■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紅葉
H241028枯れる寸前のモミジ


 居間の前にあるモミジが紅葉した。他のモミジは未だ青々しているのに、だ。


 このモミジは随分前に植木屋が「これは枯れるナ」と言っていた。一番遅くに青葉になって、一番早く紅葉する。といっても今年は異常に早い。枯れるだろうという予想は高植えしてあるからだそうな。それでも全然枯れそうな様子は見せなかった。気になったといえば、そう、あのプロペラみたいな種を毎年たくさん付けていたことだ。


 今年は青葉の出方が少ないなあ、徒長枝が出ないなあというくらいだったが、やはり今年の暑さは堪えたんだろうか。そういえば小枝に枯れが多かった。この紅葉の仕方もビックリするくらい見事だ。今年が見納めになるかと思い写真を撮っておいた。こんな予想が外れて来年も青葉をいっぱいだしてくれるだろう、ワシの予想って当たったことが無いんだ。





スポンサーサイト
日曜園芸師 | 23:48:06 | Trackback(0) | Comments(0)
赤松の手入れ
 去年の今頃は列島を強烈な暑さが襲っていた。それを雷さんが覚えていたのか、今日も暑かった。梅雨入りしてからそれらしい雨も降らなくてカンカン照りだ。朝起きるたびに何をしなきゃあイカンのか悩む。目下はプルーンの摘果、ツツジの刈り込み、赤松の手入れ、ブドウの房作りが急を要する作業だが身体はひとつしかないから悩む。


 そんなわけで今日もあちこちと手を出して子供のようにつまみ食いをしてしまった。赤松の手入れは余り身体を動かさないから良さそうなもんだが、カンカン照りの下ではきつい作業だ。それでも少し作業が進むと「ワシもなかなか大した腕前になったモンだ」と内心ニカニカしながら横を通るたびに立ち止まって眺めてしまう。これがあるから楽しい。


H240626松の手入れ 今回の作業のポイントは①強い新梢も使って兎に角二本でV字にきっちり切っていく、②できるだけ古い枝は切って新しい小枝を使う、③小枝の混み具合がばらつかないように注意する。




日曜園芸師 | 22:31:55 | Trackback(0) | Comments(0)
ツツジも好いモンだ
H240530ツツジ

 少子高齢化の波が津波のように押し寄せてくる。ワシの耐力・パワーも限界を感じるようになってきた。何とか庭仕事を省エネしないとイカン。


 下草として植えてあるツツジやサツキが問題だ。落葉樹の多いところは落ち葉が地べたに落ちるまで見苦しい。年に最低一度は刈り込まないとこれも見苦しい。樹勢によっては刈り込んでも横に枝が出て刈り込んでいると次第に風通しが悪くなって、花が咲かなくなるだけでなく枯れ枝が目立つようになる。


 目の前だけこの植え込みを取り去る考えはその後をどうするか? そのままにしておけば雑草が生える。ビーバーで草刈りをするという作業が出てくる。花を植えても手入れは同じこと。


 刈り込みを動力でやる、しかも電気バリカンじゃパワーが不足だからてエンジンで刃を動かすやつ。電気バリカンは一時期使っていた。刈り込みは手でチョキチョキやるよりも楽だが横枝が伸びたので止めた。エンジンのバリカンはシルバー人材センターの人が使っているのをみたことがある。確かに効率アップにはなるが少々重いので(完全に)高齢化したあかつきには使い切れないだろう。他に軽くてパワーのある機械があるかどうかだナ。


 花が咲き始める前までは抜いてしまうと決めていたが、花を見ているとその決心も鈍ってきた。やはり刈込み機を導入するか? また回収見込みのない投資になるのか?





日曜園芸師 | 23:02:23 | Trackback(0) | Comments(1)
夏すがた
 今日と明日はホクト文化ホールで長野市文化芸術祭が開かれている。長野市のお祭りだから市民会館で開くのが例年だが、今年は市民会館が建て替え工事に入っていてホクトホール、つまり県民文化会館で開いたというわけだ。

H240519市文芸祭観世謡曲発表 これは観世流謡曲連合会が「田村」を発表しているところ。長野市には観世流の謡会がいくつかあるので連合として発表するのだ。明日は長野宝生会が「加茂」を発表する。


 そういえばNHK-FMで毎週日曜日朝7時15分から謡曲をやっていたが、この4月の番組編成替えで6時からに繰り上がった。どうも能楽は世界文化遺産に真っ先に指定されたというのに冷遇されているとワシはひがんでいる。毎週金曜日の夜にやっている芸能百花繚乱というのは歌舞伎ばっかり(というとウソだと言われるが)というくらいだ。洋楽のほうは時間をもてあましているのか、と思うくらいに放送してしるのに、だ。民放では全くやらないし。


H240519赤松手入れ後 暮の時間切れでやらなかった松の手入れを再開した。一年間サボっただけだと思ったが、形の乱れ方はまるで2、3年も手が入っていなかったようだ。手入れが悪いと木も弱るのか、花ばかり咲くので赤松ならぬ黄松のようだ。ハサミをいれると花粉がばっと散って服が黄色くなる。思い切ってパチン パチンと余分な小枝を切り、咲いている花もみんな摘み取ってやった。ようやく涼しげな夏すがたになった。

 明日一日やれば手入れしていなかった松は終わる予定。それから暮に手入れを済ませた松に取り掛かる。全く専任の植木屋を泣かせる庭だ!



日曜園芸師 | 23:13:39 | Trackback(0) | Comments(0)
定点観測
 定点観測というのは変化を看ていくのに重要な手段だ。この数日は(極端に)暖かい日が続いたのでいきなり青葉の世界が出現した。青葉だけじゃなくて草花も同じだ。雑草の伸び方だってじっと見ていれば伸びていくのが見えるんじゃないかと思う。


 それで定点観測というのを思い出した。ある時間を区切って同じ場所で写真を撮っていけばその成長を目撃できるというわけだ。幸い、庭には葉の出るのが一番遅いモミジがあってようやく芽がわかるようになってきた。そこで変化を捉えた写真を次々にアップしていこうと思う。



H240504モミジ青葉の定点観測 デジカメのタイムスタンプを表示するようにしたのはいいが、よくよく見たら大変恐縮なことに時間の設定ができていなかった。撮影したのは本日4日午後5時頃ということにしよう。明日の更新はモモの消毒を終えてからということでとりあえず午前10時の予定にしよう。




続きを読む >>
日曜園芸師 | 21:29:18 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。