■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
怪獣の足型か
H260720怪獣の足跡

 怪獣の足型を取った??

 2年ぶりか、ホントに久し振りにソバ打ちクラブへ行った。こう暑くなると素人はウドンを打つ。もうすっかりウドンの打ち方なんて忘れてしまった。携帯のメモ帳に材料だけ書いておいたので、材料と配合はわかるがそれからどうするのか、すっかり忘れてしまっていた。

 それで師範と師範代とがかかりきりで教えてくれた。今日のクラブはワシ一人だったから。水回しの具合から、寝かしては捏ね、捏ねては寝かす。寝かしている間にちょっと一杯(これがクラブ活動のいいところだ)、そんなクラブ活動だからウドンにきり終えたら3時を回っていた。

 水回しして少し捏ねて寝かせるとモチが出る。それからはビニールの袋の中へ入れて足で踏み広げる。広がったらまた4っつに畳んでまた足で捏ねる。そしてまた寝かせる。そんなわけで夕飯はウドン、腰があって咽喉越しが好くって、最高だナ。



スポンサーサイト
趣味・道楽、そしておとこの遊び | 21:24:02 | Trackback(0) | Comments(0)
リベンジならず
 久し振りに糸魚川へホタルイカ掬いに行った。月は新月、満潮は午前3時頃と絶好の条件だ。天気予報は曇りのち雨だが、降り出す前にクーラーを満杯にしてしまえば問題ない。


 きっと大勢の人がホタルイカ掬いに繰り出すだろうから場所取りをしなけりゃ、と昼飯を急いでかっ込んで出掛けた。夜まではカレイかアジか、余り釣れても困るからとエサやコマセを少なめに買ったというもんだ。昔、掬った堤防へ来て見ると未だライバル共は一人も来ていない。少し風があってウネっているので濁りもあるが、大漁の予感!で苦にならない。


 しかし小魚の姿も見えないし、あたりも全く無し。アジ狙いに変えて潮があげ始めたころに大小のアジがバタバタと来たがそれもすぐ釣れなくなってしまった。温かい風、冷たい風が交互に激しく変わり寒い。生暖かい風でもずっと吹かれていると寒くなるもんだ。釣りを止め、ライトで水面を照らしてジッとホタルイカが姿を現すのを待つ。雨はぽつぽつと降ったり止んだり・・・・


 二時間経ち、三時間待ったが姿はまるで見えない。「これだけうねっていて濁りが出ていればホタルイカなんて来るワケないわナ」ととうとう諦めたのは午前0時頃。雨も結構降っているから時間の無駄かも、と内心では思いながらも未練がましく「漁港へ寄ってどうなっているか見て帰ろう」と道具をたたんだ。



H260430糸魚川漁港のホタルイカ


 アレ?、レレレ!  漁港だから波は無いし、濁りもない。ライトを照らして網を持っている人たちの間を見て回ると結構、ホタルイカが居るではないか!!!!  この程度だは湧いているというんじゃないんだそうで、家族で食べる分くらいは掬っている。発電機なんぞは持っていないし、第一ワシらが参入する場所も無し。指をくわえて見ているしかない。


 富山では発電機なんて使わないって言っていたのに、こちらは皆発電機持参だ。場所によって掬い方がまるで違うんだナアとぼやきながら帰宅。口惜しかったなあ、でも発電機に設備投資する余裕は無いし。眠たかったなあ。




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 13:22:15 | Trackback(0) | Comments(0)
難民ハチ発生
 実に悲惨な結果になってしまった。


 信州でも稀な酷暑が続いた。そんな暑さにもかかわらずワシの超多忙は続いていたので、ワシが専属で面倒を見ている庭園にすら顔を出せなかった。その結果、園主は我慢しかねてついに余所の庭師に手入れを依頼してしまった。今期は専属庭師も名前だけになってしまって、来期は専属にしてもらえるか非常に心もとない状況である。


 やってきた庭師に(口惜しさを押し隠して)ハチに刺されなかったかと訊いた。「イヤ ハチなんていなかったヨ」という応えに、そんなはずはないと急いで巣箱を見に飛んでったと言うもんだ。行く手を遮る雑木を押し払い行ってみると、居ることは居るが数がベラボウに少ない。そのかわりに小さなアリが出入りしているではないか!!!! 


