■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■プロフィール

ひろちゃん4649

Author:ひろちゃん4649
ひろちゃんのブログへようこそ! 
この主、会社を定年退職して5年。なけなしの年金を頼りに果樹栽培とこれに発するところの遊びを楽しんでいる、青春真っ只中のおのこじゃ。近所の遊び仲間と遊び歩いているから、遊び方を知りたい人は時々ご来訪を! 
オット 忘れていた。果樹栽培はワシのビジネスだから、そのうち収穫できるようになったら是非とも試食してみてくれ。

■ご来場者数

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
安定したお天気になってネ
 余りの暖かさにコヒガンザクラが一週間ほど早く満開になった。7日は春祭り、ところが北風の冷たいこと!! 神楽を載せたリヤカーを引く手がかじかんでしまう。滑降は悪いが法被の下にダウンを着て、マフラーの上から絞りを首に捲いていても寒い。いやはやとんだ春祭りになった。

H270408春祭り

 うまくピントがあわないけど、これで勘弁してくれ。舞っている人には申し訳ないが、兎に角寒いので以上で撮影は中止。
その夜は霜注意報が出た。このところ、ちびちびと雨が降っているので潅水は必要なしと判断して布団に飛び込む。

 何しろこの金曜日3日は最高気温が24.7度、平年より平年より10.8度も高かった。それが昨日8日は最高気温が4.9度、平年より10.6度も低かったのだ。果樹の花は、目下のところ蕾が膨らんで開花直前というところ。寒さの影響が出ないことを祈る。

 こんな調子でこれから気候が推移したら、いったい今年の出来はどうなることやら・・・  春祭りは余りの寒さに豊作を祈ることを忘れていた。 八十八夜のころは安定した天気になってくださいヨ。





スポンサーサイト
果樹栽培 | 22:36:45 | Trackback(0) | Comments(0)
仕事始め
H270204モグラの巣

 立春という名前にふさわしく暖かい日中であった。こういう日には畑仕事をするのが一番、いよいよ剪定開始だ。しかしながら、畑の中はあちこちで土が盛り上がる奇観を呈している。これはモグラさんが遊んでいる証拠だ。孫の好きな童話の中に、街中(地中)を走り回っていたモグラのバスが、タケノコで道路がふさがれた話しとそのタケノコをモグラ市民が分け合って食べてという話し。

 多分この畑の地下モグラ市には、この冬の間に新たに建設された道路が縦横無尽に走り回っているようだ。去年はこの道路への入り口が、モモの木下にぽっかり穴を開けていた。あの時、地下街の様子に関心の無かったワシは殺鼠剤を穴に放り込んで、モグラ退治に全力をあげたモンだ。どうやらモグラ建設は今年、その穴を開けないで地下街をつくる工法を完成させたようだ。

 どうやって地下街にバスを持ち込んだのか考えたら夜も眠れなくなった、というほどではないが、今年はそのモグラ退治を諦めざるを得ない。というのは今年の傾向は木下じゃなくて、木と木の間に排気塔ができていることだ。傾向と対策はまったく無策だ。困るのは乗用モアで草刈りをするのに、刃がこの土を削るのですぐ切れが悪くなることだ。

 その上、モグラが引っ越した後にネズミが入居すると最悪だ。ネズミは根をかじってしまうからだ。ネズミの不法占拠、反対!! 猫の定期巡回を希望しています。



果樹栽培 | 20:48:49 | Trackback(0) | Comments(0)
知恵較べ
 イチジクを鳥のえさにされないように張ったネットが破られていた。どうやって破ったのか? くちばしでつついて開けたか、くちばしで引っ張って開けたか、体当たりして破ったのか? 謎はつきないが、間違いなくイチジクはえさにされてしまった。一枚だけではこんな調子で簡単に破られたので、今度はあるネットを総動員して何重かにすることにした。そこからどうやってワシがイチジクを採ってたべるか? それは鳥に食べられなかったら考えることにしよう。

 あの憎たらしい鳥がブドウ棚のあたりを徘徊している。これは食べごろかどうか、偵察に来たに違いない。ナガノパープルはやられないうちに出荷を終えた。あの頃は他に食べるものがいっぱいあったか知らん。先日あったブドウ出荷説明会で鳥にやられたという話が出ていた。その人は生っているブドウに沿って60センチくらいの幅のネットを張っていた。それだけで危険を察知して来ないらしい。一番確実なのはネットでくるむことだと技術員はいう。


H260911イチジク網の破れ

 そこでワシもプルーンで使ったネットを棚の下に張ってみた。上からの攻撃には効かないが、これなら大丈夫だと思う。イチジクは体当たりをくらったら食べられるが、ブドウは長い柄があって体当たりされたらブラリと動いてくれるはずだ ・・・・・ 甘いかな?

H260911ブドウの網掛け


果樹栽培 | 15:01:10 | Trackback(0) | Comments(0)
ようやく一息吐いた
 川中島で果樹栽培をしているが、モモの収穫出荷が今日でようやく一息吐くことができた。8月の初めから川中島白鳳の収穫を始め、なつっこから川中島白桃まで出荷をしてきた。約3週間の間、キャンプやお盆など遊んでしまったところと天気が悪くて仕事できなかったのを除いて、殆ど毎日5時、5時半には起きて収穫し、ゆうパックでの発送と農協へ出荷してきた。

 スタート直後の天気はよかったもののもの凄い暑さ、最高気温が35度を超す日が続いた。早朝から仕事を始めても採り入れるだけでモウ汗だく。毎日二回も三回も着替えないとびしょ濡れという日が続いた。それが盆前から天気は悪いワ、気温は下がるワ、他所のように大雨にはならないが梅雨のような日が続いたんだナ。盆明けからは再び猛暑、それが日曜日からは一転して肌寒いワ、また雨が降り出すワ。もう天候はめちゃくちゃだったナ。マアこれは川中島だけじゃなくて、日本中どこもめちゃくちゃ天気だったんだけど・・・・・

 今年のモモ栽培の数値的レビューは後にするとして、去年より少しマシな仕事っぷりだったと思う。自分ひとりが働いたわけではないが、我ながら良く働いたと「自分を褒めてやろう」かな!

H260827収穫終了の白山
 園の中が静かになった。とても静かになった。モモの樹も一年間、花を咲かせ、実をつけてここまでやってきたその余韻、充実感を静かに味わっているようだ。

 この後はプルーンがグランドプライズ、続いてくらしま、そしてブドウへと収穫作業は続くが、自分の気持ちはずっと楽になったナ。今年の秋祭りは今まで以上に収穫の喜びを味わえそうだ、どういうわけかそんな気がする。



果樹栽培 | 22:50:49 | Trackback(0) | Comments(0)
この暑さの中で
H260730暑さの中のモモ 今日も強烈な暑さとなった。ウチのモモちゃんはこうやっておなかを壁にくっつけて冷やしているらしい。


H260730ほてい草の花 この暑さの中でホテイソウが咲いた。涼しげな色で見ていると涼しさを感じる。

H260730反射シート

 いよいよ最終工程に入った。こうやって反射シートで下からも太陽光を当ててやるとムラなく好い色づきになる。お嫁入りの日は近い。



果樹栽培 | 22:45:19 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

無料 アクセス解析RMT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。