそ霜の被害かと思い今年は梅は不作になるかと心配です。その上モモ、プルーンまで被害が出たら堪りませんが、今朝畑に出て見たところでは未だ七分咲きくらいなので大丈夫かなという感じでした。
写真で手前のピンクの花はモモ(川中島白桃)、後の白い花はプルーンです。

P4180076.jpg



果樹栽培 | 09:50:15 | Trackback(0) | Comments(0)
自治体の仕事
昨日工事をやっていたので先ほど写真を撮ってきました。昨年町内会長をやったときに「危ないところを直して・・・」という声があって区長を通じてお願いしていたものです。
通学路にある堰に手すりというか柵を付けるというのは予想外に早くやってくれたので100点。
側溝に転落防止に蓋を付けてというのは早くやってくれたのは評価するとしても、この側溝は落っこちて救急車で運ばれた人がいるというところなのでもう5メーターくらい長く蓋を付けてくれたら良かったのにと75点しか付けられませんね。最近自治体はお金が無いという話ばっかりです。後はもう少し材料費を追加すれば出来るのにと思うのは部外者だからでしょうか。
荒沢堰の柵新設

20070417140440.jpg



信州川中島の風景 | 14:05:11 | Trackback(0) | Comments(0)
海釣り
昨夜から越中宮崎、新潟糸魚川方面へ釣りに行ってきました。狙いはホタルイカ、アジ、カレイなど。
町内の遊び仲間2人と車で約50分の直江津で情報集め。一息に越中宮崎に走り海岸に着くとテトラポットの向こうは怒涛渦巻く大荒れ、テトラポットの間を流れ込んでくる波は津波もかくやと思う勢い。例年ここは良く湧くというホタルイカなど望むべくも無い有様。投げればその度に根がかり、小一時間であきらめ糸魚川の姫川漁港へ移動しました。
ところが既にエンジン発電機を備えた人達が並びホタルイカの湧くのを待っていまして、網だけを持っていって掬おうという魂胆の私たちにはとても割り込む余地ありませんでした。深夜2時間ほどうろうろしましたが、何とその間待っている人達誰一人としてホタルイカの湧くチャンスに巡り会えた人はいませんでした。中には時折まわってくるイワシやサヨリを網で掬って遊んでいる人がいる始末。あきらめて2時間ほど車の中で仮眠。
6時前に目覚め同じ場所へ行ってみると驚いたことに誰も残っている人達はいませんでした。つまりみんなあきらめたということですね。しかし山深い信州から行った私たちはチョロチョロ泳いでいたイワシやサヨリをあきらめられません。もしやとこませをほおりこみ頑張りましたがイトミミズのような魚影ひとつ現れません。9時頃まで努力しましたが結局その努力も水泡と化してすごすご帰路につぃたというわけです。
あまり疲れたのと気落ちしたので、道の駅でボイルされたホタルイカを買う気力もありませんでした・・・・お粗末の海釣り記でした。

というわけで今回はご紹介できる写真はありません。

信州川中島の風景 | 14:06:57 | Trackback(0) | Comments(1)
猫の欲求
昨日夕方畑に行ってみたところ、朝野菜の種を蒔いたばかりの畝に猫が侵入して自然的欲求に任せかき混ぜるという被害に遭っていました。猫は右の畝を横切り左の畝にウンチをして跡を隠そうとしたようです。猫の浅知恵に騙されるような私ではありません。これは私のうちで飼っている猫の「権兵衛」がやったことに間違いはありません。2週間前に右の畝には二十日大根を左の畝には五寸ニンジンを蒔き、そろそろ芽が出てくる時期だからと昨日の朝同じ畝に同じように追い蒔きしたのです。それをそれを、おのれニックキ猫めと思いましたがマア仕方が無いかとあきらめました。堆肥がたっぷり入ってふっくら柔らかくてお日様に照らされて暖かくて理想的なトイレだったに違いありませんからネ。そこで我が家にある資材を総動員して種蒔きしたところを立ち入り禁止にしました。これだったらイノシシでも・・・・無理か。怒りのままに囲いをしましたが今考えてみると寒冷紗で覆っておくのが良さそうって気がつきました。
20070415181930.jpg