 先日、分蜂したくらいだったから、これは残った女王ハチに事故が発生したに違いない。新しい女王ハチが交尾に飛び出したとき事故が発生することはママあるそうだからだ。巣箱を開けてみると居るワ居るワ、ハチではなくてスムシが気持ち悪いほど巣を作っている。


 流石に温厚なワシも怒髪天をぬいてしまい、巣枠を取り出してスムシをことごとく退治してやった。ところが巣枠には未だ蜜が蓋をしたままになっている。女王ハチが居なくなったのはそれほど前のことではないようだ。もったいないからそういうのは切って採ったというもんだ。


 その間、帰ってきたミツバチ数匹がワシの周りを飛び回っている。巣の形をしていない巣枠に取り付いてウロウロしているのも居る。蜜を濾そうとしているところにも飛んできたが刺そうとする気配は無い。これからは蜜をもってきても蓄える巣も無ければ眠る場所も無い。女王ハチが居なくなってから、他の群れ(あればだが)に合流した元気なハチも居ただろうが、大多数は次第に老化して一匹、また一匹と死んでいったに違いない。


 このハチ達も取り付く巣が無いまま難民となってそのまま死んでいくのだ。忙しさにかンまけて面倒見てやれなかった飼い主は慙愧に耐えない。
アーメン




趣味・道楽、そしておとこの遊び | 12:01:56 | Trackback(0) | Comments(0)
春は近い
 今朝はまたよく冷え込んだ。昨夜はそれほどの雪ではなかったが冷え込みは厳しい。それだけに晴れ上がった空は目にまぶしい。そう、こういう雪を反射して光は眼に悪いんだな。だから野良仕事をするのにサングラスをしている人をよく見かける。


H250225雪の中の百合? 長靴は履いて久し振りに庭を歩き回ったら、去年移植したユリ?かスイセン?が葉っぱを伸ばしていた。秋、畑仕事に邪魔な球根を掘り取って邪険に植えたのが、その扱いにもめげず元気だった。雑草に負けずに花を咲かせてね!


H250225フキノトウ たしかフキノトウがポッテリと芽を出していたところへ行ってみたら雪の下でまるで見えなかった。確かここにもあったなあと行ってみた。あった、あった。さっき見に行った所はもっとポッテリとしていたから、雪の下から掘り出してフキミソにしたらほろ苦くて美味いと思う。早く芽を出したフキノトウのほうが大きさといい苦さといい、一番だな。






趣味・道楽、そしておとこの遊び | 21:27:18 | Trackback(0) | Comments(0)
満身創痍
 縁側に長らく放置しておいた甕、一生懸命再生しようとしたがやっぱりダメと諦めていた甕。家内にいる時間が長くなると邪魔になってきた。


 あれは去年だったかしら、柿酢を濾そうとしていたときに不安全行為によって割ってしまった。格好良くて好きだったので何とかしようと接着剤を買ってきてくっつけ始めた、というもんだ。最初から「遺跡から発掘した土器の破片はどうやってくっ付けていくんだろう」と疑問に思っていた。で、良く判らないからくっ付け易いところから始めたら案の定、二つに分けてくっ付けてきたのをあわせてみたら全然合わない。どうしようもなく放り出していたものだ。


 格好良く再生は諦めたもののどうしようもないが、兎に角一つにしてどこかへ出さないと縁側が使えない。考え出したのは引き出しの中で見つけた銅線、これで縛ってどこか軒下にでも置こうと。意外に簡単に一つにできた。二つばかり嵌められない破片がでてきたが大のムシを生かすには小のムシに我慢してもらわにゃナラン。惨めな格好ではあるが破片のまま捨てるよりはマシだろう。


H241121修理できない甕 いくつか甕があるが、この甕は他のとは違う。他のは中華料理の具材を商っているウチからオヤジがもらったものだ(と聞いている)。これは格好が違うし、第一割れた破片が薄い。だから他のと比べて軽い。きっとこれはメイドインジャパンではないかと思う。それを割ってしまったワシは実に愚かだと反省している。


 反省して済むわけではないが、兎に角こうやってひとつにしてどこか邪魔にならないところへ置く。これで「カメサマ カンベンして下さい」・・・・





趣味・道楽、そしておとこの遊び | 22:37:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。