趣味・道楽、そしておとこの遊び | 18:50:39 | Trackback(0) | Comments(0)
リンゴの接ぎ木
桜の花が満開になって接ぎ木の適期になったので念願のリンゴに接ぎ木をやりました。といっても今までやったことの無いことなのでいつも教わっている大先輩Tさんに手伝ってもらいました。昨日はリンゴ農家のEさんも着てくれました。一日かかってOJTでフジにはシナノゴールド、王林にはシナノスイートと秋映を合計で40本ほど継ぎました。手順は難しくはありませんが、木をナイフで削る作業はテクニックが必要で終わったらホントくたくたでした。
写真は王林に接ぎ木した状態です。花が咲き始めた枝を全部切ってそこに接ぎ木したからまるで寒々とした状況になりました。うまく接ぎ木できたかどうかは芽が動いて分かるということなので、失敗したらこの木はどうなるかと暫くは木の下ではらはらして見上げることになりそうです。
王林の接ぎ木



果樹栽培 | 11:14:14 | Trackback(0) | Comments(1)
キャップの効果
野菜の苗を植えたときにキャップをかぶせておくと霜対策になる、ということを聞いて物置の奥から探してかぶせてみました。苗全部の分は無かったのですが、昨日また苗を買ってきたのでキャップを取ってみたところ何と、かぶっていたキャベツとかぶっていなかったのとではこんなに大きな差がうまれました。当然食べられるようになるのも早いと期待しています。今度はキャップを買い足そうと思っています。こういうのが家内から見ると遊びというか道楽というか、そういうものなんですね。だってキャップって値段が高いんです。
(訂正)写真はキャベツではなくてブロッコリーでした。未だキャベツとブロッコリーを間違えるレベル? レタスの写真も追加しました。
キャベツの場合

20070414075544.jpg



家庭菜園の楽しみ | 17:25:37 | Trackback(0) | Comments(0)
ミツバチ戦士
未だ気温の上がらないうちに巣箱を覗いてみると入り口にミツバチの屍骸がありました。働きバチが活発に動くこの時期の寿命は40日くらい
らしい。夜中に巣の手入れウをしている中に寿命が尽きて別のハチに運び出されたのか、昨日入り口まで帰り着いて寿命が尽きたのかよく分かりませんがシュンとしてしまいました。毎日毎日こんな光景があるはずだけど、健気なミツバチを見ていると何かしら哀れで、手入れのときに一匹たりとも不注意で潰してしまうことの無いようにと思いました。
話が変わって入り口中央にいるハチは門番のようです。
ミツバチ戦士



趣味・道楽、そしておとこの遊び | 18:01:52 | Trackback(0) | Comments(0)
そばうち教室
昨日のそばうち教室は第二回目、自分ではうまく打てたと思ったけどお師匠さんの言葉は厳しい。農業の大先輩に連れられて知り合いの家へ行ってそばを打ったのが初体験。この時はそばという格好にすらならなくてスプーンですくって食べました。それ以来4回目になってそばの格好にはなってきました、が太いの細いの長いの短いのと個性豊かです。合間に先達の打ってくれたそばを味わい、教室というより同好会という雰囲気で楽しい半日でした。
そばうち教室第二回目



趣味・道楽、そしておとこの遊び | 09:07:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ミツバチも暖かくなると俄然元気が出ます
暖かくなって絶好のマレットゴルフ日和。終わって急いで帰り、巣箱を覗き込むとマア賑やかなこと。後ろ足に黄色や白の花粉を付けたのが帰ってくるわ、勇んで飛び立っていくわ、ブンブン羽音が聞こえて平和だな~って感じ。
ミツバチも暖かくなると俄然元気が出ます



趣味・道楽、そしておとこの遊び | 17:57:33 | Trackback(0) | Comments(0)
待望のミツバチの巣箱が届きました
3月24日待望のミツバチが巣箱に入って届きました。岐阜市にある秋田屋本店が土曜日に着くように送ってくれたものです。運送屋のお兄さんが初めてみたと言ってシゲシゲと覗き込んでいました。2時間ほどでミツバチは落ち着いてきたようです。でも蜜を集めにブンブン飛び出していくようなことはありませんでした。気温が少し低いんですね。
待望のミツバチの巣箱が届きました



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

趣味・道楽、そしておとこの遊び | 17:40:46 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。